So-net無料ブログ作成

S660が隣にやってきた [車]

あまりの天気の良さに ドライブがてら お袋と蕎麦を食べに行っていました!

・・・で 帰り際 駐車場で・・・・なんか格好良い車が来るぞ! と思ったら S660がブーン と隣に駐車しました!
近くで見ると 何とも ちっちゃくて可愛いんですが、造形は非常に格好が良い。写真より本物が格好良いですね。あまり見たこと無かったので至近距離で見られたのでちょっと嬉しい(汗

スーツを着た 若い方が降りてきたので ついでに ちょっとお話しを・・・

私 「良いですねえ S660」
相手 「まあ ちっちゃいだけ」 

という会話。 この小さいだけ と言う言葉が全てのような気がします。小さいことに 喜びを感じているという 雰囲気でした。

想像するに 小さいとどうなるかというと 何処でもスイスイ。 軽自動車って結構駐車も楽ですよね。
あと スポーツカーなので ミズスマシのように 楽しく走れるわけですね。
普段の乗り物であれば どっちみち 60Km/hしか出せないんですから 小さくてもパワー十分。
燃費も そこそこ 良いはずです。

幌の話が出たのですが、幌の収納場所がどうのこうの というより そもそも まったく荷物が載らず パッセンジャーシート部分に乗せる とのことで バイク状態らしい。なるほど!
でも 一人なら 全く問題無し。雨でもカッパ着なくて良いし(笑)

そして なんか 話をしている 声のトーンが楽しそうでした。 

ところで バイクの記事を色々見ていると 「荷物が載らない」 と 積載に関して色々かいてあるのですが、バイクはそもそも荷物は難しいのですが、それでも 物によっては荷物が沢山乗るバイクもある訳で そういうのを買えば良いのになあ なんて思ってしまいます。もしくは リアのバッグなど色々売っていますし・・・・
昨年 バイクで 200Kmほど グルグル 一人旅したときに、BMW のライダーと出会ったのですが、とんでもなく荷物を沢山乗せていました。それもボックスなので 雨でも平気!
自分は お買い物や小物の荷物の発送などの近距離が主なので、まあ リアに10~20L程のバッグがあれば良い程度なんですが・・・。
そういえば 昔 RZ-R乗っていたときは リアシート部分に ゴム紐で 荷物をくくりつけていた程度で 全く何も乗りませんでした(汗
でも 通勤とかに使っていたし 問題は無かったです。

まあ 車は バイクより高額なものが多いので、いろいろ試しで買うのはそもそも難しいので、条件が あれもこれも とすると難しいですが、それでも 全てを満足する車は無いはずで、主目的が重要だと思いました。あれもこれも ではなく 最も重要視するところに特化したものを所有するのが良いかなあ と思っています。 もし あまり重要視しない部分で不満があれば 現在では バイクも車もレンタルがありますし・・・そのときだけ レンタルって言う方も増えているみたいですね。
まあ 田舎ではちょっと難しいですが・・・

都会では 車も不要 と言う方もいるくらいなので、荷物・・・ と言う人でも パッセンジャーシート部分があるので 手持ちに比べたら S660でも全然平気かもしれませんね。

 S660のオーナーは本当に嬉しそうに話していました。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドライビングシューズ サイズ [車]

S4.jpg
モータースポーツを止めて大分経つのですが、最近どうも気になったことがあります。
それは 靴(汗
私の車は フットレストは結構大きいのですが、幅広の足の私は フットレストとクラッチの間隔が狭くほんの少し ミッション側から離しているとクラッチに靴の縁が当たってしまうのです。クラッチ操作の時は全く問題無いのですが、フットレストに置いているときに足を動かすと当たるのです。

・・・で これが どうも気になって・・・・・
モータースポーツをやっているときは 「操作する」 と 「しない」 だけなので 気にならなかったのですが、今は普段乗りなので、リラックスしているし、足も完全固定はしませんし その都度 靴を履き変える わけにもいかずどうも気になるというわけです。

ということで 普段履き可のドライビングシューズを買いました。

買うとなると迷いますよね。 
というのは サイズです。 日本製の物はよく分からないので 定番みたいな物を選ぶのが良いかなあ なんて言うことになると、スパルコ。
これは サイズが結構問題なんです。どうだったっけかなあ・・・・ それとも薄底のスニーカーにしようかなあ なんて散々迷ったあげく、失敗すると嫌なので、交換可能な靴店で買いました。勿論ほぼ定価ですが、失敗するより良いです(笑

通常 42サイズ (26.5cm)の幅広のものを履いています。お気に入りは ナイキ エアフォースワン。 これは 新品でも足にピッタリで、手放せない存在となりました。

選んだのは Sparcoですが、ワンサイズ 大きめ 43(27-27.5cm)を購入してみました。 レーシングシューズや それに準ずる ドライビングシューズは 細身なものが多い・・・・ というか 細い物しか見たことがありませんでしたので 大きくして 足を伸ばすしか入れる方法がありません(笑) (本当に細くなるのかなあ・・・・なんて冗談ですが、靴型のサイズをみると どうやら幅は変わっていないようで かなり心配なのです)

早速履いてみると 意に反してなんと足にピッタリ! なんで?
現物も エアフォースワンの42サイズと変わらない様にみえます。
s1.jpg

並べてみると

S3.jpg


靴底は
S2.jpg
なんだか 変わりませんよね。
ほんの少し狭い分 親指の付け根が当たる程度ですが、皮なので絶対になじむと信じています(笑

さて靴は 選び方は難しいみたいですが、私は 革靴で無いとどうも足に合わず気に入らないのです。
皮だと 足の形にドンドン成っていき 履けば履くほど具合が良くなってきます。また手入れさえすれば かなり長い間履くことが可能です。

ちなみに レース用やバイク用はくるぶしが隠れますが、今回買った物はくるぶしが隠れず 普段履きでは まことに快適です。

靴は 用途に合わせて選ぶのが良いですね。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お昼ドライブ と 豪雪? [車]

最近は寒い!
今朝も こんな感じで、庭の木も綿帽子・・・・
春の雪2.jpg

東京では お花見 真っ盛りなのに まだまだ春は遠そうです。

ただ 人間お腹は減りますので 寒くて ジッとしているのも限界があり(笑)お昼ご飯は食べたい!
というわけで ドライブがてらお蕎麦を食べに行ってきました。

お目当てのおそば屋さんの周りは なんと 圧雪路も偶にあるくらい とんでもない事になっていました。家から30分くらいのところです。
今朝も10-30cm程?? 雪が振ったみたいで 道路は雪かきが終わって集めた雪をダンプカーに積んでいました。
こんな状態です (笑) 4月とは到底思えません。 
ちょっと停車して パシャ
自分の家の真冬より酷い・・・

春の雪1.jpg  

さて この車??(内緒ですが 解るかな?) マニュアル車なんですが、6速も有るし 結構クロスしていて楽しいです! 繋がりはかなり良いです。
操作もハンドルは大きめですが、フルターンでの送りハンドルも一発で決まり アシストの効き具合も優秀です。
サスペンションはノーマル新品状態で ファミリーカーよりゴツゴツ来ますが 普通に乗り心地も良く、適度にロールし状態が解って良い感じ!
 ロールを嫌う人も多いですが、ロールを無くすと結果 タイヤに負担が行きます。
タイヤの限界を超えたり 跳ねたりすれば当然、タイヤの性能を発揮出来ませんので、まともに走れません。こんな雪道では危険極まりないです。
適度にロールすれば タイヤ限界も読み取りやすいですし路面状況が悪くても (というか 家の周りには綺麗な平らな路面はほとんど無いです・・・)安全に走れます。
もちろん 競技をする場合で、レーシングタイヤ装着が前提で有れば もちろんこういう足回りではダメですが、60Km/h以下で 荒れた路面、雪のある路面などを走る場合は、そういう路面できちんと普通のタイヤがタイヤの機能を発揮するサスペンションの方が 楽しく具合が良いです。
また ライトウエイトの車は 低回転でも動いてしまうので 前回も書きましたが 1500rpmも回っていると 走ってしまうのですが 無駄なマニュアル変速操作をして楽しんでいます。
ずっとシフトしまくり みたいな(汗) 無駄? 足の運動?(笑

マニュアルトランスミッション車は何十年ぶりなのですが、昔を思い出し直ぐに慣れました。
今のミッション車は非常に良く出来ていますよね。素晴らしい!
変速ショックも無く回転数がバッチリ合ったあの感覚は 何にも代えがたい楽しみです。

何でも自動化の時代ですが、設計者の立場で言うと 人の感覚 はやはり大切です。
仕事で移動したり 疲れているときの移動は 新幹線で移動したり いわゆる運転しないのが絶対に良いですが、無駄を楽しむ? みたいな趣味の部分は やはり 苦労して操作したほうが楽しいと思いました
お昼休みに 「休み」にならず苦労するわけですから(笑)




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりのマニュアルトランスミッション [車]

昨今では オートマチックトランスミッションが普通になりましたよね。
そういう私も例に漏れず かれこれ15年ほど前からは オートマチックトランスミッション(以下AT)
に乗っていました。
その昔 ATは 楽な運転と引き換えに 燃費が悪い、加速が悪い、変速タイミングが悪い など問題も多かったのですが、最近では ミッションの進化で、かなり良くなりましたし、マニュアルトランスミッション(以下MT)よりも高性能な ATも登場してきました。
 いわゆる 人が操作するより高速にシフトチェンジしてくれるわけですね。 純粋に速さや性能を求める場合はこちらの方が良いですね。周りでは その手の車を乗っている人も多いのですが、流石に買えません(汗)

さて そういう私は、やはり いわゆる手動を好みます。
というのは 日本の道路事情や法律下での運転の楽しみ方から言うと どっちみち速く走れないのですから その時間を楽しむ方が良いという考え方ですね。
なんというか 操作している楽しみ とでも言うのでしょうか・・・・

同じようなこととして アマチュア無線の衛星通信。 昨今では、一台の無線機で、周波数の異なる アップリンクとダウンリンクの操作やドップラー補正まで コンピュータコントロールをすれば全て
行ってくれるようにする事も出来ますが、衛星通信をはじめた当初は 2台の無線機を用意して それぞれの周波数のコントロールや モールスを打つ操作など 千手観音状態で頑張ったこともありますが、 いやあ 超楽しかったです。操作している という実感が凄いんです。達人は さらに アンテナ操作までするみたいですが、とにかく操作が多いことが楽しいんです。

例え話がわかりにくいですが(笑) 

というわけで 車も速い 遅いなどを抜きにすると MTは楽しいですね。

ちなみに スイフトスポーツなど 安価 かつ軽量な MTの車もありますし、無駄? というか 操作を楽しむ車も この時代にして有るのは、趣味用としては非常に良いと思います。公道で低速でも楽しめますから・・・

さて それでも飽き足らず 更に楽しむのが ダブルクラッチ。
私は トラックの運転の仕方を父親に教わった際 この方法を知りました。
年配の方なら解ると思いますが、バス。 バスでシフトチェンジの際にガリガリとやっているのを目撃したことが有ると思いますが、 ギヤの歯車の回転数が合わずに 上手く入らないんですね。
現代? まあ もう 生まれる前から(汗)シンクロメッシュがギヤを同期してくれるので、不要と言えば不要なのですが、クラッチ操作無しの場合を想像して頂くと解るのですが、シフトアップ時、回転が落ちてきて、ギヤ比の低いギアが同じ回転数になった際に スコッと勝手にギアが入るあの感覚がダブルクラッチを踏むと丁度良い感じで 感じられるんです。爺ですね。間合いが良いと言うか、リズム感が良いというか そんな感じですね。
トラックの運転の時も あの シフトチェンジの際の間合いの良さは懐かしい想い出です。
乗用車では その昔 セリカなどソレックス搭載車の  ちょん とアクセルを当てたときの タイミングの良さと吸気サウンドがある ダブルクラッチは忘れられません。今では ちょっと踏んだくらいでは 気持ちよい音はしませんね。残念です。

さて シフトダウン時。これは もう 癖そのものです。シングルクラッチでブリッピングでも全く問題は無いのですが、競技をやっているとき。
大きな会場でのジムカーナでは 100km/hから いきなり フルターン なんていうシチュエーションもあって、確実にシフトチェンジを決めるためには、やはりダブルクラッチは使いました。ギアが入るのが遅ければ確実にタイムは遅くなりますので・・・・
そして 使うなと仮に言われても癖で勝手に動くので止められません(笑) 癖とは恐ろしいもので、止めることを考えると超遅くなりますし、上手く行きません。

今はどうなんでしょうか?

とはいえ 無駄であっても操作して楽しむ と言うこと以外に、30-50Km/h では 楽しめないので(笑)それも良いかなあ なんて思っています。 死語 とか ガラケー みたいなものかな・・・・

ちなみに 最近の車は、MTで 1500rpmも回していると きちんと動いてしまうので、ドンドン チェンジを要求されます。そもそも MTがほとんど無いですし、MTの操作も変わりましたし、時代は変わりましたね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

車の評価 [車]

久しぶりのブログ。超忙しい中、偶には休憩を ということで、超超久しぶりに車を見てきました。
車を見るなんて 何十年ぶり? 全く興味が無いわけではありませんが、そもそも 買えない(笑
偶には 見に行っても怒られないかなあ なんて思って行った次第です。

まあ 昨今は皆さん自分の気に入った車が有る場合はインターネットで情報を集めますよね。
昔から言われているのですが、本来公平な評価になりそうな車の評価って、どうも 使用状況がとんでもなく異なるので絶対値に近いものでは無いと思うのです。
ということで どちらかというと サーキットでダメダメな車(普通はあたりまえですね) とか 気になる車の 試乗や、お話しを伺ってきました。

なんだか 遊びに行くって・・・というか 久しぶりのお休みで ワクワクするなあ・・・

さて 一軒目。超評価が悪い場合と 良い?場合が分かれる車なんですが、20年以上前に乗ったときから いつかは と思ってた車なんです。初代NAは FD3Sと共に ジムカーナ場を借り切って テストしましたので 大体覚えています。
・・・で ただ 絶対パワーは 現在乗っている車より少ないですし、ある方の評価がとんでもなく悪かったのであまり期待はしていませんでした。
乗ってみたのは ロードスター RF VS AT,RS MT と スバルBRZ sti。本当はWRX stiも乗りたかったのですが、試乗車がありませんでした。(残念) 
。。で 気になっているのは 最近の安全性能なのですが、ロードスターRFは 自動ブレーキなど、安全装置も標準になったので 購入とかでは無くても 見るには良いタイミングかなあ と思って試乗、そして 本当に付いているのか (爆) 確認した次第です。
まあ 試すことは出来ませんが、聞くことはできますし・・・

さて  ロードスターですが 乗る前から自分の異変に気がつきました。 なんと 現物を見た瞬間に、もう顔がニヤニヤ 心はワクワク。なんたって スタイルは素晴らしいし (フロントの見る角度によっては ちょっと と思いましたが) 着座位置が低いんですもの(笑)あの 落ちて はまる感覚が超懐かしい! もう 早く乗りたくて乗りたくて仕方がなくなってしまったんです。なんだか 解らないうちに昔の感覚が蘇って・・・お尻をバケットシートの縁に引っかける感じでスルッと乗車しますが、まあ 乗るだけで気持ちが良い!
ステアリングも足を伸ばしてもテレスコピックで近くなり、変な力が入らず非常に良い! 以前は 競技 と言うこともあって 自分に合わせてシート、ステアリング、ペダルと 全部調整したのですが、全くそういう必要性を感じませんでした。アクセルペダルだけ ちょっと調整は必要かも と思いましたが・・・クラッチが 奥まで入ってしまう感覚も問題かもしれませんが・・・
さて エンジン音は 期待していなかったので まあ こんなものかなあ と言う感じです。
初代は 他とは違うサウンド! と言う感じだったのですが、まあ 最近は静かに乗りたいので気になりませんでした。
超久しぶりの マニュアル車。ソロソロ と動き出すと 何事も無く動き始めてまるでオートマ車。
N1レース用のメタルクラッチに慣れていた自分には、クラッチが無いみたい(汗) 何処でつながっているのか全く解らないような(笑) なんだか 期待外れ。あまりにスルスル動くので 「パワー無いからなあ(低速トルク重視という意味です)踏んでもなあ」と思ったもの とにかく踏んでみたところ・・・・ パッセンジャーシートから 「懐かしい! これが車! 」との声。まあ 音に似合わず? 低速の太いトルクに似合わず? 結構良い感じで、回転が上がっていきますし、その加速感覚が超懐かしい!。ハイカム入れた時のピーク感は無いんですが、領域が広いというか 良い感じです。 シフトダウンし ブレーキングすると加重が前にスッと来ることが 本当によく分かり、そのタイミングでステアリングを クッときると、接地感のあるフロントがスッと入り かつ スッとロールして 加重状態が非常に良く解りますし、全く抜けそうにも無いフロントタイヤの感覚なので、パワーをかけると太いトルクにもかかわらずリアが抜けてしまうのでは無く、しっかりとデフが効いてニュートラルステアで加速するのが、よく分かります。すっかり忘れているはずの あの感覚が、町中で楽しめちゃう そんな感じ。

これは楽しい! 文句なしに 楽しい! 最も感じたのは ワクワク感が素晴らしい!
こんなにゆっくりな速度で楽しめるのは なんだか 新鮮ですね。
 
評価では 人馬一体とか、エンジンが回る回らないとか 速い遅い、パワー etc いろいろ言われていますが、そういう事より とにかく、ワクワク出来るか と 楽しいか の方が問題で(汗) 乗る度ワクワク出来れば、あとは どうでも良いモードに突入してしまいました。

なお マツダコネクトは あまり評判が・・・ とか オーディオは・・・ とか いろいろあるのですが、全く 気にすることはありませんでした。 ラジオが聞こえて CDくらいかかって、最低限のナビがあれば と言う感じです。
ということで 自分は すっかり 他での評価は全く気にならなくなりました。

ロードスター VS ATは 乗り出して直ぐ なんだか普通の車? に感じました。超スムース過ぎ? みたいな感覚ですね。MTに乗ってしまった後なので 遅れ感が解ってきになるのですが、きっと ATから乗れば評価は異なると思います。 もちろん 景色はロードスターそのもので変わらないんですが、 やはり 感覚はかなり違います。 
感覚の差はATと言うだけじゃ無く、昔の経験からすると シートとストラットタワーバーが効いているのかなあ なんて思った次第です。(RSはショックもビルシュタインになっています)
というわけで 価格差は 自分で付けることを考えると かなりお得です。

さて 次はBRZ。 見ると やっぱり良いですねぇ~。 試乗車はオーディオが外してあり、中の構造丸見え(劇汗。
丸いパイプが 左右につながっているのが見えたり、まあ そういう事もあって 「改造車」という雰囲気でした。
乗ってみると 正にそんな感じ。強化マウントなど私は経験済みですので解るのですが、4気筒の振動で ビーンとなるジムカーナの改造車 より かなり何も無い感じで、いわゆる改造車っぽく無く、また 走る場所も当然町中ということで、ロードスター同様 30km~60km/hで乗るだけなので 逆に 普通の乗用車 と言う感覚でした。
ただ ノーマルでも、かなり限界は高く かつ 乗り心地も優秀ですが、ロードスターに比べると、ゴツゴツ感が結構ありました。 そういう部分で いじって楽しみ、あの雰囲気を味わうんだったら BRZかな・・・でも お金かかりそうですね。(ロードスターより高額です) 

ということで 昔と違って競技車のベース車を選んでいるわけでは無いですし、当然 公道を法定速度内でしか乗れないわけで、その領域で、乗った際にワクワクして遊んでいる気分になる方が大切かなあ なんて思った次第です。そういう意味で インターネット上の情報を 実際に 試乗から買ったときまで書いているような 記事を探して読み直してみることになりました。自分で経験して それから 評価を見ると いろいろ感覚の差などもよく分かりますよね。

なんというか 「百聞は一見にしかず」 の 試乗日でした。

ちなみに 自動ブレーキなどは スポーツ車には非搭載らしいので、(よく調べたわけではありませんが)マツダはマニュアル含め全車標準搭載なので 素晴らしいと感じました。
もっと宣伝すれば良いのに と思ったくらいです。 webなどでは よく分からない(笑

しかし スポーツカーってワクワクしますね~ 子どもの頃 従兄弟の車 RX-7(SA22C)に憧れて  就職と同時くらいに 買ったのですが、あのワクワク感が蘇りました。
やはり 人生って ワクワクが一番!

あっ! ちなみに 30周年記念車が出るという話で 店員さんに聞いたのですが、詳細不明みたいでした。 まあ 間違い無く 高くなると思いますし、色の問題も有りますし、どうせ買えないから 知らない方が良いか なんて思っています(劇汗。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日曜整備の巻 シャーシ塗装 [車]

暑い! 連日晴れ! ということで皆さんいかがお過ごしですか?
こんなに晴れると 長い間晴れないとできないことをやりたいですよね。
シャーシブラック3.jpg
ということで 車の塗装を・・・・ といっても シャーシ塗装です。
地元では 冬に道路が凍ってしまうので融雪剤を大量にまきます。
これは 一般には 塩化カルシウム をまくのですが、最近では追いつかず
塩をまくことも多いです。

あまりに大量に常時まくので 塩害がひどいです。

 車ですが、シャーシは錆びてボロボロ。ほったらしで 10年も経つと
まず ディスクブレーキは削り直しか 交換になります。
また シャーシですが、ボロボロになり 穴が開いたりステーが折れたり
ひどいことになります。 雰囲気 2~3倍は寿命を縮めている という
感じがします。

対策は 下回りの洗車をたくさんすること以外に方法はありません。
しかし 全く問題がなくなるわけではなくやはり錆びます。

そこで シャーシブラックを塗装するわけです。
シャーシブラック1.jpg

まず洗車! もちろん ボディではなく下回りです。
そして 車をあげてみると まあ 薄くさびが出ているので よく磨いて
さびを落とします。

・・・・で シャーシブラックを吹きます。
シャーシブラック2.jpg
またタイヤを元に戻して・・・ ねじを締め、最後にトルクレンチで規定
トルク(日産の場合 108N・m)で締めます。

シャーシブラック4.jpg
トルクレンチは 東日を使っています。 最近ではいろいろ出ていますが
やはり安いものは 安い理由があります。命に関わるところですから
やはりきちんとしたものを使いたいですよね。
精度がばっちり出ているソケットで カチッという あの感覚は東日ならでは
の良い感触です。
ということですが、私の場合 冬でも 水が瞬間に凍らない日は(笑)下回り
を洗車するのと シャーシブラックなど車検以外に数年に一回はよく見てあげるので
今のところ被害はそれほどないです。 同じ時期に買った 冬に洗車ができない人の車は
すでにディスクブレーキのロータを交換したりいろいろやっています。
やはり 日頃の整備というか洗車は大切ですね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

先生で決めよう? 教習所 [車]

大型バイクの免許、友人が感化されて 今取りに行っているようです。
この後取りに行く予定の人も近くに 1名います。
・・・で 若くないので 危険というような思いを抱いている方も多いと思いますが、少なくとも バイク屋さんのお客様や私の友人や周りで バイクで事故を起こした人は皆無です。若いときに コケた とか 事故った という人はいますが・・・・統計でも 圧倒的に多いのは 16-39歳です。それ以上は非常に少ないです。
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info52.pdf
流石に経験をたくさんしますと危険性は若いころより格段に学習していますので無理はしませんし、安全運転を心がけている人が周りには多いです。

高齢者の車と異なり そもそも 車で問題となっているような高齢では大型バイクはあまり乗りませんので事故率は少ないのでは?と思っています。統計でも 二輪全体ではかなり低いようです。 少なくとも 私の回りで70とか80歳超えなどで大型バイクに乗っている人はいません。乗っていないので事故はもちろん聞いたことがありません。 当然 車や原付の高齢者は結構います。田舎では車が無いと農業もできないなど 必需品だからかな?

 バイク事故は悲惨ですが、その多くは どうやら制限速度を超えたスピードのようです。大型バイクなど分類した こういう統計って なさそうですね。なお事故だけでいうと 30Km/hを超える速度違反では、制限速度以内の速度で走行している時に比べ、致死率が約 25.1倍だそうです。
ということで 違反をしている場合は もちろんですが、そうでない場合でも囲われている車のほうが安全なのは間違いありませんね。 バイクは車に比較して危険なのは当然なので、とにかく 少なくとも制限速度を超えたスピードを出さないことが 良いですね。

さて やはり気になるのでどんな感じで進んでいるか教習所の話を聞きました。 
まあ 皆さん思うのは 「下手になった」 「緊張した」 というような話できっと自分と同じ感覚ですが、話を聞いていると どうも 自分が通った教習所と 感じが違うぞ・・・と

前回 「先生のいうことを聞きましょう」 と かなり書きましたが、その教習所は なんでも よく教えてくれない とのことです。(劇汗)
違いをざっとまとめると

1、うまくいかない部分を尋ねるチャンスを与えてくれない
 つまり うまくいかないところのコツを教えてもらえる場がない
2、マンツーマンで教習してくれない
つまり 人それぞれ課題が変わっているので 集中して教えていただけない
3、コースが混みすぎていて走れない
当然乗っている時間は少ない

など 私が通ったところと全く逆。かなり感覚が違いました。 これは 問題ですよね。
というのは そもそもせっかく免許を取るのだったら しっかりと基礎を覚えて 一発で合格したいですし かつ 免許取得後は安全にバイクを楽しみたいからです。

ということで 教習所選びは 直近に そこに通った人に雰囲気を良く聞くのが良いです。
先生も変わるでしょうし、そもそも 先生のバイクテクニックは関係が無く、「教え方」のほうが重要です。これは 勉強や仕事を覚えるということにも通じるものがありますよね。

私が通った教習所の先生。 全部で 3人に教わりました。最後の検定は別の人。つまり 4人と話をしたり 教えていただいたりしましたが、全ての人が

1、コツや抑えるべきところをしっかりと教えてくれる
2、教官は自分のテクニックを自慢しない(実はとんでもなく上手でした。まあ 仕事ですから当然ではありますが)
3、質問時間、つまり わからないところを聞けるタイミングを作ってくれる
(何か質問や気になる部分ありますか? 不安なところありますか? など毎回聞いてくれる)

という感じでした。もちろん 「優しい」ということではなく ガツンと言われる部分はもちろんありますが、ニコニコ 不安にならないように そして 全ての人が上手になって一発で合格できるように という意思が伝わってきます。例えば コースの覚え方なども教えてくれますし、間違えた時の対応もしっかりと教えていただきました。 実際に コースを間違えた人もいましたが、教えていただいたように 冷静に判断できたといっていましたし、合格もしました。
私も 安全第一 ということを聞いていたので、あまり他の車を待っているのもどうかなあ と思うような場面でも そういう場面の対処まで聞いていたので 教習車が近くにいる時は 慌てず、譲る意志を感じたりするまで ゆっくり待っていたり冷静にこなすことができました。

ということで これから免許を取りに行こうとしている人は そこに通った人(同じ種類の免許を最近取りに行った人)を参考にするのが良いです。 

ところで バイク選びは楽しいですし趣味なのでご自由にどうぞ なのですが、大型バイクをいろいろ乗った感想ですが、最近の大型バイク(SSは除く)はとにかく制限速度でも楽しく感じるように作られているようです。教習所などでの試乗会ではかなりゆっくりですが、それでも楽しいです。乗ったことが無い人はぜひ乗ってもらいたいです。なんというか やみくもに 最高速を目指しているようなものは少なく 6速で最高速度200㎞強ていどなので いわゆるミッションはクロスしておりスロットルをガバーッと開いて 最高パワーまで引っ張らなくても 小型 中型などとは異なる超強大なトルクで回さなくても子気味良く楽しいのです。自分の経験では レーシングカーのサーキット走行やラリー車のクロスミッションのような感じに似ていると感じています。絶対スピードは当然低いのですが、操作タイミングが速く似ているという感じですね。そもそも とんでもなく狭く かつ Rのとんでもなく小さく急坂な(コーナーで止まれば立ちごけの恐怖さえあります) 峠道や道路しか近隣には無いのでそもそもスピードは出せません(爆)少し前に話題にしましたがオフ車のほうが速い理由です(汗) また 車との流れに一緒に乗れ かつ 幅寄せや追い越してくる車も大きくなればなるほど圧倒的に少なく感じますので 安全です。 

ただし かなり売れているらしい SSですが、これは問題は多いみたいです。サーキットが近くにあればいいのですが、前述通り地元では乗る場所が無いです。高速道路はまっすぐですし・・・出せても100Km/h。先日 YZF-R1に乗る機会があったのですが、あえて 行かずに自宅でおとなしくしていました(笑)きっと良いとは思いますが、欲しくなって所有したところで乗る場所が無いので(汗) 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大型バイク試乗した~い!! とにかく大型二輪免許 [車]

なが~い 話なのでできるだけ単純に(笑)でも やはり長くなるかな・・・・

まあ 何かやろうと思うと どうしても免許の類が必要ですよね。
仕事でも 電気工事をしようと思ったら 電気工事士といった具合です。それも 最も高度なことをしようと思ったら 当然 二種より 一種とか やりたいことが、より高度になればなるほど難しい免許が必要です。
遊びでも EME 月面反射通信をしてみたいなあ~ と思ったら・・・・・・3級より二級。そして 第一級アマチュア無線技士の免許 と 落成検査を伴う免許状が必要です。

もちろん 二級でもできますが、他の国の人と比較すると(資格の優劣ではなく 純粋に同等に遊びたい )やはり どうしても最高峰の免許でないと うまくいかない部分が出てきてしまいます。

ということで バイク。 車であれば、昔は一つの免許で普通車であればすべて乗れたので良いのですが、バイクは別です。これが大問題。(ただし現在では 普通車はAT免許とマニュアルの免許があるのは皆さんご存知ですよね。4トン車なども普通では乗れなくなりました)

つまり バイクは 大型バイクに(いわゆる制限なし)乗りたいと思ったら免許が必要です。当たり前ですが(汗)乗ってみたいバイクが 大型免許必要だったら・・・頑張って取るしかないのです。 
ただし 敷居はかなり低くなって 今では昔と異なり 教習所で取れますので 何とかなると感じました。
結果 変な癖がついていない場合で、ある程度の力(コツも含め)があって、体に故障が無く、あと 最も大切な 先生の言うことをしっかりと聞いて実践すれば 一週間ほどで教習は終わります。(自分のことだけではなく 同時期の人も同じでした)

私の場合は 教習所を見に行ってから(入校式ではありません。どうしようかなあ です)免許を手にするまで 11日。行ったら 取りたくなってしまいました(笑)
本来 次の週からしか予約を入れられないのですが、 なぜだか 学校側が 空きを埋めたかったのだと思いますが、次の週の予約前に5時間も入れさせていただきました。結局 暇なときに 空きを待って 休みと フレックスうまく使って ガンガン入れて(笑) 
問題は 卒業検定で毎日やっているわけではなく 一週間のうち 2日だけ。 結局 乗っている感覚を忘れないように あえて  間があかないようにと教習が早く終わらないようにキャンセルをして検定の前日に2時間教習を入れましたので 実質 2日間空いてしまいました。 予定では教習は 1週間で終わりました。
要は 混み具合もあるのでタイミングですね。 ちなみに 同時期に教習を行なった近い年齢の人もいましたが 情報共有をして 取り組み方、質問や予約入れ方を工夫し無駄を省いて 同時に卒業検定に受かりました。同じく 10日ほどです。

免許を取りたいと思っている方にアドバイスですが、同時期に取った人と話をして 爺らしく頭を使って(爆)頑張りました。

1、基礎体力作り(爆) 爺にはきついので(- -; 結局体力無いと後で実際に乗るときに困ります(汗
ちなみに 同時期に取りに行った人も私の意見を聞いて 朝のランニングとちょっと出かける際には自転車に切り替えました。教習の時の動きが変わったそうです。もちろん ストレート一発合格。
私は 出張時の階段利用や 普段歩き、仕事では積極的に肉体労働(爆)、プチランニング(お買い物)、毎朝 毎晩の腹筋など(腰痛があると大型はきついです)。 

2、変な癖は忘れる
先生曰く ダメな部分の多いところは がに股(足のつま先が開く)、ブレーキやクラッチの 握り方、頭を傾ける、二―グリップ無(一本橋でも 足でバランスをとってしまう人が多い)などなど
。。。で 私は イメージトレーニングで 正確な方法を考えるだけでも、良い感じになりました。
私は変な癖は少ないほうだといわれましたが、オフ車でのアクセルでターンの癖がついていて クラッチを3本で握ってしまいます。あと ブレーキが二本~三本。よいしょっと 前輪を持ち上げたり急旋回などの時に どうしてもハンドルは握っていたいからですね。これを イメージトレーニングで 4本に変えました。最初は手が離れそうで怖いです(汗

3、できるだけ密に教習は入れる
日を開けると体が忘れます。人間 普段やっていないことは時間がたつと忘れてしまいます。 できるだけ毎日が大切です。間が空いてしまう場合は検定前には 乗ったほうが良いです。

4、先生の言うことを良く聞く
さすがプロで、ほぼ当たっています。 素直に聞くとそれだけ上達は早いです。
例えば スラローム。 アクセルでバイクを起こすと格好も良いですし 速そうに見え 結構多くの人がやっていますが、実は体重移動とハンドル切って ゆっくり目に曲がったほうが一般人にとって楽なのに早いです。実際に先生と皆で試して 全ての人が ハンドルでゆっくり曲がったほうが速かったです。皆さん 1秒 ~ 0.7秒くらいも速くなっているとのこと。自分にとっていい方法を見つけていただくのが良いですね。

5、不安なことは 先生によく相談する。
できない子のほうが親身になって教えてくれます。格好つけないことです。

6、体に故障が無ければ年齢は関係ないので(一応 若いころ中型二輪免許を持っていて過去に乗っていたことが前提の場合) 自分は鈍いと感じても落ち込まず頑張りましょう! 先生曰く ひどい人もいるみたいですが、そもそも 中型免許は持っているのですから 大丈夫です。人間です。思い出して 何とかなるそうです。

7、よく登場する 一本橋。 ちょっと長くなりますが、皆で話をして得た結論を。もちろん こういう方法もあるよ という程度ですが・・・

先生曰く。ダメな人は足でバランスをとる人が多いそうです。私もその一人でした。 足でバランス→バランス取れないので体でバランスさせようと軸がぶれ ふらふら(バイクではなく人間が)→落ちる になるそうです。実は自転車で止まっているときのように ハンドルでバランスをとる(イメージとしては微細な蛇行運転)のが有効です。 先生曰く わざと左右に小刻みに揺らすと 感覚がわかる ということで 実際にやってみると 確かに! と思いました。要は 蛇行運転しても落ちなきゃいいわけです。軸がぶれなきゃ普通は落ちないそうです。
中型など 8秒をクリアしているわけで、スピードがあれば落ちないのですから とにかく1/3~真ん中くらいまで行って スローにして ハンドル ゴニョゴニョと後ろブレーキ引きずりとハンクラで 降りる手前まで時間稼ぎ 危なくなったらアクセル開けて抜けしまえばOKです。中型と違いパワーで(笑)落ちる前に抜けられます。 秒数は かなり速いと感じても 8秒程度。真ん中以上はそもそも行っているので落ちることはなくなります。うまくいくと 最初はかなり速く行っても12秒程度にもなります。重量級バイクは動いているときは 超安定です。10秒にしようとして 橋から落ちれば これだけで不合格になりますのでもったいないです。秒数より橋から落ちないこと。もちろん 仮に8秒では10秒に足りませんが、減点されるだけでこれの減点だけでは試験には落ちないはずです。

以上 これからの爺ライダーの参考になれば幸いです。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ついに手放しました [車]

ついに手放しました。 思い出がいっぱい詰まった RZ250R 1AR

RZR.jpg

当時はバイクが結構過激になっていった 最初の方ですが、カウル無が出たのですが、ひとめぼれしました。
1984年ころだと思います。34年前か・・・(汗

・・・で 当時は走るのがホント楽しかったです。もちろん スピードではなく 山に行って 走って 良い空気吸って、そして 温泉 入って お蕎麦食べて (汗) 帰ってくるみたいな感じです。

正直なところ レースをやるわけではないので本物でなくても良いですし そもそも下手ですが、先立つものが無い中 格好だけは最低限何とかしようと頑張った記憶があります(笑)

写真を探してみました。というのは 手放す前に写真を撮っていなかったのです。 (劇汗)
。。。で ガサゴソ探しました。ありました!
写真は 1986年夏ですが、当時 私は赤が好きだったみたいです(爆
というか 考えてみると買ったバイクはすべて赤です。今でも好きです・・・・・・・ 

バイク0_19860824.jpg

まあ 懐かしいですね。
この写真より もう少し倒すと ガリっと どこか擦ります。スタンドだったかな
今と違って タイヤもあまりよくなくて結構滑りましたし怖かった思い出があります。
雨の日は 最悪でした。
当時バックステップが流行っていたのですが、確かにステップはもう少し後ろでないと窮屈でした。でも お金が無くて買えませんでした。
こうしてみると マフラーが格好いい! (笑)
そういえば ヘルメットですが、この後 アライのRAPIDEに変えました。白です。

しかし 30年以上も経ってしまったのか・・・と。 時の流れは速いです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

13th ドリームセーフティーバイクフェスティバル [車]

YSPから試乗会のお誘いがあったので13th ドリームセーフティーバイクフェスティバルに行ってきました。

自動車教習所でおこなうもので、特典というか、

1,いろいろなメーカーのバイクを見てそして乗れる
2,大型バイクが普通自動二輪(中型免許)で乗れる(一応 適性検査があるようです)
3,飲み物が無料
4,食べ物がある(汗)
5,警察やレーサーのデモンストレーションが見られる

など 盛りだくさんで、特に 同じ日に異なるメーカーの車種を比べられるのが良いですね。
ただし スズキは今回無かったです。

B1.jpg

ということで 試乗は いろいろな思いで どうしても乗ってみたかった 下記4車種。
1,YAMAHA MT-10SP
2,KAWASAKI Z900RS
4,BMW R1200GS
5,HARLEY-DAVIDSON XL1200X
B2.jpg

まず YAMAHA MT-10SP。とにかく 市販としてはヤマハの最上位に位置するエンジンの一つなので 乗っておかないと後悔しそうで(汗 そして 自分を納得させるという意味もあります。
またがった感じは 大きいのですが、MTシリーズやXSRシリーズ同様 軽い! 転けそうも無い と言うのが第一印象。 水冷・DOHC・直列4気筒・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジンをかけると 思ったより ドコドコ感あり。ヒュイーン と言う感じでは無く 3気筒の延長みたいな感じです。クロスプレーン型クランクシャフトエンジンで滑らかだと思ったのですが、音自体はちょっと異なる感じです。
MT-09SP と比べると 半クラッチでの出だしを数回試してみましたが、かなり低速トルクが有り、こちらの方が断然楽に感じました。エンストするようなイメージが無いと言う感じです。半クラちょっとで スッ と前に出ます。

走り出すと 1000ccとは思えない ひらひら感があるのですが、安定もしていて 試乗はタイトなコーナーの連続でしたが とても乗りやすかったです。転けそう と言う気がしません。 アクセル通りに動くという感じです。前述 クロスプレーン型クランクシャフトエンジンで ギクシャクしないからかなあ なんて思って乗っていました。 ただし 出だしや アクセルがハーフやオン状態と違って 走り出してからのオンオフ時は ロー、2ndと力が有り余っているみたいで(汗) 町乗りは 面倒という感じで パワーありすぎてギクシャクしそうです。まあ お買い物用としては 駄目かな(汗

次はKAWASAKI Z900RS 大評判のバイクらしいです。 並んでいる人も一番多かったです。
乗った感じは 意外にも軽いです。足つきも良いし、座った感じも安心感抜群です。手を伸ばした位置にハンドルがあるみたいな安心感もあります。昔 750RSを乗った あの巨大な感じは全くありませんでした。
エンジンをかけると カワサキの あの並列4気筒エンジンサウンドで 心地良いです。
低速トルクもスムーズで エンストするようなイメージはありませんし、クラッチも良好ですね。
コーナーもスイスイで 900CCの大型バイクとは思えません。
これは 良い!! お買い物も安心して行けそうな感じ!

BMW R1200GS
あこがれの外車です(汗) 普段乗れませんから・・・・税込希望小売価格2,492,000円 んーん 乗らなきゃ損(汗

まず 見た目の大きさからすると どんな感じかなあ と思ったのですが、乗ったら やはり デカッ! ただ 思ったより 安心感有りますし、軽いですね。車両重量260 kgということですが、それより軽く感じるのは ハンドル幅が大きいからか!? 総じて 大きさに比べ軽く感じました。
空水冷 4ストローク DOHC 水平対向 2気筒 は ドカドカしそうですが、スムーズで非常に扱いやすいです。 1200ccとは思えない と言うのが正直なところで ロー セコンド ともに 非常に扱いやすかったです。ギクシャクしない と言う感じです。S字も アクセルでヒョイッ ヒョイッ と行く感じ。
これは良いですが コストパフォーマンスは悪いですね・・・ まあ 仕方ないというところです。 

最後は HARLEY-DAVIDSON XL1200X
実は ハーレーは 乗ったことが無かったので試したかったのです。48タンクは 私のイメージするハーレーそのものという感じ。
まずまたがった印象は 重いです。車両重量 252 kg でそれほどでも無いのですが、重圧感はあります。
ただ 足の位置が慣れていないのでちょっと私には 後ろブレーキ使いにくい と言う感じですね。(汗

スタートは とんでもなく楽! ドコ ドコの ドコ で出て行く感じ(汗
足を前に投げ出す感じなので スタート時は不安があり、両足付いていました(劇汗
半クラで ウイーン では無いです。イメージと同じ。さて 今回は 非常にタイトコーナーが続く試乗路のセッティングなので S字とか ちょっと乗りにくいです。 セカンドだと速すぎ、ローだと力ありすぎ。正直なところ 初めて曲がったときは うっ! と 転けそうなイメージ。 
ドコドコ となると外に膨らもうとしますが 倒れる感覚とアクセルで膨らます 釣り合いの その加減が難しい みたいな感じに私は思えました。 うって変わって ストレートの 2nd 3rdは 非常に気持ちが良いです。地面を蹴って進んでいく感じがよく解って 「あ~ 高速走ってみたいなあ」 なんて 思いました。
私としては 町中はちょっと扱いにくいかな と言う感じです。 試乗の最後のほうでは S字でちょっと ヒラヒラやってみましたが ドコドコのタイミングと上手く合わせると 気持ちよくヒラヒラしますね。 これがバッチリ合ったときは楽しいです。んーん 技術があれば楽しめそうです。
なれれば 良い感じになると思いましたが、パッと乗って 安心して乗れる物では無いというのが今回の印象です。所有しないと駄目ですね。

(追記: ニュートラルがとても入りにくかった。サポートする方に聞いたら、エンジンを止めて入れてください とのことでした。)

試乗はそんな感じ。
今回乗った 4車種の中では Z900RSが コストパフォーマンス含め良いと思いました。
次は BMW R1200GS

ということで やはり 自分に合うのは、乗りやすさと安心感、見ているだけでもワクワクするデザインの良さと ガツン! とくるエンジンのパワフルさで YAMAHAのXSR900が良いかな。

前述 エンジン音 まあ これが4気筒と言う感じの 心地良いサウンドと 扱いやすさ、昔の記憶の再現だったら 間違い無く Z900RS。低速トルクがフラットで 教習車のようで とても乗りやすかったです。下手をすると CB750より ローのアクセルオンオフでのギクシャクした感じはないかもしれません。 とにかく乗りやすかったです。
B3.jpg

あと レーサーによるデモンストレーション走行とか 白バイによる安全教室? もあって 非常に楽しめました。

あっ! 写真は取り忘れましたが、お昼のケバブは美味しかったです。

こういうイベントは あまり楽しめないのですが、今回はイベントをかなり満喫してきました。 久しぶりの休日! と言う感じでした。
  
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー