So-net無料ブログ作成
車・バイク ブログトップ
前の10件 | -

春の楽しみ [車・バイク]

春と言えば バイク やドライブですね。

早起きは三文の得 というわけで、ブーンと 志賀高原 一回り? というか 往復(^_^;
してきました。
春1.jpg

いやあ 綺麗で清々しいです。 まだスキー場は雪だらけ・・・ 大丈夫かな
スキー場よりまだ上を目指すからです。

・・・で 2000m級のとこまで上がると なんと 路面凍結注意(劇汗
行きは撮影出来なかったので帰り際 動きながらなので ブレていますが パシャ!
春2.jpg

2100m超えると こんな風景が!
春4.jpg


ソロソロと 上まで登ると

春3.jpg
。。で 雪が凄い!

まあ でも 地元の楽しみです。
若い頃は 4月29日くらいだったと思いますが、寺子屋の大回転レースがあって そこまでは、スキーをしていました。

気温6度でした。 朝は 氷点下?かな・・・・
車もバイクも ほとんどいませんでした。 お会いしたのは バイク1台。 車数台(^_^;
近寄ってきたのは バイクと車(汗
車は WRX STI、バイクは銘柄は確認出来ませんでしたが スーパースポーツです。 皆さん好きですね~ それぞれ ゆっくりとドライブを楽しんでいたようです。まあ 凍っているかもしれないので危険ですから ゆっくりですね。

帰りの道では 何台かとすれ違いましたが・・・ 自分の前の先行車は パトカー(笑
でも パトカーは 結構なスピードで降りていきました。

ということで やはり 早起きは三文の得 ですね。
nice!(2)  コメント(0) 

封印を解くと 見えるもの [車・バイク]

私の住んでいるところでは やっと ついに春 と言う感じで、一気に春の訪れを感じるようになりました。
桜が咲きはじめ、菜の花が咲き・・・・ 
春1.jpg
少し残念なのは ウグイスが鳴くのは早かったのですが、ずっと雪で ずっと聞こえていなかったことです。

まあ とにかく お昼に時間が空いたのでお蕎麦を食べに行ってきました。
春2.jpg

ちょっと 良い景色が有ったので 車を止めて パシャ! 
今日は 快晴で 360方向全て見えたのですが、こんなことは生まれて初めてかもしれません。

お目当てのそば屋まで いきますが、まだまだ こんな感じで雪があります。
春3.jpg

春4.jpg


さて 主題の封印を解くと見えるもの ですが、まあ 色々事情があって 趣味より実用で来たのですが、まあ 実用ではありますが、車やバイクの 封印を解きました。 まあ 簡単に言うと、見たり聞いたり楽しんだり、買ったり 普通の人と同じようなことが出来るようになったというわけです(笑)
しっかりと 見ても良いかな なんていう感じですね。

さてそういう状況で バイクや車に試乗したり、興味を持ってインターネット上の試乗レポートや 雑誌の記事などを見ると なんだか レポートの天と地ほどの異なるレポートにビックリです。

例えば 特定のある車種ですが

・非常に限界が高く走りを楽しめる
・ロールが大きく ひっくり返る

同じ車で 評価者が変わると これだけ差が出ています。普段 ひっくり返ったら大事故ですよね。恐くて乗れた物ではありません。まあ 実際にはこういう車もあったみたいですが、当然リコール?だか 作り替えたみたいですよね。

まあ 自分が乗った範囲で言うと 日本の法律で一般の最高速となる制限速度60Km/hのいわゆるタイトコーナーで普通の乗用車であれば信じられない と思うようなスピード つまり 60Km/hで走っても ロールオーバーの危機を感じるどころか 何事も起きませんでした。自動制御を入れても切っても同じでした。まだ限界が高いという事です。最近の スポーティーに振ってある車は凄いと思いました。条件は 詳細には何Rとか言えませんので 人に伝えるのはこれ難しいですよね。
ただ 言える事は ひっくり返るようなことは無いだろう と言うことは言えます。 そういう事も聞いたことがりません。
もっと言うと 競技では 絶対にそんな評価の無い 車がクルクル横転したのを見たことがあります。 

まあ 何を言いたいかというと 評価の 「条件が違う」 わけですね。これ あたりまえの話なのですが、 どうもレポートの多くは 当然ながら PR と その逆 の攻防なので 都合の悪い条件を記載しない事が多いのです。

もっと言うと プロであれば 使う人の条件を記載した上で その評価をすべきです。
逆も有りですね。それ無しに 悪い面を強調したり、売るために 過大評価するのはどうかと思います。

例えば 極端に言うと 商用の荷物を運ぶ事を主にすれば トラックは荷物が積めて当然で 軽自動車のオープンカーと比べても意味がありません。
私の乗っているバイクは 全く積載が出来ません。 フックは2箇所だけ。シート下にもスペース無し。これが問題となる人は 別の車種がいくらでもあります。
なんだかそういう 話題が多いので非常に気になります。

ということで 自分が 欲しい もしくは気になっている物の評価を見る前に その評価者の他のものをできるだけ多く観察した方が良いです。
人間で商売の場合は 必ず 「ごひいき」があります。仕事でお金を稼いでいるからですね。

一般の方で言うと 逆に 客観的と感じる オーナーで無い方より 実際に所有して乗っているオーナーの評価の方が適切な場合が多いと思います。自分の所有している物は ひいき目に見ますが、ダメな部分をどう解決しているか を知ることで、我慢出来るかどうかの判断が出来ます。試乗しただけでは 間違い無く自分の欲しい車、憧れ、などに左右されます。 実は客観的では無い事の方が多いです。

そういえば 私の知っている限り 誰として同じバイクを持っていません。皆個性がありますし、感じ方は違いますので・・・
また 車も同じ物が無いです。条件の一番が 人と違う物を買っている とは思えないのですが・・・全ての物は妥協部分の差がありますし、デザインや個性があって 悪いものでは無く 「良い物」と言うことですね。 

多くの量産品は 「妥協の産物」 だからです。 妥協しダメになっている部分は 沢山あります。また 所有者の条件も違いますよね。

妥協を 極力したくない場合は ワンオフが良いですね。 妥協はかなり減らせると思います。 

なーんて 興味を持つと色々見えてきた部分がありました。 何十年も封印していると 浦島太郎状態なので(笑) 研究も必死です

さて お蕎麦ですが、今日はこのあたりでは珍しい 太く切った 暖かいかけそば。
春5.jpg

ほぼ 一日 飲まず食わず 何も食べていなかったので 満腹です。 左側のお米は そばめし です。

ごちそうさまでした

お蕎麦も 十人十色。 蕎麦の評価なんて あまり あてになりません。自分の好きな味を求めて彼方此方いきましたし、大体決まれば 定番となりますが、 そう言っても その範囲は 広大で、色々なお店で 様々な 味を美味しく楽しんでいます。

nice!(2)  コメント(0) 

人生を変えた車 [車・バイク]

まあ 大げさとも言えるタイトルですが、ある車が私の車の価値観を大きく変えました。

その名は アルファロメオ 4Cスパイダー

2017年春。友人に 助手席に乗せていただきました。

さて そもそも車やバイクには人一倍 興味があります。当然ながらモータースポーツも興味有りで(笑) A級ライセンスを取得して、ジムカーナやダートラを楽しんでいました。
・・・が 競技をやっていて思った事があるのです。

「いくらお金があっても足りない」

ということで 流石に家庭を持ってしっかり仕事をしなくてはいけませんし、仕事にも大きな目標があってそれをやり遂げるには 遊びにお金をかけることは出来ないんですね~

この時点で スパッと 車もバイクも止めました。

まあ 好きだからこそ 車の話など避けていたのですが、年を取るにしたがい 「ボチボチ乗っておかないと」と思うようになってきました。特にバイクは 運動能力もかなり要求されるので危険ですから・・・
そんなとき 偶然4Cスパイダーを楽しむ機会があったんです。

まあ いろいろ思うところがありまして・・・

ロータリーや6気筒以外は ちょっと・・・
ターボも良いけど NAでも どちらにしても低速トルクのあるある程度排気量がある車・・・
少数派の車〈笑) あとは 当然 買える車

位は思っていたのですが、4Cスパイダーは ほぼ全ての面で 私の妄想を覆しました。

1750cc直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン、最大出力237hp、最大トルク35.7kgm
価格は高額ですが、クラウン、レクサスなどの国産高級車を買うことを思えば 背伸びをすれば・・・
位の価格なのに 欲しい機能満載! これは 凄いと思いました。 エンジンも 4気筒は・・・と思っていた部分があったのです。それは 二次振動。 ジムカーナで強化マウントを入れると とんでもない振動ですから直ぐに解りますが、あれはちょっと・・ と思っていました。
しかし そういういろいろな感覚が吹っ飛ぶ出来事があったのです。

最も凄いと感じたのは 乗る前からワクワクするあの感覚です。
もちろん 次は 座ったら動き出す前からワクワク。これらは Ferrariも同じでしたが、手が届きそうな・・・という現実的な中でのワクワクが凄かったです。

最も良いのは 日本の道路で楽しめる性能ですね。

例えば スーパーバイク。世界最速に近いバイクでも 普通の車を買おうと思えば買える金額です。
しかし これ 走らせるところが無いんです。
例えば Ninjya ZX-10R や YZF-R1
ローギアで 150km/h前後ですよね。 本格的なサーキット以外では どうやっても ローギアでさえ フルに力が発揮出来ないというわけですね。現在は120km/hの最高速のところも在りますが、そこで ローギアまで落として120km/hだしても 特別 面白くないですよね(汗

さらに パワーウエイトレシオ。バイクではあたりまえですが、ハイパワー車では 人間入れても 3kg/ps以下ですよね。これは問題・・・・
車では 昔 某アフターパーツメーカーの開発車に乗ったことが あるのですが、1200Kg程度の車体に 300HP以上
これ アクセル全開すると とんでもない事になったんです。もちろん スーパーバイクでは全開などできません。アクセル開けるだけ ウイリーしますので全開はできないんです。

これまた 使い切る楽しみが無いんです。

そんななか 4Cスパイダーは 使い切れる というイメージが膨らむ車ですし、実際楽しかったです!
高速道路は乗っていませんが、3速までなら きっと回せます。一般道でも気持ちよく 1速2速は楽しめそうです。

全ての物は 所有するという楽しみがあるので、そういう部分は 考え無い事にすると、実用的に ドライブを楽しんだり、普段の生活の中で お買い物や 仕事で動き回るために使えそうで、かつ楽しいもの・・・
こんな考えにピッタリのものが有る と言うことに気がつかされました。

所有する喜びは 好きな物や憧れ という部分を抜きにすると、「多人数で犠牲がともなうもの」と言う感じが見えてきます。
4C スパイダーのように 2人しか乗れない、荷物が沢山載らない、豪雪地帯で乗れない などなど
ありますが、実は バイクも同じです。 私の住んでいるところは、雪が振りますし、マイナス15度くらいにはなるので 雪が無くても 原付や小さなバイク以外は乗れません。年間の半分はお休み状態です。
そう考えると 4C スパイダーも同じで バイクのことを考えると それほど問題とはなりませんよね。

問題なのは 価格ですね。バイクは まあ 一生懸命働いていれば 国産の物でしたら買える金額ですが、 いくらこの手の車の中では 比較的買えそうな価格とは言え 4C スパイダーは 安価な家が買えそうな価格なので私には無理です。
しかし 問題なのは 「こういう車やバイクが楽しい」 「こういう車でも満足出来る」 と言うことを再度気がつかせてくれた と言うことなんです。サーキットにちょくちょく通えたり、余裕があればもっと凄い車はありますが、そうでなくても満足出来るという感じです。

人生 見方を変えると楽しくなりますね!


nice!(2)  コメント(0) 

バイクのエンスト記録 [車・バイク]

最近は少し大きな町というか都市?なら、町を歩いているだけ何もしなくても色々な情報が溢れていますよね。大きな画面は否が応でも目に付きます。
また インターネットを閲覧していて、ポチポチする度にデータ収集されて、その履歴にともない 見たくなくても画面の脇には 物を売る情報があふれかえります。
ということで 最近世界的に問題となっているのは 「情報の確かさ」 ですが、なかなか真偽を調査するのは難しい様で、防災などで問題となりましたので いろいろ行われていくと思います。

さて そういう状況の中、私が気になるのは ただ単に 正確 というか そういう人もいる と言うようなものでは無く、 「自分にとって正確な情報なのか?」 ということです。
言い換えると 「自分の状況に当てはまるのか?」 と言う感じですね。

最近バイクに乗って気になったのは 信号で止まっているとき どうしているか(笑)です。自動車学校では 1速に入れて待機ですが、まあ 実際には 長い信号待ちでは ニュートラルにして、リラックスすることも多いです。

ということで Youtube を見ていたところ 有名ライダーの話が有ったのですが、なんと 「エンストさせて待機。スタートはそのままセル」なんていう動画をやっていました。
私は え~っ! と なってしまったのですが、それは嫌だなあ と思ったのです。
その理由は 私のバイクは「エンストをコンピュータが記録している」事を知っているからなのです。


以前 自分のコンピュータをYAMAHA YSPで調べていただいたら 「一回エンストしていますねぇ」 と言われました。
「あ~ そういえば 右折時 半クラトロトロやっていたときにエンストしたなあ」
 なんて思い出しましたが、立ち転けなど記録しているという噂は知っていたのですが、エンストも記録しているんだなあ ・・と

つまり 前述 エンストを毎回 長く信号止まる度していたら記録は凄くなりますよね(爆)
プロなので 知らない と言うことは無いと思うので、このライダーは 記録されても何とも思わないのだと思いますが、私は 記録されている と思うとあまりやりたくないなあ って思いました。
自分としては 一生 壊れるまで乗っていくバイクなら 良いんでしょうけれど、仮に売るとなったら エンストだらけのバイクは買う気になりませんよね((^_^;
まあ OBD Diagnostic ツールでリセットしてしまえば記録は消えるかもしれませんが・・・

また 仮に消えたとしても エンストさせたときのダメージの有無のデータも無いので 自分に取っては あまり気持ちよい物では無いからです。 

ということで 情報 が 正確(本当)だとしても 自分に取って合っているかどうかは話は別ですね。

情報は よく精査するのが良いと 再び 思った次第です

nice!(2)  コメント(0) 

3気筒頑張れ! [車・バイク]

最近は 車でも小さな車は3気筒エンジンが増えてきましたね~
まあ 時代の要求で燃焼効率などがクローズアップされているので当然といえば当然ですが、結構間違えていることに振動があります。
以前も書きましたが 最もわかりやすいのは 一次振動ですが、バイクはあえて振動を残しているというか、そういう部分もあるので何とも言えませんが、私が気になるのは 二次振動。バイクは直ぐにわかるのですが、 ビーンと手がしびれるあれです。 

まあ 今はいろいろなところに解説があるので 言わなくても常識になりつつありますが、こと振動に関しては イメージで未だに勘違いをしている部分が多いです。

以前 ブログにも書いたので しつこく繰り返しになってしまいますが、二次振動が 問題となるのは 4気筒です。先日 CB750(最終型)に乗ったのですが、結構 ビーンとなりますね。
最近 ネットを見ていたら CB1000Rはかなり振動が多いようです。 多分 あえて残しているんだと思います。振動も楽しみの一つですから・・・

私が振動に興味を持ったのは モータースポーツをやっていた時。 当時ジムカーナは MR-2 独占上で友人が乗っていました。 私は RX-7 FC3Sですが、強化マウントを当然ながら入れていますが、私のは 他人が乗ったら ほとんど入れたことがわからない静かさですが、MR-2は ハンドルはビーン となりますし、バックミラーはぶれていました。 この時初めて 4気筒は二次振動がかなり あることを知りました。それを解消するには 6気筒にするしかない というようなこともこの時知りました。三菱のサイレントシャフトなんていうのも かなり前ですが、クローズアップされていたことを思い出しました。

さて バイク選びに迷ったとき 実際に乗ってみるのが正解ということで いろいろ乗ったのですが、2気筒はともかく 今のバイクは 3気筒も4気筒も良くできています。もうこれは 気筒数にこだわらなくても良い と思ったのがこの時ですね。 実際 ”4気筒に比べて3気筒の方が副次的な振動は遥かに小さい” ということがわかっていたので バランサーさえついていれば 3気筒は 6気筒なみの滑らかさが得られると 頭では理解していました。

とはいえ やはり 心の奥底で 4気筒は滑らか という声がささやいています(笑)
頭と心との対決ですね。

ちなみに 同排気量で確認はしたことは無いのですが、先日 友人のCB400 Super4 は 振動は少なく感じました。後でわかったことなのですが、排気量が小さいと絶対的な振動は当然小さいので無いように感じるんですね。つまり 小排気量のマルチは非常に魅力的です。・・・が 排ガス規制などで、問題は多いですね。 

私がバイクに夢中だったころの当時は 400ccで 3気筒はほぼなく スズキのGT380くらいかなあ なんて思いましたが、乗ってみるとそれほど振動云々は感じず 逆に 2気筒が当たり前でしたので振動は少ない つまり 気筒数を多くすると振動が少なくなる というイメージになったわけです。
川崎の 250SSも 3気筒でしたがこれもスムーズでしたね。ただ 16-7才の若い頃でしたので歳差運動なんて思いもしなかったので考えてもみませんでした。とにかく ハイパワーエンジンが付いていて凄い! という感じですね。

ということですが、まあ 結果を言うと 3気筒は乗った時の感覚と 頭の理解で選んだ次第です。

実際 長く乗ると期待は裏切りませんでした。 10000rpmでは官能的サウンドにはなりますが、振動がビーンとくることも無く非常にスムーズで、フィーリングは まるでロータリーエンジン。
車の6気筒 の感じとは バランサーで6気筒のようにバランスをとっているので それとは 少し違いますが、かなりスムーズで手がしびれるような振動は全くといっていいほどありません。

バランサーは パワーロスを招きますが、例えば MT-09 XSR900などは そもそも 200Kgを切る車体で100psオーバー。パワー不足は感じるどころか、パワーありすぎて 一速二速ではアクセルを開けるだけでウイリーしてしまうので公道では全開はできません(汗)また 大排気量でも一応 リッターあたり20km以上も走るし、それほど燃費にこだわることもないかと・・・

良いとこ取りをした 3気筒エンジン。頑張ってもらいたいですね。 でも 心の中では やはり 6気筒やロータリーと叫んでいますが・・・・(笑)

そういえば 富士スピードウエイで、私のチームのジムカーナ練習走行の際、偶然居合わせたルマン前の 寺田 陽次郎の富士スピードウエイでの練習走行時のあの20Bサウンドが忘れられません。懐かしいですね。


nice!(2)  コメント(0) 

XSR900 チェーン張り調整 [車・バイク]

バイクは結構メンテナンスが多いですね。
というか メンテナンスをしなくてはいけないので楽しい と言うのが私の感想です。

ということで いろいろ出来る事はやって楽しもうと(^^)

チェーンですが、昔は 張り具合はあまり強くなかった と思うのですが、今回サービスマニュアルを見たところ たわみ量 5.0-15.0mm ということで まあ 伸びるものですから 5mm近くに・・・ と思い調整しています。実際には 7-8mm~10mmくらいかな。
これは 目分量は難しいです。メンテナンススタンド無しで調整したこともありますが、有った方が かなり楽です。勿論無くてもできますが、サイドスタンドだとホイールアクスルナット緩めると微妙にチェーンを伸ばす方に動いてしまうみたいですし、角度が付いていて見にくく、さらに ホイールを回す際にかなり苦しい(笑) サイドスタンドでもメンテナンススタンドでも 5-15mmと同量です。

チェーン1.jpg

ホイールアクスルナットを緩めて アジャスティングボルトを回して調整します。

チェーン2.jpg

印を付けておいて きちんと動いているか確認した方が良いです。
アライメントが狂うと 走行性能に悪影響を与えますので 左右同じように慎重に少しずつ行います。
張り具合を確認してから ホイールアクスルナットを少し締めて 再確認。

良ければ なからに締めておいて その後 トルクレンチで規定トルクに締めます。

チェーン3.jpg

このバイクの場合 規定トルクは 150N・m 

結構強いですね (^^; というのは たとえば そうですねえ・・・皆さんが触ったことがありそうなもの・・・ あっ 車のホイールナット。 私の車の場合 指定は ホイールナット締め付けトルク  108N・m(11kg・m) ですから それに比べると かなり強いです。
勿論ネジのサイズが全く違い太いので トルクは大きいのですが、そのくらいになると締めている手が 結構強いぞ・・・ と私の脳に訴えてきます(笑)
そろそろかなあ・・・ カチン! と トルクレンチが告げてくれます。
こういう場面が結構楽しいです。

再度 たわみを確認し 試乗。試乗は 感じや音、あと 手放しで動きが以前と同じで違和感が無いのでOK!
そういえば バイクってまっすぐ走るものだと思ったら結構癖があるみたいですね。
私の固体は 手放しも出来ますが、人がコントロールしないと若干曲がっていきます。
んーん まっすぐ走る方が気持ちが良いのですが・・・・あっ! でも 道路はかまぼこ型なので その性かな? こんど 駐車場で試して見ようっと・・・

ちなみに チェーンは 張りが強すぎると エンジンとエンジン内部への負担となり、緩めすぎるとドライブチェーンが飛び跳ねスイングアームに損傷を与え事故の原因となる。と 注意書きがあります。

これを見ると やはり緩い方が危険ですね。 日頃良くチェックし調整をするのが安全の為に重要です。

あっ! トルクと言えば、オイル交換のドレンボルト。あれは 規定トルクだと どうもかなり強く感じて気持ちが悪いです。

高校生の原付時代から もう何十年も手で締めてきて問題は一度も無いので、自分流で良いかなあ なんて思っていますが・・・・ 本当はダメかな(^^;

nice!(3)  コメント(0) 

Yamaha XSR900 OBD Diagnostic その3 [車・バイク]

OBD2 繋げてみました! さて動作するのか!?

なんでこんなに心配しているかというと 動かない(認識しない)車などがあるからです。
ちなみに 日産車 2台試しましたが 動作しませんでした。やっぱりという思いです。
ダイレクト の車種 と変換コネクタタイプ 双方動作しませんでした。
ちなみに 結線は 信号ラインを追いかけ間違いの無いことを確認しています。

逆に 動作したという報告は非常に有用な報告です。

OBD4.jpg

XSR900の場合、電源配線は 常時電源が供給されています。


つながるとメニューはこんな感じです。
OBD6.jpg

エンジンをかけて表示させると こんな風に リアルタイムでデータが表示されます。
取り合えず リセット目的が 第一目標だったので難しい部分の意味は今後調べてエンジン状態を把握するようにしたいと考えています。楽しみが増えました!
 
OBD5.jpg


OBD7.jpg

まあ 購入したところのリンクを載せておきますが ここから買えば 日本語化も出来ますし、安いですし 一応実績があるので安心かなあと思います。 Amazon Primeなので 直ぐに来ます。メールのやり取りも 今までで一番迅速に出来たと思います。

nice!(2)  コメント(0) 

Yamaha XSR900 OBD Diagnostic その2 [車・バイク]

来ました! OBD2 ツールとコネクタ

OBD1.jpg

AL319 日本語化も出来ます。
英語でも問題は無いのですが、インターネット上で 出来ないとか書いてあったので(汗) やってみたくなって、ファームやソフトを書き換えをしてみました。

ネット上の評価ですが、敵とも思える書き込みや 明らかな嘘、ダメな製品の評価を上げるための★など いろいろな嘘が存在しています。
ちなみに 私が製品の作りがダメと思って書き込みと★3つ 投稿したら 速攻★5つ(書き込み無し)が アップロードされました。つまり 平均ですと★4つになりますよね。 明かなインチキに思えます。

まあ こういう事はネット上では あたりまえだと思いますので、正確な情報を読み取ったりする為の参考として 今回 日本語化をしてみました。

結果は 専用のソフトでUSB経由で書き換えをすれば 全く問題無く出来ます。



  Akatuki【メーカー直営・一年保証付き】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 
ということで Akatukiさんに メールすれば詳しい説明が来ます。
ちなみに メーカーウエブサイトでは 日本語化ファイルは削除されてしまっていて 日本語化できませんので、メーカーの登録などは不要です。

まあ 日本語化といっても作っているのが 海外の方の日本語なので 変な日本語になっている部分もありますが、まあ 意味は分かるという感じです。 

さてさて ワイヤーの方ですが
OBD2.jpg

中身は
OBD3.jpg

電源ワイヤーのような物が 3Pコネクタで接続されますが、XSR900でこのツールを使う場合は不要です。

さて 動くかなあ・・・ 不安と 期待で ワクワクします! なにしろ 初めて自分で繋ぐ OBD2ですから!

nice!(3)  コメント(0) 

Yamaha XSR900 OBD Diagnostic [車・バイク]

車やバイクですが、最近というか 古い人間にとって最近(汗 今では一般的な OBD(On-board diagnostics)ですが、まあ 個人的な楽しみとして車やバイクをいじる場合には いろいろ障害が多いです(大汗
というのは 本来 車やバイクの状態を 分かり易く 簡単にするための機能ですが、専用の機材が必要なため一般の人には敷居が高い と言う感じだと思います。
また 本来 統一すべき物なのに 独自に開発した経緯があるので、専用品を買うというイメージが有って 難しいという雰囲気があるのだと思います。

さてさて YAMAHA XSR900ですが 最新鋭と言うこともあってOBD2が搭載されています。

先日 ABSセンサをいじっている際に誤ってエンジンをオンにしてしまい エンジンのエラーが記録されてしまいました。これは OBD2でエラーを消去するまで残ってしまいます。
YSPに行って消去してきましたが どうも自分で触れない部分があるというのは気分が悪い感じがします。

というわけで OBD2をいじれるようにゴニョゴニョ始めました。

まず手始めは OBD2のツール選択です。
整備書を見ますと 純正ダイアグツール(USB) 90890-03256 が 37476円で購入可能でしたが・・・・ やっぱり高いですよね(汗

そこで 使えそうなOBD2のツールを探してみました。

検索すると いろいろあるのですが、やはり 信頼性というかできれば確実な方が良いので、定評のある機材メーカーを探しました。

・・・で 友人の整備工場で使っていたツールメーカーを探したところ。。。 有りました!
AUTEL です。Autel MaxiSYSプロ ギョギョ! うん十万円 流石に高額ですね。

まあ 素人が使うわけで 内容が見られて、誤動作で付いた エラーが消去できるだけでいいので、凄い物は不要です。とにかく定評があるメーカーの安価な物を探すのが安心かと・・・

というわけで AUTELの一番安い物は・・・と探したら AL319あたりが良いかなと・・・



チェックエンジンライト(MIL)の原因がチェックできて、故障表示ランプ(MIL)をオフにして、コードの消去ができれば良いかと。
あと エンジン動作時の状況が読み取れれば良いですよね。
ML319はこれが可能です。

ということで ポチッ!
いまなら 15%のクーポンがあるみたいなので 下記のワイヤーと込みでも 1万円ほどですから かなりリーズナブルですね。 もちろん 動けば と話ですが(笑)
実は この手の機材は動かない事が多いのです。どの機械でどういう配線なら動くという データがほとんど無いのと、機材メーカーでは動くと言っていてもワイヤーが無かったりで、なかなか上手く行かないのです。

そのワイヤーですが 肝心のXSR900のダイアグの端子はシート下にあります。
4ピンの防水カプラーですが、 当初ワイヤーを作ろうと考えました、持っている端子と ロック機構が違っていました。

んーん いろいろ種類があるのかなあ・・・と。 エンジンと言うこともあって、いい加減な作業は問題ですし、電源も来ていますので、まあ 買った方が安価という結論に達しました。

ヤマハ純正の部品ですが、当然しっかりと出ます。
90890-03249 OBT/GSTケーブル 5540円です。

さて動くかな (^_^;) 動かなかったりして (劇汗


nice!(0)  コメント(0) 

馬力のお話し [車・バイク]

まあ どんなものでも パワーは 皆さん欲しいものの一つですね。
非力な物より 力が合った方が良い! というわけですが、実は適正な力というものが有ることを忘れてはいけません。 車やバイクだけで無く オーディオも同じです。「過ぎたるは及ばざるがごとし」

オーディオの話は以前何回かしましたが どうも ハイパワー=音質が良い と勘違いしている人が多いみたいです。 本当は逆のこともありますし 適正 と言うことがあるので かなり難しいのですが・・・まあ その話は また今度。


さて 男の子(笑) が欲する馬力 まあ こんな式でですね。
1馬力(1仏馬力ps)=0.735.5kw
最近は (汗) 1999年頃? だと思いますが kw表示が義務付けられました。なんだか ピンと来ません。体に染みついているのは 何キロの車体で何馬力 みたいな感じですから・・・

まあ 馬力の方が分かり易いです。・・・で 馬力(汗

馬力は大きい方が当然 力はあるのですが・・・・・ ← ちょっと待った!!
 

ということで・・・・ 頭の痛くなる既に既知の解説

最近は 200馬力なんて言うバイクも登場していますが、なんか凄いですね。 車体だけならパワーウエイトレシオ 1kg/ps なんていうとんでもないものが登場しています。
バイク選びは ホント 楽しいです。 なにしろ昔は考えられなかった凄いバイクが登場していて それを所有できるんです。無改造で昔の改造車 いや それ以上ですね。

まあ バイクを選ぶ際には楽しませていただきました。まあ そんなバイク選びの際に疑問に思った事! それが 今回の話です。

 私にも運転できるだろうか? 。。。 もちろんできますよね。 きちんと免許がれば まあ 普通は運転できないなんて言うことはありません。市販車ですから・・・ 昔は 750ccまでが一般市販車でした。まあ 車体も重いですし、アクセルを開けてもなんともないというか 市販車の常識範囲 みたいな感じに思ったものです。ところが 最近は 200psなんていうバイクが普通に売っている。これは気になりますよね。

・・・で 考えた結論ですが 「200psを使えるか!?」 と聞かれたら、それは 使える人は日本の一般道では無い と言うのが現実のようです。

馬力というのは トルクx回転数x定数 となります。 つまり 馬力を上げたい場合 トルクを上げるか 回転数を上げるか それとも両方 上げる ということになりますよね。
馬力を上げるために回りやすい多気筒エンジンになるのはそういう意味があります。

ハイパワーエンジンの最高回転数が高いのは至極当然で、必然的に最高回転数が高くなってしまうと言うわけです。トルク値が同じ場合は 最大トルクの発生回転数を上げて、最高回転数を高くすればハイパワーエンジンになる事が解ると思います。

裏を返すと 排気量が同じで 同じトルク値だったら ハイパワー車の方が、最高トルクを発生する回転数が高いわけなので 低速ではトルクが少なくなり乗りにくいことになります。 フラットなトルクカーブは難しいからです。(いつでも 最高トルクは出せない)
いくら 200psのバイクでも最高出力発生回転数が13000rpmなら たとえば8000rpmしか回せなかったら 200psはでません。あたりまえの話です。

またまた つまり・・・・ 前述 200psのバイクは!?
バイク選定の際に 少し調べてみたのですが、国内の200馬力近いバイクの最高出力発生回転数
は 13000rpmくらいです。その状態前後での1速ギアでの速度は約140km/h~150km/h

ということは!? そうです。日本国内の高速道路含め他一般道では そのようなバイクの最高出力の回転数を堪能する場所は無い ということになります。 パワーを堪能できる場所は無いのです。
もちろん 回転数は最高出力発生回転数まで回せますが、そこまで回すと交通法違反になるので回せない と言う形です。

例外としては なんと Ninja H2 SX は 一速ギアで120km/h 位らしいので 東名の110km/hの速度制限区域では 一応最高回転数付近までは回せること言うことになるみたいです。でも 50kmからの加速しか出来ませんよね。

ということで 合法的に、とりあえず 一速で良いのでしっかり回せそうなバイク(汗)をいろいろ調べると 最近のバイク100ps前後のバイクという事になります。
たとえば Z900 とか MT-09とか CBR1000RRとか・・・・

さて もう一つ問題が有ります。それは アクセル開度。最高出力を堪能できるか? の問題です。
200Kg も無い比較的軽量なバイクで100psを超える様な場合は、アクセルを開けるだけで ウイリーしてしまって 結果アクセルを開けることが出来ません。 つまり 全開加速は出来ないという事になります。一速で回りきるようにギア比(減速比)が高い(比率が大きい)場合は 路面に伝わるトルクがありすぎてアクセルは不用意に開けられなくなります。

 回転数は空ぶかしで解るとおり 負荷が無い場合は アクセルをさほど開けなくても 回ってしまいます。パワーは要らないのでアクセルを開ける必要はありません。 裏を返すと パワーは当然出ていません。

・・・・・ そう考えると 夢が無い話になりますが、結局ハイパワーバイクを買っても、そのパワーを堪能することはかなり難しい と言うことになってしまいます。

今さら言わなくても こんなことは誰でも解っていると思われる話ですが、実際に 選んだりする場合にはどうも 忘れてパワーが気になってしまいます。男の子の特性として パワーにはあこがれるからです(劇汗

最近動画を見ていますと サーキット走行を楽しんでいる人が多いようです。 なるほどなぁ と思いました。直線距離が短い場合は最高速領域でのフルパワーは楽しめなくても 少なくとも加速では エンジンの持つ性能を使うことが出来そうですよね。

昔 富士スピードウエイを FC-3Sで走ったとき あっと言う間に最高速になってしまいました。いわゆる 思いっきりアクセルを開けても全く問題が無い安心感(笑)で走れました。
あたりまえの話で パワーウエイトレシオは 当時の改造車でも せいぜい 4~5kg/ps 一輪にかかるパワーはさらにその半分です。バイクに比べたら超安定(汗
ところが バイクは・・・・ たとえば200kgの車体に 人間 をいれても150psだと 2kg程度。

いやあ とんでもない事になっていますね!  2Kg/psというと 車でいうと 2tの車に1000psです。 路面に力を伝えると言うことから言うと一輪にかかる力では さらに2倍。

一月ほど前 仕事帰りの高速道路で東京から来たバイク乗りのかたと話をしました。
そのひとは Tracer900に乗っていたのですが 以前は YZF-R1に乗っていたそうです。 細かい事は言いませんでしたが理由は 「結局全てを使える場所がサーキットしか無いから」 ということのようです。 

趣味の物は 所有する喜びや いじる楽しみ サウンドや見て楽しむなどいろいろな楽しみ方があるので人それぞれで良いのですが 私の場合は やはりできるだけ性能を生かして乗りたい という想いがありましたのでバイク選択の理由の一つとしています。失敗した と思って直ぐに買い換えるわけにはいかないからです。ということで 試乗は非常に大切ですよね。

とは言いつつ 乗り切れないものも所有はしたいのですが(汗) 今は 乗る事に専念かな・・・


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 車・バイク ブログトップ