So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

XSR900 クイックシフトキット 使用感 [車・バイク]

XSR900 クイックシフトキット を取り付けてから 200Km 程 走ってみたのでその感想です。
QS7.jpg
当初は 不要かも・・・ と言う気持ちで付けましたが・・・・ 実はかなり具合が良いです。
大きな誤算でした(笑)

これは 安全と安心の為に お勧めかもしれません。

というのは たとえば高速道路の加速車線。流れに乗るまで加速しますが、バイクの場合本線を走っている車に無視される事がかなり多いように感じます。つまり 並ばれて走行車線に入りづらい時があります。こんな時はあの短い区間で減速するか加速するしか無いのですが・・・

こんなシチュエーションの時 クイックシフタがあると 加速中にクラッチを握らなくても良いので安心感がかなり変わります。
つまりクラッチとブレーキ、いわゆる操作する際は 握りが 親指の曲がりだけで握るので握る
力が弱くなりますが、クイックシフタだったら握り直さなくても良いのでしっかりと握っていられ安心感が全く違います。

ブレーキは人間が慣性で前に行くので手のひらで押さえられますが、加速は人間は後ろにもって行かれるため握りが弱いと不安になるわけです。
特に 最近のハイパワー車はとんでもないパワーなので、非常にデリケートなアクセルワークが必要です。アクセル操作も要らないクイックシフタ動作はかなり便利。楽ちん で 安全 というわけです。

最初 頭で考えていたときは クラッチを握らないことが、不安だったり 操作がギクシャクするのではないかと不安になりましたが、実際にやってみるとそんなことは無く 慣れの問題ですし、慣れるのには時間はかかりませんでした。


ちなみに クイックシフタではなく シフトダウンも出来るシステムもありますが、シフトレバーに足がまちがって触れた場合など ブリッピングが意図しないときに起きたり、難しい部分があるようです。
これは 今日 YZF-R1を乗っていたかたに聞きました。 なるほど! 

ちなみに 現在では アシスト&スリッパークラッチを装着しているものでは シフトダウンは以前に比べかなり楽です。今日 高速道路でセカンドまで落としてみましたが、ブリッピングが完全に決まらなくても(クラッチ無しで勝手にスコッとシフトが入ってしまう状態)姿勢が崩れること無く問題ありませんでした。いやあ 良い時代になりましたね。
まあ これは減速ですから 手が離れるようなことも無く まあ安心して操作できます。

ということで シフトアップに動作する クイックシフタはそれだけでもかなり有用だと思いました。

価格も2万円ほどなので そんなに必要ないかなあ と思っている方も 検討されてもいいのでは と思った次第です。
 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。