So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

38度で仕事にならないので・・・パンク修理練習 [車・バイク]

いやあ 暑い! 今までで最高に近い 38度を超えました!。流石に暑く仕事になりませんね。
クーラーをかけても33度(笑) 

今28度ですが、締め切った場所では既に30度になりました。

地元では 少し離れると 気温は3度くらい違います。 友人の家は 7~8km離れたところで少し標高が高いところにあるのですが、3度くらい違うのでクーラーは不要。まあ 偶には暑くなりますが、扇風機で十分。

さて 今日 車のチューブレスタイヤのパンク修理をしてみました。 頭を使う仕事はどうも出来そうにも無いので 遊びですね。それも汗を流しても問題の無い・・・

磨り減って 冬用タイヤとしては機能しないスタッドレスタイヤ。一本パンクしていて来シーズンは差新しくする予定だったのですが、練習用にはもってこいなので試したというわけです。

というのは そもそもは バイク。

バイクは 変え用のタイヤが無いですし 万一 山坂路でパンクしたら・・・・ なんだか不安ですよね。まあ 任意保険でもロードサービスはありますが その場でパンク修理してくれるのかなあ なんていろいろ不安はあります。まあ 自分でやってしまうのが 後々楽ですよね。

一般的には ゲル状のパンク修理液を注入するというのも手なのですが 戻ってきてから中身の清掃にとんでもない苦労を強いられることを考えるとその場で直してしまった方が良いのでは無いかと考えた次第です。

試したのはこれ


実は これも買って有るのですが、全部セット。問題は空気入れなので セットの物を買いました。



・・・で 定評がありそうな 大橋産業(BAL)もやってみたかったので いろいろ買った次第です。

いろいろ試す というのが なんか趣味なもので・・・(笑)
そして 実際そうなったとき 慌てないためにも予行演習は絶対必要ですよね。

実際やってみると 超簡単ですね。 やってはいけないと書いてある他社の工具を使う(劇汗)と言うことも行っています。 デイトナの工具で 大橋産業株式会社 のパンク修理キット パワーバルカシールタイプ をためしてみました。ようは 材料がきちんと入って加硫すればいいわけで・・・

コツは デイトナの工具は長いので 勢い余ると修理材がスポッと中に入ってしまいます(劇汗
そこで 良い場所で止める必要が有ります。 ここだけです。

加硫接着なので 一度漏れなければ問題無いはずです。バッチリ上手く行きました。

これで安心して 山道行けます(汗
パンク修理.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XSR900 クイックシフトキット 使用感 [車・バイク]

XSR900 クイックシフトキット を取り付けてから 200Km 程 走ってみたのでその感想です。
QS7.jpg
当初は 不要かも・・・ と言う気持ちで付けましたが・・・・ 実はかなり具合が良いです。
大きな誤算でした(笑)

これは 安全と安心の為に お勧めかもしれません。

というのは たとえば高速道路の加速車線。流れに乗るまで加速しますが、バイクの場合本線を走っている車に無視される事がかなり多いように感じます。つまり 並ばれて走行車線に入りづらい時があります。こんな時はあの短い区間で減速するか加速するしか無いのですが・・・

こんなシチュエーションの時 クイックシフタがあると 加速中にクラッチを握らなくても良いので安心感がかなり変わります。
つまりクラッチとブレーキ、いわゆる操作する際は 握りが 親指の曲がりだけで握るので握る
力が弱くなりますが、クイックシフタだったら握り直さなくても良いのでしっかりと握っていられ安心感が全く違います。

ブレーキは人間が慣性で前に行くので手のひらで押さえられますが、加速は人間は後ろにもって行かれるため握りが弱いと不安になるわけです。
特に 最近のハイパワー車はとんでもないパワーなので、非常にデリケートなアクセルワークが必要です。アクセル操作も要らないクイックシフタ動作はかなり便利。楽ちん で 安全 というわけです。

最初 頭で考えていたときは クラッチを握らないことが、不安だったり 操作がギクシャクするのではないかと不安になりましたが、実際にやってみるとそんなことは無く 慣れの問題ですし、慣れるのには時間はかかりませんでした。


ちなみに クイックシフタではなく シフトダウンも出来るシステムもありますが、シフトレバーに足がまちがって触れた場合など ブリッピングが意図しないときに起きたり、難しい部分があるようです。
これは 今日 YZF-R1を乗っていたかたに聞きました。 なるほど! 

ちなみに 現在では アシスト&スリッパークラッチを装着しているものでは シフトダウンは以前に比べかなり楽です。今日 高速道路でセカンドまで落としてみましたが、ブリッピングが完全に決まらなくても(クラッチ無しで勝手にスコッとシフトが入ってしまう状態)姿勢が崩れること無く問題ありませんでした。いやあ 良い時代になりましたね。
まあ これは減速ですから 手が離れるようなことも無く まあ安心して操作できます。

ということで シフトアップに動作する クイックシフタはそれだけでもかなり有用だと思いました。

価格も2万円ほどなので そんなに必要ないかなあ と思っている方も 検討されてもいいのでは と思った次第です。
 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

車・バイク 疑問!? [車・バイク]

最近 暖かくなってバイクの話が多くなりましたが、気になっていると結構嘘っぽい話が沢山見えてきますので 気になったことを

1,ナンバープレートのフレームは違反!?

バイクのナンバープレートって結構損傷しやすいですよね・・・???? 自分だけかなあ・・・

人が行き来するときにぶつけたり、出入り口で、木や角にぶつけたり・・・・荷物を引っかけたり・・・ 整備中にぶつかったり引っかかったり(汗

なんか 曲げては戻しで結構酷いことに・・・・なんでフレームが付いていないんだ! ということで 買って付けることにしましたが・・・

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000124.html

あらら・・・禁止! ガーン! 

よく見ると あっ! ※1が・・・・

ということで どうやら 平成33年4月1日以降に 登録のもの・・・ ということで現時点では問題無さそうですね。 ただ どうも現在では それに移行する準備期間みたいで まあ 目に付く原因になるので新しい基準に則っておいた方が良いというのが私の結論です。

別にフレームがはみ出ていなくても前述の 曲がってしまう という回避目的には使えますから・・・・ 早速 周辺を落として 背面のみ強化させるために付けておきました。

2,ヘルメットのSGマークの謎
まあ 3年を目安に交換しましょう・・ 目安!? んーん。 まあこういう曖昧なことが書いてあるわけで多くの人が 寿命と間違えている という指摘をしたところですが、実は 樹脂製は3年でダメになったりする物も有り 一応根拠的な事はあるのですが、問題はこのSGマーク。

意味合いは 

-1,SGマーク付き → ある基準をクリアしていて安全 
SG以前に PSCマークが付いていないと安全基準に適合していないので 論外なのでここではのべません。
SGこれは理解できますが

-2,SGマークが無いと公道を走行できない
道路交通法では 乗用ヘルメットを着用しなければいけないので 装飾用との切り分けが必要ですよね。安全性を満たしたヘルメットには、「PSCマーク」と「SGマーク」が付いているので 結局これが無いと日本では走行できないことになりますね。PSCとSGがセットで付いているのでややこしいですが、輸入物は要注意 と言うことになるかもしれません。仮に スネル規格でも PSCやSGが付いていないと装飾用になると思います。

-2,保険がかかっている
問題はこれです。SGマークは前述規格を満たしている(もちろん PSCも) と言う意味ですが、同時に3年間は 保険がかかっているので・・・ と言われますが、本当に保険請求が出来るのか? そして保険請求して通る場合があるのが と言う問題が残っています。寿命の話になってしまうのはここから来ていると思います。

何を言いたいかというと 保険が関係無かったら(実質的に請求できない物なら) SGマークさえ付いていれば法律的には合法に 3年とかでは無く ヘルメットの寿命となるまで使えるわけですね。欠陥が無い物はどっちみち保険は関係無いので 問題はSGマークの保険では無く 純粋に ヘルメットの寿命を考えないと意味がありません。

ただし グラスファイバーに樹脂で固めた物は 5年くらいの寿命らしいので、やはり 5年位を目安にとなるかと思います。

ちょっと調べました。

「SGマークには1億円を限度とする対人賠償保険が付いています。このため万が一SG製品の欠陥により人身事故が起きた場合には、・・・・」とあります。
つまり 欠陥が有った場合は保障しますが、欠陥が無い場合は 保障の対象となっていないのは明確と考えられると思います。

言い換えると 本来SGマークが付いている物は 規格を満足していますが、製造上何らかの欠陥があった場合には・・・ と言う感じですね。

今使っているヘルメットに欠陥があるか心配な場合には SGマークの保障を頼りに3年というのは理解できます。 ・・・が 欠陥のある ヘルメットをかぶっていたらどうなるかは目に見えていますし、そもそも 寿命という概念を問うのであれば ヘルメットは自分の命を守るためですから、欠陥を作らない 信頼の置けるメーカーの物をかぶらないと意味が無いと考えました。いくらSGマークが付いていても欠陥があるようだと話になりません。事故を起こすまで欠陥があるかどうか解らないからです。 これは 信用や信頼の問題ですね。

そういう意味ですと 実質的に欠陥が無い場合は 保険請求が出来ないことになりますし、ヘルメットの安全性や樹脂の寿命を考えるのが良いと思います。
また メーカーの実績や信頼性も大切になってきますね。

 たとえば FRP製のアライのものですと 最低5年程度と考えられるのではないかと思いました。何か合った場合には検査は必要ですが、落としただけでは問題無い とか かなり詳しく書いてあるので信頼が出来ます。

プラスチック樹脂製だったら 信頼の置けるメーカーという事が前提で 3年でしょうか・・・

まあ 何千円程度の 安いものは中身を変えるより買い換えるのが良いですね。
ちなみに 安価な樹脂製のヘルメットには 「乗車用ヘルメットとして・・・は3年です」 と書いてありました。 寿命を唱っているのですから、このヘルメットは寿命は 3年ですね。逆に安価ではありますが説明が明確なので良いですね!

社内で使っている作業用のヘルメットは 安全上から1年ですね(爆)

ちなみに プラスチック関連は 紫外線などの保存状態で大きく劣化度合いが変化しますので 保存方法も大切だと思いました。
長く使いたい場合 つまり 寿命までできるだけ劣化無く 安全性を最高に保ったまま使うためには、保存も適切に行わないといけませんね。

まあ ヘルメットは重要です。これは 私が調べたりした個人的な見解です。 あてにはならないので(汗) 最終的には ご自身で よく調べたり、メーカーさんに聞いて自分でしっかりと判断をして いただきたいと思っています。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

梅雨明け [生活]

今朝起きて会社に向かおうとしたら 夏の臭いが。。。。
そう思っていたら お袋が 「なんでも 関東甲信越は梅雨明けだそう」 ギョギョ・・・
なんだかピンと来ませんが、かなり変な気分です。

関東甲信 6月29日ごろ で 平年より 22日早い (劇汗)本来は 7月21日ごろ で昨年は 7月6日ごろ


なんか 変だぞ! ということで 心配は 年間降水量はほぼいつも一緒。つまり どこかで降るわけですね。 秋とか 雪とか イヤだなあ なんて思っています。

やはり 生活しやすいのは 「普通」 「平年並み」 が良いですね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘルメットの謎と寿命 [車・バイク]

皆様はどんなヘルメットをお使いですか?
ヘルメット選びは 価格は勿論ですが、使い方や使用頻度や頭の形など いろいろあるので非常に難しいですね。

以前から 不思議に思っていたことなどを羅列してみたいと思います。

まず 原付でのお買い物など普段使いとお財布に優しそうな
ニスコ(nisco) オープンフェイスヘルメット シルバー NT-022

大型バイクも高速もOKで当然PSCマークも有り 激安です。
実は 私は ジェット型のヘルメットが好きで、初めて被ったヘルメットは アライのジェットでした。
フルフェイスに比較して 視野が広く感じ かつ 音も良く聞こえるので そういう意味では安全です。 町中では ジェット型の方が格段に安全で便利な気がします。

・・・と 全く同じようなヘルメットみつけました



どこから見ても同じようなのですが(微妙に違いますが、ロックなど似ています) ニスコ(nisco) の方が少し安価です。 OEMかどうか そこまで調べていないので分かりませんが、実際に使って見ますと ニコスはこんなに安価なのに とにかく具合が良いです。まあ 大型バイクや高速道路もOKとは言っていますが、別の物も何個かありますので 原付に乗るときや町中をゆっくり走るとき以外にはあまり使いませんが・・・・

さて 次はヘルメットの寿命です。 よく 3年とか 落としただけでアウト とかいろいろ聞きますが、本当なのでしょうか???
安全性の取得で最も難しいらしいのがスネル規格
これを取得して普通に買えるのは アライだけのようです。よく分からないけれど とにかく安全な方が良い と言うことですと、前述の 自然で見やすい と言うような事を無視すれば アライのフルフェースが安全そうです。




ただ 価格が 前述の 10倍以上するので、これを 3年ごとに変えるのはなんだかイヤですよね。もったいない・・・・で昔は3年なんて言うことは言われていなかった気がするので再度 調べました。

結果 アライに関しては やはり3年寿命とか そういう事はありません。メーカーで記載があります。

アライでは まず古いヘルメットの内装が古くなったりしたら交換も出来ます。
http://www.arai.co.jp/jpn/faq/fq_top.htm#q2
まあ あまり古いのは保守部品が無いので駄目そうですが これは 寿命との兼ね合いでは無さそうですが、どうなんでしょうか?

。。。。で 寿命に関係してそうで 巷で良く聞いた話。 コンクリートの上に落としたら打目になるというのは???

アライが作っている品種には関係なさそうで 下記のように 「たとえ地面がコンクリートであっても大丈夫です。外観の塗装がはがれる程度なら、安全性能に問題はありません。」 とのこと

http://www.arai.co.jp/jpn/faq/fq_top.htm#q3

ちなみにSHIOEIでは 「一度の衝撃・・・・」となっていまして 落とした場合でも 検査を受けるように奨めています。

アライが 更に凄いのは 転倒していた際にかぶっていたヘルメットは使えるか!?
なんだか 絶対駄目そうなのですが、アライでは 「弊社品質管理課まで事故の状況説明と共にヘルメットをお送り頂き、再使用可能かどうか検査を依頼されるか、新しいヘルメットをご購入ください。
※ヘルメットの検査自体は無料です。。。。。」
とのこと。 SHOUEIは ご相談下さい ということのようです。

http://www.arai.co.jp/jpn/faq/fq_top.htm#q4

ちなみに 3年というのは アライでは SGマーク (製品安全協会の被害者救済制度)の有効期限(ヘルメット着用開始から3年)を目安に、お買い替えをお勧めしています とのことで 保険が付くから と言うのが真相のようです。 「お勧め」だからです。

さてさて ところが・・・・・ 全てのメーカーでそうかどうかは また違ってくるはずです。
規格も違いますし 私が感じたのは 合成樹脂に限らず全ての物は 経年変化を起こすからです。
なんだか またまたオーディオとも関係してきますね。 アレニウスの定理とか(汗

さてさて 実は プラスチックってかなり劣化するのをご存じですか?
たとえば ポリプロピレン。ヒモなど薄いものですと 数年でボロボロになり、埃のように分解してしまいます。 もちろん ポリエチレンのように何十年経っても問題無いような物もありますが、品種によっては問題ありそうですよね。

さてさて 普段会社で使っている 保護帽はどうなんでしょうか? 気になりました。ABS樹脂製です。

一般社団法人日本ヘルメット工業会(JHMA)や有名どころのミドリ安全さんなんかを参考にしますと

ABS、PC、PE製(熱可塑性樹脂) 異常が認められなくても3年以内
FRP製(熱硬化性樹脂) 異常が認められなくても5年以内
装着体 異常が認められなくても1年以内

ということで やはり樹脂の耐用年数に関係があるようです。
前述の リード工業 バイクヘルメット ジェット CROSS CR-720 は
本体:ABS シールド:ポリカーボネイト
ということですので ミドリ安全さんのところから推測するに 3年ですね。

アライの場合は 主原料は グラスファイバー。 天井部などには更に違うものが追加で使われて入るみたいですが、まあ 全体的にはグラスファイバーを使用した 熱硬化性プラスチックで固めた FRPのようです。そう考えると 前述からだと 5年。

まあ 素人が勝手に推測した部分もありますが、アライが 文面からは寿命は3年とは言っていないことを考えると 最低でも5年は持ちそうな気がします。どうだろうか!?

さて 他社には無い SNELL規格を前面に押し出しているアライの凄いところですが、一応参考のため調べてみました。かなり古いデータですが(汗)昔バイクを乗り始めた際調べたのですが・・・・

いろいろ調べていたら有りました!
----------------アライより抜粋
スネル1975年規格が施行されている。規格は構造と試験方法とからなるが、中でも最もシビアなものは、衝撃吸収テストでいかなる場合にも加速度は300G以内という極めてきびしい数値を採用していることだ。
・・・・
 テストの際の衝撃エネルギーの大きさは、ちなみにJIS第2種レース用規格の約2倍・・・・
----------------

調べたのは 1975年・・・ と書かれていますので 5年ごとに厳しくなっているということのようで現在では M2015です。これからすると 少なくとも あまり古い物は安全の為にやめた方が良いですね。

まあ 寿命等に関しては、私が個人的に調べただけなので 実際にはメーカーに良く確認した方が良いです。

と言うことですが、自分の経済状況や使用方法に上手く合わせて楽しく安全に バイクはもちろんですが、仕事などでも安全のためと、気分的にもしっかりと寿命を知って安心して ヘルメットをかぶろうと思った次第です。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XSR900 クイックシフトキット 取り付け [車・バイク]

XSR900 2018年モデルは MT-09などに装着されている クイックシフタがキット(Q5KYSK085J01)で用意されているので取り付けることができます。当然 配線やコンピュータの設定もされていますので 取り付けて認識させるだけです。

ヤマハのウエブによりますと 

※ QSS(Quick Sift System)とは
シフトチェンジリンクにシフトスイッチを取り付け、クラッチを切らずに素早いシフトアップを可能にするシステムです。
シフトスイッチがシフトアップ操作を検知すると、ECU演算で瞬間的にエンジン出力を補正し、噛み合っているギアの駆動トルクをキャンセルしシフトアップをサポートします。
アクセルを戻さず、クラッチも切らずにシフトが出来るため、元々レース用として発展したシステムですが、公道においても疲労を低減することが出来るため、市販車にも採用が広がってきています。
トレーサー用の本商品は公道使用での利便性に配慮し以下の仕様が織り込まれています。

速度20Km/h 以上、エンジン回転2300rpm以上でかつ加速中の三条件が揃った時のみ作動します。
シフトアップ操作時のみ作動します。シフトダウンには対応していません。
クラッチを握っている間は作動しません。
-----------------------

ということですが、これ 前述レース用として絶大な意味を持つのですが、通常は不要と思います。
なにしろ 街中ではアクセル開けたままシフトチェンジするほど 忙しくすること無いからです(汗
というか クラッチでシフトチェンジをしないとバイクに乗っている気がしないので面白くないです。車も同じで 次回買うときはクラッチ付きかな なんて思っているところです・・・が バイクで満足かな。
山坂道でも まあ 山ですから 頻繁にガンガンシフトアップすることはありません。最高速度は高くても60km/hですから・・・

・・・が しかし 仮に不要でも 新しい技術は試したくなるんですよね(爆)
高速に乗るときの加速車線だったら低い回転数だったら雰囲気やサウンドは楽しめますし、普段乗りでも 少し使えます。あと 疲れた時にクラッチ操作が大幅に少なくなります。
まあ そうは言っても普段は使わないとは思いますが・・・・(無駄な投資か・・・)

ということですが とにかく 付けてみました。いずれにしてもコンピュータも待機しているわけで(汗) なんだかついていなくてはいけないものが無いような気がするので・・・・

まず 
1、取説をじっくり眺めます 。取り付けができるだろうか?・・・ ではなく 純正部品ですから絶対に できるはずなのですが、問題は調整(笑) 最近はコンピュータですので 失敗するような面倒なことになると嫌ですから 特に設定をよく読んでおきます。特別なことは無さそうで安心しました(汗
https://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1202/item/Q5KYSK085J01

2、部品をオーダーします。
YAMAHAで確認すると クイックシフトキット Q5KYSK085J01 19,440円(税込)/ 18,000円(税抜)となっていますが・・・・・

実は YAMAHA Y's gearからは個人では注文できませんので いろいろ探して 安心して買えそうな Webikeにて注文しました。メーカー品番】Q5K-YSK-085-J01(Q5K-YSK-085-J01) ¥17,884

3、バイクを分解しておきます。

基本の殻割? なんだか パソコンのCPUの改造でも殻割というのがありました(笑) コネクタが見えそうも無いのでとにかく分解しました
QS1.jpg
コネクタの位置、構造など 部品が来たらサッサと作れるように把握しておきます。

あまり巷に書いていないこととして プラスチックファスナー
整備している人ならわかっているとは思いますが、一応。。。 真ん中を押すと外れます。はめる時は 真ん中が出っ張っている状態にして はめてから 真ん中のピンを面一まで押します。

タンクはカバーになっていますので 落とすと ゆがんだり傷になるので、プラスチックのパーツを剥がす際には気を付けてゆっくり外します。 私は一人で行いましたが友人に抑えていてもらうのがベストです。

4、部品到着で 内容確認! これ大切です。
QS2.jpg
※XSR900(2018モデル)に装着する際は、ブラケット・リフレクタ(BS2-85132-00)、ボルト・フランジ(95022-06025)、ワッシャ、プレート(90201-082P2)が必要となります。
とありますが、取説には MT09TRAに取り付ける場合下記の部品は使用しません。とあるので 日本語の意味から(笑) 多分付属していると考えました。結果しっかりと キットに付属していました。
(注文する際には 付属していることが記載されていましたが念のためです)

5、取扱説明書を見ながら組み立てます。
このキットには リンクの長さ調整用のナット2ケは含まれていません。つまり 最初にオリジナルのものを分解しておかないと、仮組ができません。一つは逆ネジなので無くさないように注意が必要です。

QS3.jpg

6、取り付け
注意点は コネクタがタンク下にあるので、そのままでは手が入りません。見えるだけで 防水カバーすら外すことができません。
QS4.jpg

タンク後方のネジを外してタンクを持ち上げ、コネクタに接続しやすいようにします。何か柔らかいものを挟んで持ち上げておくと作業はしやすいです。私は プラスチック容器を挟んでおきました。
QS5.jpg

7、配線の引き回し
難しかったのが XSR900の場合の専用のステーです。この取り付けですが、ネジが長いので 下の部品に当たってうまく入らないので、ホース自体をあいているところまで少しずらしてボルトを入れ込みます。 こんなことですが、下手に力任せにやって壊すといけませんので、結構大変でした(汗
まず 構造把握をしておくのが良いですね。

見えにくいですが、これがそのボルトとステーです。
QS6.jpg
写真を撮って気が付きました! ねじれている・・・直さなくちゃ

8、ネジ締めをして元に戻します。
QS7.jpg

9、設定
まず最初にコンピュータに QSSが装着されたことを認識させないといけません。
取扱説明書によると シフト操作を保持したうえで メインスイッチを入れ 10秒後にシフト操作(押し付けているのを)を解除することで 認識するようです。
心配なので 時計の秒針が50秒になったところで スイッチオン(笑) ・・・で 0で ペダルを離す! さて どうかな!? 
おおっ! QSランプが付きました。 まずは一安心
QS8.jpg

10、動作確認

 試乗!するしかないですね。
3000回転ほどで試しましたが、うまく動作しているようです。
しかし 思ったよりいい感じで、確かに失敗が無いので、簡単でシフトが速いですね! 当たり前か(^^;
変速時から立ち上がる音がギアごとに一定なので ホント気持ちが良いです。
MT09より少しショック(カツンという感じ)があるようですが、センサの触るタイミングが関係しているのかもしれません。257.9±1mm ということで、何度も測りましたが、中心というのは感なので その辺で1㎜程度狂っているかもしれませんが、しかし アクセル開けていてそのタイミングでコンピュータが操作しているので こういう感じで正常なのかもしれません。今度 MT-09で比較していみたいと思います。

しかし ハイパワーなのでいくら 回転数は低いとはいえアクセル開けているのは最初は怖いですね~
まあ 使う機会はほとんどないと思いますが(爆) 有るべきものが ついているという感じでの安心感? と満足感! は 価格の比ではありません(笑)なにしろ たった 20000円ほどで純正品の最新の技術が導入できるのはうれしいですね。

ちなみに車もバイクもいろいろいじりますが、仲の良い車やさんがいたり、いとこがバイク屋さんなので 最終的には点検してもらっています。安全にかかわるところなので、自分でいじったら点検はプロにしっかりとしていただきましょう。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オーディオとタイヤ? [オーディオ]

オーディオとタイヤ? カーオーディオ? と思われるかもしれませんが、まあ お聞きください。

さて タイヤですが、一時期 空気ではなく 窒素ガスを入れるというのが流行りましたよね。
どのくらい効果があるのだろうかという思いで 私は、自家用乗用車には 導入していません。
・・・で 昨日友人からそんな話題が出ましたので、昔考えたことを思い出しました。

さて
というのは そもそも 空気は窒素が約80%近く含まれていますので残りの20%強をどうするか という話になるわけですね。
そう考えると 言うほど対費用効果が無いのでは? と考えた次第です。

実際は ほとんどわからないとか そういう感じですが、最近再度調べたら 販売しているとこでさえ 分からない ということが書かれているものがあり、この販売店は正直だなあ なんて思いました。

もちろん効果が無いわけではなく、特に 窒素ガス用に作られたタイヤでレースをする際などは 効果があるようですね。また 敏感な人なら フィーリングが変わったことに気が付きそれが心地良ければ、その心地よさとの対費用効果となるので これは金額では決められませんから良いと思います。
私のことを言うと 少なくとも今はレースや自動車競技は行いませんし、街中を 30-60㎞/hで走ることがほとんどなので その対費用効果はものすごく悪い・・・・ いや それより無いというのが実情だと思います。競技をやっていた時も そういうことより 腕とかタイヤそのものの性能やアライメントなどのほうがタイムに影響しましたので 全く考えてもいませんでした。窒素ガスを入れても タイムが劇的に縮むわけではないからです。F1などの世界で全てをやりつくした際には そういうことも考えられるのだと思います。

・・・・・で 本題です。
オーディオではどうでしょう!? これも なんだか窒素ガスに似ています。
ところが ちょっと異なるのは、価格的にタイヤの窒素ガスとは異なり、多くの場合オーディオを突き詰めていきますと価格的に高額になりますよね。
そうなってきたとき 良い音を追及するという立場でいうと 近道なのは 対費用効果の良いものを主に導入していく ということがあげられると思います。

製造会社では非常に大切な クオリティコントロール。QC といいますが、皆様聞いたことがある人も多いと思います。
その中で 非常に大切な道具が「パレート図」になります。

パレート図とは、データを項目別に分類して、大きさの順に並べた図になります。
オーディオで例えると 効果がある順番に並べている状況を考えると想像しやすいと思います。

つまり 自分にとって重要な項目を抽出することができます。

さてさて そういう時、前述 対費用効果も考えなければなりません。趣味や仕事では当然だと思いますが 同じ金額をかけるのだったら どこが改善効果が大きいか 
これは 少し難しいのですが、金額の考え方は 同程度の とか 多少大きくても効果の多い ということも含まれますので、基準が沢山あるので本当は難しいのですが、自分なりに考えてみるといいです。

一例として 分かりやすいものを言いますと

1、50万円の機材に 5万円のケーブル
2、5万円の機材に 50万円のケーブル


1と2 のどちらが より良い音質になると思いますか? もちろん 正解は無いのですが、一般的には 1と感じます。
というのは 機材は アクティブな電子回路ですから、お金をかければかけるほど性能は一般的に上がり アンプで10倍も金額が異なりますと その性能差は顕著に出ます。

ところが 2の ケーブルは、コストパフォーマンス云々があるとはいえ さすがに 10倍も差があると機材の性能が良くないので ケーブルで音質が仮に変わってもその差を感じる度合いが少なくなってしまいます。特にスタティックなアイテムは変わったことがわかりずらいです。
大きく変わるという人もいらっしゃいますし、良いものは確かに良いのですが、業務では そういうことをしないことからわかるように 一般的ではないですし、効果の大きさ つまり 絶対的な変化とそれにかかる費用を考えるとそれほど良い選択ではないはずです。

こういうことを 自分の評価基準に従って ある意味 その変化をパレート図化して考えてみると機材は選びやすいと思います。

ただし、楽しみ方は人それぞれです。5万円の機材を何とか 10万円 20万円の機材と同じ音にならないか ということでいろいろ行う楽しみ方ももちろんあります。そうなると 同額程度までは アクセサリに投入しても面白いかもしれませんね。
また アクセサリではなく そのものを変えていく改造でよく言う話なのですが、 10万円のアンプを改造で 100万円のアンプと同じような音質にするのは非常に難しいです。
軽自動車を使って F1と同レベルにしたい という感じ(絶対的なレベルは違うので例えればということです)に似ています。 そもそものベースが違うわけでこれを いじって何とかするより大抵は 目的のものを買うほうが遥かに安価です。楽しみは抜きにして 対費用効果があまりにも悪すぎる という感じになります。ベースがそれなり だからです。

改造も 金額的には同程度までが良いのではないかと思います。車でもそんな感じでした。
ベース車両を買って それと同じくらいかけるとかなり凄い競技車 つまり勝てる車になりました。もちろん 腕やメンテがある場合です。
ただ ベースが悪いと どんなことをしても、ベース車両の良いものに勝つにはかなりの投資が必要になり コストパフォーマンスは悪いと感じました。そういう部分がありますと あまり楽しくないのでワンメークとかカテゴリ分けするのはそういう意味も含まれると思います。 

最近思うのですが、究極の性能を求めますと ごまかし やアクセサリでは絶対に到達できない世界があります。そういう場合は やはり計画を練って投資額に見合った最高の性能アップをしたいですよね。

ということで 梅雨ですし 外で遊ぶ機会もあまりないと思いますし、夜はリラックスしながら そして お好きであれば お酒でも飲みながら オーディオの改善案をじっくり練ってみてはいかがでしょうか? 
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

先生で決めよう? 教習所 [車]

大型バイクの免許、友人が感化されて 今取りに行っているようです。
この後取りに行く予定の人も近くに 1名います。
・・・で 若くないので 危険というような思いを抱いている方も多いと思いますが、少なくとも バイク屋さんのお客様や私の友人や周りで バイクで事故を起こした人は皆無です。若いときに コケた とか 事故った という人はいますが・・・・統計でも 圧倒的に多いのは 16-39歳です。それ以上は非常に少ないです。
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info52.pdf
流石に経験をたくさんしますと危険性は若いころより格段に学習していますので無理はしませんし、安全運転を心がけている人が周りには多いです。

高齢者の車と異なり そもそも 車で問題となっているような高齢では大型バイクはあまり乗りませんので事故率は少ないのでは?と思っています。統計でも 二輪全体ではかなり低いようです。 少なくとも 私の回りで70とか80歳超えなどで大型バイクに乗っている人はいません。乗っていないので事故はもちろん聞いたことがありません。 当然 車や原付の高齢者は結構います。田舎では車が無いと農業もできないなど 必需品だからかな?

 バイク事故は悲惨ですが、その多くは どうやら制限速度を超えたスピードのようです。大型バイクなど分類した こういう統計って なさそうですね。なお事故だけでいうと 30Km/hを超える速度違反では、制限速度以内の速度で走行している時に比べ、致死率が約 25.1倍だそうです。
ということで 違反をしている場合は もちろんですが、そうでない場合でも囲われている車のほうが安全なのは間違いありませんね。 バイクは車に比較して危険なのは当然なので、とにかく 少なくとも制限速度を超えたスピードを出さないことが 良いですね。

さて やはり気になるのでどんな感じで進んでいるか教習所の話を聞きました。 
まあ 皆さん思うのは 「下手になった」 「緊張した」 というような話できっと自分と同じ感覚ですが、話を聞いていると どうも 自分が通った教習所と 感じが違うぞ・・・と

前回 「先生のいうことを聞きましょう」 と かなり書きましたが、その教習所は なんでも よく教えてくれない とのことです。(劇汗)
違いをざっとまとめると

1、うまくいかない部分を尋ねるチャンスを与えてくれない
 つまり うまくいかないところのコツを教えてもらえる場がない
2、マンツーマンで教習してくれない
つまり 人それぞれ課題が変わっているので 集中して教えていただけない
3、コースが混みすぎていて走れない
当然乗っている時間は少ない

など 私が通ったところと全く逆。かなり感覚が違いました。 これは 問題ですよね。
というのは そもそもせっかく免許を取るのだったら しっかりと基礎を覚えて 一発で合格したいですし かつ 免許取得後は安全にバイクを楽しみたいからです。

ということで 教習所選びは 直近に そこに通った人に雰囲気を良く聞くのが良いです。
先生も変わるでしょうし、そもそも 先生のバイクテクニックは関係が無く、「教え方」のほうが重要です。これは 勉強や仕事を覚えるということにも通じるものがありますよね。

私が通った教習所の先生。 全部で 3人に教わりました。最後の検定は別の人。つまり 4人と話をしたり 教えていただいたりしましたが、全ての人が

1、コツや抑えるべきところをしっかりと教えてくれる
2、教官は自分のテクニックを自慢しない(実はとんでもなく上手でした。まあ 仕事ですから当然ではありますが)
3、質問時間、つまり わからないところを聞けるタイミングを作ってくれる
(何か質問や気になる部分ありますか? 不安なところありますか? など毎回聞いてくれる)

という感じでした。もちろん 「優しい」ということではなく ガツンと言われる部分はもちろんありますが、ニコニコ 不安にならないように そして 全ての人が上手になって一発で合格できるように という意思が伝わってきます。例えば コースの覚え方なども教えてくれますし、間違えた時の対応もしっかりと教えていただきました。 実際に コースを間違えた人もいましたが、教えていただいたように 冷静に判断できたといっていましたし、合格もしました。
私も 安全第一 ということを聞いていたので、あまり他の車を待っているのもどうかなあ と思うような場面でも そういう場面の対処まで聞いていたので 教習車が近くにいる時は 慌てず、譲る意志を感じたりするまで ゆっくり待っていたり冷静にこなすことができました。

ということで これから免許を取りに行こうとしている人は そこに通った人(同じ種類の免許を最近取りに行った人)を参考にするのが良いです。 

ところで バイク選びは楽しいですし趣味なのでご自由にどうぞ なのですが、大型バイクをいろいろ乗った感想ですが、最近の大型バイク(SSは除く)はとにかく制限速度でも楽しく感じるように作られているようです。教習所などでの試乗会ではかなりゆっくりですが、それでも楽しいです。乗ったことが無い人はぜひ乗ってもらいたいです。なんというか やみくもに 最高速を目指しているようなものは少なく 6速で最高速度200㎞強ていどなので いわゆるミッションはクロスしておりスロットルをガバーッと開いて 最高パワーまで引っ張らなくても 小型 中型などとは異なる超強大なトルクで回さなくても子気味良く楽しいのです。自分の経験では レーシングカーのサーキット走行やラリー車のクロスミッションのような感じに似ていると感じています。絶対スピードは当然低いのですが、操作タイミングが速く似ているという感じですね。そもそも とんでもなく狭く かつ Rのとんでもなく小さく急坂な(コーナーで止まれば立ちごけの恐怖さえあります) 峠道や道路しか近隣には無いのでそもそもスピードは出せません(爆)少し前に話題にしましたがオフ車のほうが速い理由です(汗) また 車との流れに一緒に乗れ かつ 幅寄せや追い越してくる車も大きくなればなるほど圧倒的に少なく感じますので 安全です。 

ただし かなり売れているらしい SSですが、これは問題は多いみたいです。サーキットが近くにあればいいのですが、前述通り地元では乗る場所が無いです。高速道路はまっすぐですし・・・出せても100Km/h。先日 YZF-R1に乗る機会があったのですが、あえて 行かずに自宅でおとなしくしていました(笑)きっと良いとは思いますが、欲しくなって所有したところで乗る場所が無いので(汗) 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大型バイク試乗した~い!! とにかく大型二輪免許 [車]

なが~い 話なのでできるだけ単純に(笑)でも やはり長くなるかな・・・・

まあ 何かやろうと思うと どうしても免許の類が必要ですよね。
仕事でも 電気工事をしようと思ったら 電気工事士といった具合です。それも 最も高度なことをしようと思ったら 当然 二種より 一種とか やりたいことが、より高度になればなるほど難しい免許が必要です。
遊びでも EME 月面反射通信をしてみたいなあ~ と思ったら・・・・・・3級より二級。そして 第一級アマチュア無線技士の免許 と 落成検査を伴う免許状が必要です。

もちろん 二級でもできますが、他の国の人と比較すると(資格の優劣ではなく 純粋に同等に遊びたい )やはり どうしても最高峰の免許でないと うまくいかない部分が出てきてしまいます。

ということで バイク。 車であれば、昔は一つの免許で普通車であればすべて乗れたので良いのですが、バイクは別です。これが大問題。(ただし現在では 普通車はAT免許とマニュアルの免許があるのは皆さんご存知ですよね。4トン車なども普通では乗れなくなりました)

つまり バイクは 大型バイクに(いわゆる制限なし)乗りたいと思ったら免許が必要です。当たり前ですが(汗)乗ってみたいバイクが 大型免許必要だったら・・・頑張って取るしかないのです。 
ただし 敷居はかなり低くなって 今では昔と異なり 教習所で取れますので 何とかなると感じました。
結果 変な癖がついていない場合で、ある程度の力(コツも含め)があって、体に故障が無く、あと 最も大切な 先生の言うことをしっかりと聞いて実践すれば 一週間ほどで教習は終わります。(自分のことだけではなく 同時期の人も同じでした)

私の場合は 教習所を見に行ってから(入校式ではありません。どうしようかなあ です)免許を手にするまで 11日。行ったら 取りたくなってしまいました(笑)
本来 次の週からしか予約を入れられないのですが、 なぜだか 学校側が 空きを埋めたかったのだと思いますが、次の週の予約前に5時間も入れさせていただきました。結局 暇なときに 空きを待って 休みと フレックスうまく使って ガンガン入れて(笑) 
問題は 卒業検定で毎日やっているわけではなく 一週間のうち 2日だけ。 結局 乗っている感覚を忘れないように あえて  間があかないようにと教習が早く終わらないようにキャンセルをして検定の前日に2時間教習を入れましたので 実質 2日間空いてしまいました。 予定では教習は 1週間で終わりました。
要は 混み具合もあるのでタイミングですね。 ちなみに 同時期に教習を行なった近い年齢の人もいましたが 情報共有をして 取り組み方、質問や予約入れ方を工夫し無駄を省いて 同時に卒業検定に受かりました。同じく 10日ほどです。

免許を取りたいと思っている方にアドバイスですが、同時期に取った人と話をして 爺らしく頭を使って(爆)頑張りました。

1、基礎体力作り(爆) 爺にはきついので(- -; 結局体力無いと後で実際に乗るときに困ります(汗
ちなみに 同時期に取りに行った人も私の意見を聞いて 朝のランニングとちょっと出かける際には自転車に切り替えました。教習の時の動きが変わったそうです。もちろん ストレート一発合格。
私は 出張時の階段利用や 普段歩き、仕事では積極的に肉体労働(爆)、プチランニング(お買い物)、毎朝 毎晩の腹筋など(腰痛があると大型はきついです)。 

2、変な癖は忘れる
先生曰く ダメな部分の多いところは がに股(足のつま先が開く)、ブレーキやクラッチの 握り方、頭を傾ける、二―グリップ無(一本橋でも 足でバランスをとってしまう人が多い)などなど
。。。で 私は イメージトレーニングで 正確な方法を考えるだけでも、良い感じになりました。
私は変な癖は少ないほうだといわれましたが、オフ車でのアクセルでターンの癖がついていて クラッチを3本で握ってしまいます。あと ブレーキが二本~三本。よいしょっと 前輪を持ち上げたり急旋回などの時に どうしてもハンドルは握っていたいからですね。これを イメージトレーニングで 4本に変えました。最初は手が離れそうで怖いです(汗

3、できるだけ密に教習は入れる
日を開けると体が忘れます。人間 普段やっていないことは時間がたつと忘れてしまいます。 できるだけ毎日が大切です。間が空いてしまう場合は検定前には 乗ったほうが良いです。

4、先生の言うことを良く聞く
さすがプロで、ほぼ当たっています。 素直に聞くとそれだけ上達は早いです。
例えば スラローム。 アクセルでバイクを起こすと格好も良いですし 速そうに見え 結構多くの人がやっていますが、実は体重移動とハンドル切って ゆっくり目に曲がったほうが一般人にとって楽なのに早いです。実際に先生と皆で試して 全ての人が ハンドルでゆっくり曲がったほうが速かったです。皆さん 1秒 ~ 0.7秒くらいも速くなっているとのこと。自分にとっていい方法を見つけていただくのが良いですね。

5、不安なことは 先生によく相談する。
できない子のほうが親身になって教えてくれます。格好つけないことです。

6、体に故障が無ければ年齢は関係ないので(一応 若いころ中型二輪免許を持っていて過去に乗っていたことが前提の場合) 自分は鈍いと感じても落ち込まず頑張りましょう! 先生曰く ひどい人もいるみたいですが、そもそも 中型免許は持っているのですから 大丈夫です。人間です。思い出して 何とかなるそうです。

7、よく登場する 一本橋。 ちょっと長くなりますが、皆で話をして得た結論を。もちろん こういう方法もあるよ という程度ですが・・・

先生曰く。ダメな人は足でバランスをとる人が多いそうです。私もその一人でした。 足でバランス→バランス取れないので体でバランスさせようと軸がぶれ ふらふら(バイクではなく人間が)→落ちる になるそうです。実は自転車で止まっているときのように ハンドルでバランスをとる(イメージとしては微細な蛇行運転)のが有効です。 先生曰く わざと左右に小刻みに揺らすと 感覚がわかる ということで 実際にやってみると 確かに! と思いました。要は 蛇行運転しても落ちなきゃいいわけです。軸がぶれなきゃ普通は落ちないそうです。
中型など 8秒をクリアしているわけで、スピードがあれば落ちないのですから とにかく1/3~真ん中くらいまで行って スローにして ハンドル ゴニョゴニョと後ろブレーキ引きずりとハンクラで 降りる手前まで時間稼ぎ 危なくなったらアクセル開けて抜けしまえばOKです。中型と違いパワーで(笑)落ちる前に抜けられます。 秒数は かなり速いと感じても 8秒程度。真ん中以上はそもそも行っているので落ちることはなくなります。うまくいくと 最初はかなり速く行っても12秒程度にもなります。重量級バイクは動いているときは 超安定です。10秒にしようとして 橋から落ちれば これだけで不合格になりますのでもったいないです。秒数より橋から落ちないこと。もちろん 仮に8秒では10秒に足りませんが、減点されるだけでこれの減点だけでは試験には落ちないはずです。

以上 これからの爺ライダーの参考になれば幸いです。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エンジンとオーディオ [オーディオ]

さ~て 前回 やっとオーディオの世界に突入ですね といいたいところですが、実は まだまだ エンジンの話が沢山! え~っ!?

実は エンジンって オーディオに似ている? いや かなり共通点があるのです。
一例を言うと 「完全バランス」 まあ 私の言うところの コンプリートバランス。
(完全ではないのに 完全バランスと巷で言いだしたので 仕方なしに 違いを言いたいが故 コンプリートと言い換えました)

それは エンジンの振動にあります。まさにオーディオ!

前述 完全バランスは 直列6気筒エンジン がそうなのですが、まず バイクと人とのつながりなど話していきたいと思います。

バイクに乗っている人がみな口をそろえて言うのが

・風
・音
・加速
・造形
など など まだまだ沢山!
楽しさをいろいろな表現で表すのですが、まあ オーディオに似ていますが 技術的にも似ているのです。

エンジンの構造で 現在沢山あると思えるのが 単気筒、2気筒、3気筒、4気筒、6気筒、8気筒、12気筒かな・・・・・
エンジンは トルク、パワー なども関係しますが、実は 振動や音にもかなり大きな関係があります。

一例を・・・・

単気筒 は ドッ ドッ ドッ 4気筒は フュイーン みたいに感じている方が多いと思います。
どちらがスムースか? と聞いたら それは 4気筒でしょう! と答える方が多いと思います。 一回転を(正確には4サイクルなので 2回転) 沢山爆発したほうが スムースなので イメージ通りです。まあ バイクに限らずエンジンは 振動を楽しむこともありますので、振動の有無が性能を決定しているわけではありませんので とりあえず原理みたいな話としてとらえてください。

さてさて では 3気筒は!?  前述から行くと スムーズさでは4気筒でしょう! と答える人が多いかもしれません。 あまり多くないエンジンなので、軽自動車を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。 そう考えると なんだか 気筒数が多いと 高級で滑らかみたいに感じますよね。


さて

ところが! 実は 振動と滑らかさなどの関係はちょっと違うのです。

細かなところは 多くの解説ページがあるので見ていただくとして 結論を言うと

エンジンで 非常に問題となるのが 一次振動と 二次振動

一次振動は クランクが一回転するごとに ある 基本的な振動。 単気筒がわかりやすいのですが ドッ ドッ ドッ でくる振動ですね。 オーディオでいうと 基本波 みたいなものでしょうか
二次振動は クランクが一回転するごとに2回起こる 微振動みたいなもの。ハンドルが ビーンと揺れてしびれる あれです。

さて 単気筒より4気筒がなぜ優れているかという一つの答えが この振動にあります。

バイクで多い 直列4気筒エンジンは 1-2 と 3-4が逆の動きをし、打ち消しあって一次振動は無くなります。 これが 大きな振動が来ない理由ですね。なんだか バランス伝送の受けたノイズの逆相打消しみたいな感じですね。まあ エンジンは自分で発生していますが・・・

ところが 二次振動は 180度ということで 4倍になり振動がおきてしまうのです。 
ビーン となって 手がしびれるあれです! なんだか オーディオの歪 いわゆる 偶数次の高調波
みたいですね~
さてさて ところがですよ! 3気筒エンジン。 実は 一次振動も二次振動も 起こらない構造なのです! 

ヤマハの3気筒エンジン車に乗ったときにまず感じたことが 「ロータリーエンジンみたい」 の自分の感想はここから来たのかもしれません。 正直なところ 3気筒エンジンの経験は KAWASAKI 250SS(高校時代の友人が乗っていました) と SUZUKI GT380 (誰のか忘れましたが乗りました)
ただ 当時は 様々な経験が薄く 速い! すげ~ くらいの感覚しかなかったのですが、いまは いろいろ乗りましたので雰囲気がわかるようになったからだと思いますが、そう感じたのです。
4気筒のイメージでは 滑らかですし 音を聞いた印象からすると 3気筒より4気筒がスムーズに感じますが、振動からすると ちょっと異なるのです。(^^)

ただし 3気筒も欠点があって エンジンの 左右のバランスが保たれていないので 歳差運動 をして 左右に揺れてしまいます。バイクでは 左右の揺れは致命傷ですよね。
そこで バランサーというものがあって それを打ち消す重りを搭載しています。
それで 歳差運動を打ち消すことが可能です。ただし 余分なものを付けるので パワーロスします。でも ヤマハの たとえば MT-09 などは 116馬力もあるので(汗) パワーでは 実用的に問題ありません。

さてさて 直列3気筒エンジンは 一次振動も二次振動も無いのですが、問題は歳差運動でしたよね。
これを解決するには 2倍にすればいいというのは よくわからなくても気が付くところかもしれません。そうです! 6気筒にすればいいのです。
一次振動も二次振動も歳差運動も起こさない つまり 余計なバランサーもいらない 6気筒!
これは 完全バランスといわれているようです。素晴らしい! 車好きの方には 一度は乗っていただきたい 直列6気筒エンジンです。シルキーシックスともいわれるくらいです。 

あっ! では その2倍は!? フェラーリやランボルギーニなど有名な 12気筒ですね。もちろん 素晴らしいです。以前 BMWの12気筒車に乗りましたが 素晴らしかったです。ただ よく不調になりました(汗) 故障率は部品点数が増えると当然大きくなりますので 頭で考えると まあ壊れやすいかな と・・・ なんて 数学的にものをとらえるのは フィーリングを大切にするエンジンからすると野暮な話かもしれませんが・・・・

ということで まあ 最も小さく簡素で かつ バランサーで解決する手段のある 3気筒は超魅力的なエンジンだったのです。

バイク搭載という観点から見ると 用途から妥協が多分に入りますので
1、小型
2、低振動でスムーズ
3、低回転でも高トルク
4、比較的高音質
みたいな 感じになりますよね。

もう一度言いますが、 しかしながら3気筒は やはり「妥協の産物」かもしれません。 できれば 6気筒が・・・・・
完全バランスが・・・・ という 妥協無し を乗ってみたいです。
ただし バイクでは用途が 人の足の代わりになるわけですから 超巨大で重く取り回しが悪いのはちょっと・・・ となりますよね。ひらひら感を求めるバイクで人間の操作するパワーには限界があるからです。
しかし 振動無 という観点から 究極を求めると 6気筒かな・・・ どうせハイエンドで究極を求めるのであれば やはり 完全バランス オーディオにもかなり通じますね。

マシーンやオーディオ 結構通じているところがあります。

PS: 実は YAMAHAの 4気筒エンジン クロスプレーン(不等間隔燃焼)というのもあって、通常の直列4気筒とはことなるものもあります。
これは 乗っておかないといけない と感じて試乗会に行ってきました(爆)以前 お話しした通りです。
また MT-09などの3気筒エンジンは その特性を最大限に生かすためと思いますが、マグネシウム合金ヘッドやスリーブなしのシリンダーなど 単純かつ高性能に仕上げられているようです。  


 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XSR900ハイレゾ録音 [オーディオ]

いろいろやってみました。YAMAHA XSR900 エキゾーストサウンドです。

DPAT-Proレコーダー で 24ビット96KHzで録音しています。
クロックジェネレータは 高音質水晶。マイクプリアンプはM-AUDIO OJI Special 改造 

コンプレッサー、リミッター無 なので 最初は音が小さいですが、ピークは大きいです。
ただし ピークは全く潰していませんので、実際に聞こえている感じより 弱く感じるかもしれません。ただ 音質は 実際に聞いているのと同じ感じがします。

ステレオ録音です。 約1mくらい上方です。マフラー近くでは無いので ほぼ聞いている感じと同じです。


これは アイドリング時の FFT解析です。
低域によった音作り?になっているようで 20-100Hz がかなり大きいですね。低域を出すセッティングかな?
100Hzを超えると 約20dBほども 小さくなっていて15KHzくらいまではだらだらと音が出ていますが、音楽と比較するとかなり 広帯域の楽器っぽい波形です。

XSR900_FFT_IDLE.jpg


これは 5000回転ほど 少し回したときです。
アイドリング時と全く変わっています。 大きかった 100Hz 以下は 15dBほど下がり小さな音になって、変わって 300Hz 以上で約10dB以上、多いところで約20dBも上がっています。 つまり回すと 低域がなくなり、中高域へ音域が移動するわけですね。おおむね 20KHzくらいまでは 音がありますね~ まあ 回すわけで、機械音は高域に移動するわけで 当然といえば当然ですが、40KHzでも数デシベルは動くので 音は かなり広範囲です。
もっと 高周波音はマフラーで消されていると思いましたが、結構出ているのでびっくりしています。
 
XSR900_FFT_acc.jpg

ちなみに このブログの都合上 MP3しかお聞かせすることができませんが、 ハイレゾをきちんと再生すると 音はまた違います。

今度 デモしようかなあ・・・・・

PS:新車の為 空ぶかしは 4000rpm前後まで 止めています。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XSR900 ハイレゾサウンド? [オーディオ]

久しぶりに オーディオの話題です。

というか 実は バイクの話をしながら オーディオの話題にしたかったのですが、とんでもなく時間が過ぎました。まあ バイクの話題だけで 沢山ありすぎて楽しく書けてしまうんですが、本当は違うところに振りたかったんです。

それは 音。

排気音や走行音、メカ音ですね。

あっ! ところで、バイクはどうしたの!? みたいな積もり積もった話もあるので、その話は 後でお伝えします。

さてさて

音! 興味があって聞いてみたかったのですが、動画などでもきちんとしているなあ と思う動画は無くなかなか難しいのです。 いわゆる 本物と似た同じ音 というのはほぼほぼ 無いですよね。
おおよそ わかるものもありますが、いろいろな映像ファイルの音を比較して こんな感じかなあ と推測しながら 本物を実際に乗って 確認するみたいな形です。


さて 今回 YAMAHA XSR900 116PS仕様 の 3気筒はどんな音がするのだろう? と気になるバイク大好きな方も多いと思います。4気筒マルチの音は まあ CB750などで普通に聞くことができると思いますが、私のところではYAMAHAの3気筒は見たことがありません(汗)つまり 音は聞くことができません。
結局 動画ごとに音がかなり異なるので仕方なしに。。。。 いや 聞きたくて(笑) ヤマハの販売店に出向いて聞いたのですが(爆)MT-09SPしかなくて・・・・ 実際は XSR900とは 音が違いました。

やはり そこまでしなくても雰囲気聞くことができないかなあ なんて思ってしまいます。

その昔 グラチャンマシンのロータリーの音や、ルマンテスト走行時の ロータリーの音。若いころびっくりした750RSの音、高校の前で欲しいなあ と思いながら聞いたCB400Fの音など 結構音に関しては思い出があります。あっ! 最近も フェラーリなど自分でアクセルを操作して聞いたサウンドはドキドキしました。
また ヤマハ FZ1フェザー 逆車をお持ちの友人は 「エンジン音は楽器で音楽」そして 「YAMAHA は 上手」とも言っていましたが、確かに 心を揺さぶる音がします。

やはり 好きな人には 形や音が気になると思うのです。
形は写真で本当の微細な色合い以外は おおよそわかりますが、問題は音です。 これは 現在 アマチュアがビデオなどで普通に録音する機材では いろいろ自動的に加工されてしまうので 本当の音に近いものはあまりないと思います。

そこで コンプレッサーもリミッターも無い音は どんなふうに聞こえるのだろうか!?
それも ハイレゾで録音したら・・・・・
あっ! 音楽録音に使うプロ用のマイクで録音したら・・・・

まあ 無加工できちんとした設備で録音したものだけでも気になりますが、一流のミュージシャンが一流のスタジオで録音するときに使うマイクを使ったらどんな音になるのか?
近接で 楽器用のマイクで録音したら・・・ など いろいろ考えることがあるのです。
MIC1.jpg
興味は尽きません。 これは自分でやってみるしかないと (爆

当初は 興味はありますが、面倒なのでミキサー使ってしまおうかと考えたのですが、そこでひと踏ん張り! やはり 単体でそのままできるだけ余計な機材を入れずに録音したほうが良いかと(爆)

 ガサゴソ やっています。

MIC2.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ついに手放しました [車]

ついに手放しました。 思い出がいっぱい詰まった RZ250R 1AR

RZR.jpg

当時はバイクが結構過激になっていった 最初の方ですが、カウル無が出たのですが、ひとめぼれしました。
1984年ころだと思います。34年前か・・・(汗

・・・で 当時は走るのがホント楽しかったです。もちろん スピードではなく 山に行って 走って 良い空気吸って、そして 温泉 入って お蕎麦食べて (汗) 帰ってくるみたいな感じです。

正直なところ レースをやるわけではないので本物でなくても良いですし そもそも下手ですが、先立つものが無い中 格好だけは最低限何とかしようと頑張った記憶があります(笑)

写真を探してみました。というのは 手放す前に写真を撮っていなかったのです。 (劇汗)
。。。で ガサゴソ探しました。ありました!
写真は 1986年夏ですが、当時 私は赤が好きだったみたいです(爆
というか 考えてみると買ったバイクはすべて赤です。今でも好きです・・・・・・・ 

バイク0_19860824.jpg

まあ 懐かしいですね。
この写真より もう少し倒すと ガリっと どこか擦ります。スタンドだったかな
今と違って タイヤもあまりよくなくて結構滑りましたし怖かった思い出があります。
雨の日は 最悪でした。
当時バックステップが流行っていたのですが、確かにステップはもう少し後ろでないと窮屈でした。でも お金が無くて買えませんでした。
こうしてみると マフラーが格好いい! (笑)
そういえば ヘルメットですが、この後 アライのRAPIDEに変えました。白です。

しかし 30年以上も経ってしまったのか・・・と。 時の流れは速いです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

13th ドリームセーフティーバイクフェスティバル [車]

YSPから試乗会のお誘いがあったので13th ドリームセーフティーバイクフェスティバルに行ってきました。

自動車教習所でおこなうもので、特典というか、

1,いろいろなメーカーのバイクを見てそして乗れる
2,大型バイクが普通自動二輪(中型免許)で乗れる(一応 適性検査があるようです)
3,飲み物が無料
4,食べ物がある(汗)
5,警察やレーサーのデモンストレーションが見られる

など 盛りだくさんで、特に 同じ日に異なるメーカーの車種を比べられるのが良いですね。
ただし スズキは今回無かったです。

B1.jpg

ということで 試乗は いろいろな思いで どうしても乗ってみたかった 下記4車種。
1,YAMAHA MT-10SP
2,KAWASAKI Z900RS
4,BMW R1200GS
5,HARLEY-DAVIDSON XL1200X
B2.jpg

まず YAMAHA MT-10SP。とにかく 市販としてはヤマハの最上位に位置するエンジンの一つなので 乗っておかないと後悔しそうで(汗 そして 自分を納得させるという意味もあります。
またがった感じは 大きいのですが、MTシリーズやXSRシリーズ同様 軽い! 転けそうも無い と言うのが第一印象。 水冷・DOHC・直列4気筒・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジンをかけると 思ったより ドコドコ感あり。ヒュイーン と言う感じでは無く 3気筒の延長みたいな感じです。クロスプレーン型クランクシャフトエンジンで滑らかだと思ったのですが、音自体はちょっと異なる感じです。
MT-09SP と比べると 半クラッチでの出だしを数回試してみましたが、かなり低速トルクが有り、こちらの方が断然楽に感じました。エンストするようなイメージが無いと言う感じです。半クラちょっとで スッ と前に出ます。

走り出すと 1000ccとは思えない ひらひら感があるのですが、安定もしていて 試乗はタイトなコーナーの連続でしたが とても乗りやすかったです。転けそう と言う気がしません。 アクセル通りに動くという感じです。前述 クロスプレーン型クランクシャフトエンジンで ギクシャクしないからかなあ なんて思って乗っていました。 ただし 出だしや アクセルがハーフやオン状態と違って 走り出してからのオンオフ時は ロー、2ndと力が有り余っているみたいで(汗) 町乗りは 面倒という感じで パワーありすぎてギクシャクしそうです。まあ お買い物用としては 駄目かな(汗

次はKAWASAKI Z900RS 大評判のバイクらしいです。 並んでいる人も一番多かったです。
乗った感じは 意外にも軽いです。足つきも良いし、座った感じも安心感抜群です。手を伸ばした位置にハンドルがあるみたいな安心感もあります。昔 750RSを乗った あの巨大な感じは全くありませんでした。
エンジンをかけると カワサキの あの並列4気筒エンジンサウンドで 心地良いです。
低速トルクもスムーズで エンストするようなイメージはありませんし、クラッチも良好ですね。
コーナーもスイスイで 900CCの大型バイクとは思えません。
これは 良い!! お買い物も安心して行けそうな感じ!

BMW R1200GS
あこがれの外車です(汗) 普段乗れませんから・・・・税込希望小売価格2,492,000円 んーん 乗らなきゃ損(汗

まず 見た目の大きさからすると どんな感じかなあ と思ったのですが、乗ったら やはり デカッ! ただ 思ったより 安心感有りますし、軽いですね。車両重量260 kgということですが、それより軽く感じるのは ハンドル幅が大きいからか!? 総じて 大きさに比べ軽く感じました。
空水冷 4ストローク DOHC 水平対向 2気筒 は ドカドカしそうですが、スムーズで非常に扱いやすいです。 1200ccとは思えない と言うのが正直なところで ロー セコンド ともに 非常に扱いやすかったです。ギクシャクしない と言う感じです。S字も アクセルでヒョイッ ヒョイッ と行く感じ。
これは良いですが コストパフォーマンスは悪いですね・・・ まあ 仕方ないというところです。 

最後は HARLEY-DAVIDSON XL1200X
実は ハーレーは 乗ったことが無かったので試したかったのです。48タンクは 私のイメージするハーレーそのものという感じ。
まずまたがった印象は 重いです。車両重量 252 kg でそれほどでも無いのですが、重圧感はあります。
ただ 足の位置が慣れていないのでちょっと私には 後ろブレーキ使いにくい と言う感じですね。(汗

スタートは とんでもなく楽! ドコ ドコの ドコ で出て行く感じ(汗
足を前に投げ出す感じなので スタート時は不安があり、両足付いていました(劇汗
半クラで ウイーン では無いです。イメージと同じ。さて 今回は 非常にタイトコーナーが続く試乗路のセッティングなので S字とか ちょっと乗りにくいです。 セカンドだと速すぎ、ローだと力ありすぎ。正直なところ 初めて曲がったときは うっ! と 転けそうなイメージ。 
ドコドコ となると外に膨らもうとしますが 倒れる感覚とアクセルで膨らます 釣り合いの その加減が難しい みたいな感じに私は思えました。 うって変わって ストレートの 2nd 3rdは 非常に気持ちが良いです。地面を蹴って進んでいく感じがよく解って 「あ~ 高速走ってみたいなあ」 なんて 思いました。
私としては 町中はちょっと扱いにくいかな と言う感じです。 試乗の最後のほうでは S字でちょっと ヒラヒラやってみましたが ドコドコのタイミングと上手く合わせると 気持ちよくヒラヒラしますね。 これがバッチリ合ったときは楽しいです。んーん 技術があれば楽しめそうです。
なれれば 良い感じになると思いましたが、パッと乗って 安心して乗れる物では無いというのが今回の印象です。所有しないと駄目ですね。

(追記: ニュートラルがとても入りにくかった。サポートする方に聞いたら、エンジンを止めて入れてください とのことでした。)

試乗はそんな感じ。
今回乗った 4車種の中では Z900RSが コストパフォーマンス含め良いと思いました。
次は BMW R1200GS

ということで やはり 自分に合うのは、乗りやすさと安心感、見ているだけでもワクワクするデザインの良さと ガツン! とくるエンジンのパワフルさで YAMAHAのXSR900が良いかな。

前述 エンジン音 まあ これが4気筒と言う感じの 心地良いサウンドと 扱いやすさ、昔の記憶の再現だったら 間違い無く Z900RS。低速トルクがフラットで 教習車のようで とても乗りやすかったです。下手をすると CB750より ローのアクセルオンオフでのギクシャクした感じはないかもしれません。 とにかく乗りやすかったです。
B3.jpg

あと レーサーによるデモンストレーション走行とか 白バイによる安全教室? もあって 非常に楽しめました。

あっ! 写真は取り忘れましたが、お昼のケバブは美味しかったです。

こういうイベントは あまり楽しめないのですが、今回はイベントをかなり満喫してきました。 久しぶりの休日! と言う感じでした。
  
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

法律と運転・・そしてバイク [生活]

なんだか愚痴を言うと ジジ っぽくかんじますが(笑) 結構友人などと話題になっていることが・・・・

それは キープレフトや 左方優先などです。
正式な名称は忘れましたが、最近法律変わったの? と本気で思いました(汗
免許取った人に聞いたりしましたが、あまり強烈には教えていないような・・・・なんだか 自分が変なのでは? と不安になったくらいです。

特に感じたのは 右折車が優先するとか(劇汗)、右折車同士なのに 右側の車が 我先に曲がる とか、中央線よりを走る車が多いと感じたのです。左に寄っている車は 皆無とも言えます。酷い車は 国道でも黄色センターラインをまたいで走っていたりまします。これは 明らかに違反ですよね。 

ということで 法律が変わったか 教えていないのでは? と思った次第です。

実際に自動車教習所の教官に聞いたところ 「えっ!」 とビックリされ 「変わることは無いでしょ?」 みたいな回答で 結局教官も 同じように 思い当たる節がある と言う感じの回答でした。

ということで 最近はなんだか 田舎でも危険と感じる事が多いです。下手をすると 都会では田舎のこのような危ない運転は あまり見かけません。 右側通行やセンターラインに近いと直ぐに事故になるからだと思います。そもそも教習所で右側よりに走ると 駄目ですよね(汗)、 しかし 横断歩道などでは 都会は止まる車はほとんど無いですね。これは恐いです。 人がいた場合いちいち徐行や止まると危ないとか 大渋滞になるから ・・・かな? ・・で 横断歩道渡っていても 全く止まる気配が無い事も多いので かなり注意しています。 

さて 話を元に戻し、一般道の普通の走行についてですが、田舎では車もあまりいないので、都会より運転は凄まじいです。
たとえば 駐車場などでは、右側通行して突進してきて、まともに走っているのが悪いくらいの勢いで睨み付けていく車も多くなりました。また 一般道でも これだけ アオリ運転が騒がれているのに こういう運転もかなり多いですね。

ということで ドライブレコーダー必須ですね。出来れば 前後用が良いかなと・・・ ちなみに 教官もドライブレコーダーを超お勧めしていました。今は 前方向だけなので、変えようかなあ なんて思っています。

というわけで 自分が思っているだけでは無かったと ホッとした次第です。

・・・で 問題と思うのは バイク。 田舎では前述のような運転が多いので、バイクは非常に危険に感じます。生身ですから・・

カモメカブ レストアしてほぼ一年。
地元では 10月~3月は 寒かったり 雪があり(劇汗)あまり乗れませんので、半年 と言う感じです。
まあ 気軽に乗れて 郵便局など近くまで行くのはかなり具合が良く経済的で良いのですが・・・・問題が。。。。

それは前述の「危険!」 を乗る度 感じるのです。
まあ 一番は 速度的に車と一緒に走れない事が原因の一つですが、そもそも 制限速度30Km/hの道路でも ガンガン 煽られ 追い越され 酷い場合には前が詰まっていても幅寄せし 斜めに止まったり まあ 恐い恐い。

前述聞いた 別の教官も 「50ccの原付は乗らなくてもすむのであれば 原付二種とか大きな方が安全と思うなあ」と言っていましたが、確かに と思いました。昔 原付一種から中型に変えて乗ったときに 凄く安全に感じたことを思い出しました。

ところで バイクの販売台数が減っているみたいですね。
教習も現在は 連続2時間以内とか 結構免許を取るためには、日数がかかりますが、法律も改正するような記事を見ましたが、原付一種ではなく 二種の販売を増やそうとしているみたいですね。
・原付一種とは違い2段階右折の義務がない
・法定最高速度が60km/h ということで 一般道では自動車と一緒
・安い維持費と自動車税で お財布に優しい(^^;

まあ 私は 原付一種より 原付二種、できれば 動力的にも車より上とも思える 中型 大型になればなるほど 安全では と感じました。流れに乗って・・・が出来るからだと思います。

ちょっと 原付はお休みかなあ なんて考えています。危険すぎ でも んーん もったいない・・・・
本当は 超具合が良いのですが・・・・
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

YAMAHA XSR900 赤は!? [車]

XSR900ですが、新色の赤(ビビッドレッドカクテル) が気になりました。
・・・が どういう塗装なのかカタログやネットではよく分からなかったので見てきました(爆)
タンク.jpg

写真ではこんな感じになりますが、とにかく綺麗でインパクトがあります。実在感があるという感じですね。
グレーは「マシーン」 と言う感じで非常にワクワクする感じ満載ですが、塗装では無くアルミタンクの磨きっぱなし と言う感じでこれがすこぶる良い感じ。
でも ずっと眺めていると 色が付いている方が良いかなあ と言う気分になりました。アルミは いつも仕事で眺めているからかな(汗) 特に 赤系統 というのは YAMAHAのお得意な色ですので、赤は自分としてはバイク と言う感じがして良い色なのです。
・・・・が アルミタンクを職人さんが磨いている と言う職人気質を見せているグレーも捨てがたいので、迷っていました。

そこで 実車を何とか確認したいと思ったわけです。

実際見たら・・・ あっ! シルバーのラインと思っていたのは 実はアルミタンクをそのまま出していたんです。クリアーがかかっているみたいですが、いやあ またまた 好きになりました。
これ 遠目には解りませんが 所有したら毎日見られるわけで、所有欲をかき立てられます。
これは まずいです(爆

さて実車なので 座ってみないといけない・・・ いやせっかく眺めに行ったのだから座らないともったいない(笑)
乗るのは ちょっと高い感じか? つまり 足を上げて乗り込もうとしたときですね。 一番転けやすいかも(汗)
座った感じは デフォルトでは 確かに足つき性は悪いです。日本人の平均身長では 足はきっと べったりとは行きません。180cm超えるか 体重が結構あるか、足が長ければ べったり付くとは思いますが・・・ でも乗った感じは倒れそうな雰囲気はありませんでした。
これは いろいろなレポートでかかれていることと一緒ですね。
プリロード調整で 若干変わるとは思うのですが、ちょっと 体重を よいしょ よいしょ とかけてみましたが、思ったのは結構柔らかい! これは 良さそうだと思いました。メタボ予備軍には最適!?
硬い硬いと結構レポートで書かれていたからです。まあ サスペンションが動作する速度に関係するので 停止していては、あまり解りませんが、思ったより柔らかい と言うのが印象です。
なおリアサスはプリロード調整が可能。フロントは伸側減衰量を右側フロントフォークのトップキャップで、マイナスドライバーで12段に調整可能とのことです。伸び側のみです。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

YAMAHA XSR900 よさそう [車]

YAMAHA XSR900 よさそうです(劇汗

あれから 評判をいろいろ見ましたが(大汗) なんだか 自分が思う 「バイク」 と言う物に関して悪い部分が無さそうです。(具合が悪い部分もバイクの味としたら)
しかし 登場から超人気車なんですね。バイクから離れていたので知りませんでした(汗

問題は 人間が 耐えられるか? みたいな部分ですが、昔みたいに ちょっと鍛えて おとなしく乗っていれば(笑)問題無いかと・・・・駄目かなあ・・・・

実際 RZ-250Rのように 頑張りたい と言うときはかなりの回転数になりますが、XSRでは3000rpm?程度も回していればなんとかなる みたいなエンジンで、逆に安全で アクセルだけでどうにかなりそうと言うのが、RZ-Rを乗ってきて今回XSR900に試乗してみた感想です。
半クラッチ要らないみたいな感覚です。もちろん 試乗した際の感想にも書きましたが 動き出してからはとんでもなくパワフルですが、問題はアイドリングだけくらいで スッと動かすのは エンストしそうみたいな感じですが、多分慣れれば大丈夫かと・・・試乗ではエンストはみっともないし 立ち転けの原因にもなるので(笑) 気を遣いました。

それと 2000m級の高原の急坂路に行ったとき、2ストはかなり元気がなくなりますが、トルクがある大型のバイクは逆に楽なのでは? とも思えます。400CCクラスしか試したことは無いのですが 昔 皆で遊びに行ったときはこれを痛切に感じました。ちょっと ボーっとすると 急坂路のタイトコーナーでは オフ車にも抜かれましたから(笑

あっ! そういえばオフロード車って結構速いですよね。特に道の悪い地元では オフ車の方が良いと感じています。実は オフ車を所有し 遊ぶのも夢です。でも もう 2スト無いし どうしようかなあ・・・

ということで XSRは所有したことが無い4スト そして 3気筒ではありますが、ネットで写真や動画を見ているだけでワクワクしますね(笑)

ちなみに いろいろ調べたところ(汗)MT-09SPで試したクイックシフトですが、クイックシフトキット は、2018年モデルからXSR900に装着できるみたいですね。
価格も それほど高くないので、まあ 慣れたら買えば良いかと思います。でも 仮に買っても使わないだろうなあ・・・ 速く走るのでは無く余裕で走るという方が安全で楽しそうです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

YAMAHA MT-09SP XSR700 試乗 [車]

試乗してきました。
いろいろ ネットで試乗レポートを見ましたが、どうも 知りたいことが違うようなので、実際に乗ってみることにしました。
試乗車は MT-09 SP と XSR700


特に 私が知りたいことは とにかく乗れるか(爆)みたいな感じ(大汗)
1,着座姿勢
2,エンジンフィール と 扱えるか(笑)
3、RZ-R乗っていたので 風をどう感じるか? 若くないので スローペースで腕が疲れるのはちょっと・・・・楽ちんが良いな
4,チョイノリするとき 楽ちんか? エンジンの扱含めてです。 まあ トロトロトロ と 3000回転以下で 乗るときの 乗りやすさですね。
XSR700.jpg
まず 安全そうな(笑) XSR700から

着座位置は 教習車っぽい 趣。 つまり 懐かしい 雰囲気満載。 ステップ位置は何も考えずに普通。とにかく 最初から何も考えずに乗れますね。あるべき場所に ステップやハンドルがあるという感じ。

エンジン音は まあ 4ストツインそのものですが、排気量が大きい分 250などのツインとはことなります。 ドコドコと言うタイプです。ドコドコ の ドで飛び出しそうな力強い感じですが、動き出すときは 思ったより迫力は無く 回す感じ。 つまり半クラ使います。
そのまま動く雰囲気かと思えばそうではないですね。

走り出すとCB750のような感じは全く無く まるで250ccですが、ひらりひらり の感じでは無いですね。安定しています。後ろに車がいなかったので 信号待ちで、ゆっくりにしてみましたが、安定しています。重量感も無いので 立ちごけは絶対に無い と思える安心感があります。

コーナーは マルチのようには行かず、ドコドコを感じながら曲がりますね。SR400みたいな独特の運転技術は全く必要が無い そんな感じですが、鼓動はしっかり感じます。

加速は 20km→60Kmでしたが 2ndで スムーズですし 力もあります。ツインを感じながら加速しますので好きな人には良いですね~。ギヤはすべてのギヤで ドコドコ感があり楽ちん。
それと 風が凄い! なんか整流されていないような風をグワッ と感じます。 後で気がつくのですが、これは バイクの素性のようです。

サスは 荒れている路面だとRZの様な懐かしい ゴツゴツがありました。
RZの飛び跳ねるようなフロントサスに慣れているので危険は何も感じませんでしたが、後でMTのサスの凄さに気が付きました。

ブレーキも 良く効きますし、全く不安は無いですが、フロントは初期が効きすぎるような感じがしました。でも 数キロの走行なので 何とも言えません。

MT-09SP.jpg
次は MT-09SP
着座位置は 特殊です。 前傾とは感じませんが 実は少し前傾 というか 自然と加速時後ろにもって行かれない と言うような感じで、フロントタイヤが近く感じます。
ただし 一応何も考えずに乗れます。

エンジン音は 空ぶかしは ヒュイーン と ゴーッと言うサウンドの混じりですが、乗ってしまうと 音はそう感じませんでした。当然4気筒とも異なります独特な物ですね。しかし 空ぶかし時は良い音がします。 爆音っぽく 「こんなにうるさくて良いのかなあ」 と思ったくらいです。

まず ノーマル。動き出すときは XSR700よりも排気量の差で楽ちんかと思いましたが さらに 思ったより迫力は無く かなり回す感じ。エンストするような不安を覚えました。 つまり こちらも半クラ使います。何度か乗ればすぐに慣れますが、1発目の感じはそうでした。

走り出すと 出だしとはうって変わってかなりパワフルでトルクがあります。 軽く こちらも まるで250ccですが、 XSR700同様 ひらりひらり の感じでは無いです。安定感があります。 こちらも 後ろに車がいない状態で 信号待ちで、ゆっくりにしてみましたが、XSR700同様安定していますが XSR700のほうが歩くようなスピードには やりやすい様な感じでした。

コーナーは ちょっと恐かったです。というのは パワーがあり 鋭角ではズルッと行きそうな感じですね。ただ ハンドルで回る感じは問題なく、切れ込んで行っちゃうという感じもありません。ハーフスロットル というか ほとんどスロットルを回さないで超スローは 難しく感じました。ゆっくり させる時 誰でも 初めてでも乗りやすいのは XSR700ですね。なんか 何も心配が無い という感じで MT-09SPはちょっと ドキドキ どうなるんだろう? みたいな感じです。

加速は XSR700 同様 20km→60Kmでしたが 結構過激で 一瞬です。Aモードでトライしましたが パワーがどうのこうのとか トルクが という思いを描いている暇が無く 2スト的な加速ですね。 ビックリ!
一瞬で かつ 音を聞いている暇が無い と言う感じでした(笑) グワ~ッ で終わりです。
回転数も見ることができませんでした(笑) 爆速! あっ! ちなみにどちらのメーターも普段は見やすいですね。・・で まあ パワフルさに関してネットでのインプレでは 普通にアクセル開けるだけでウイリーする位なので イメージは沸くと思います。

ちなみに モードは 乗り始め STD, 慣れたので Aモードで グワー と。 最後に Bモードを使って見ましたが 意に反して 普通は STDで良いですね。 同行した 店員さんも言っていましたが ツーリングなどで疲れて何もしたくないときは Bモードが良いですよ と言っていましたが正にその通りでした。正直 パワー有り過ぎでどうしようか? と言う心配が無い作りです。
アクセル通りに バイクが進む と言う意味では、逆に簡単です。もっというと そういう走りは XSR700は凄く楽でした。何速でも ドコドコ・・・ いや コトコトスルスル と言う感じで 走っちゃいます。ホント 何処でも コトコト という感じです。

クイックシフター は 当初危なさそうなので 止めておこう と思いましたが、結局慣れたので(爆) やってみましたが、ショックは結構ありますね。まあ 普段は不要。クラッチがとにかく軽いので 何でもいいや と言う気分になりました。 

ちなみに 40~50Km/h程度で 風の受け方が全く違うことに気がつきました。 カウルは無いですが、有るかの如く整流されている感じがします。 これは XSRとの大きな違いです。MT-09すばらしい!
乗っているポジションも 急加速時には XSR700はちょっと気合いを入れないともって行かれそうな気分になりますが、MT-09SPは 自然と前傾になりやすく、なんか良い感じ。昔のオプロード車っぽいけど 体制整えなくても勝手になる みたいな、ポジションに感じました。気になるのはタイヤの位置が近く感じて(感じるだけです)気になりました。

サスは XSR700で 荒れていると感じた路面は なめるように 何事も無く通過! これは 大きな違いですね。オーリンズ リアサス と カヤバ フロントサス で、流石メーカーなので マッチングも良い! と感じました。結構感動しました。スルー っと 通過しました。 

ブレーキも 良く効きますが、まあ このくらいの スピードで町中走るにはなにも思わなかった と言う感じです。


ということで こう書いても、乗る人によって感じ方は違いますので、ネットや他の方のインプレは参考程度で 是非自分で乗ってみた方が良い、と思ったのが今回試乗した直後の正直な感想です。

教習車のCB750は 多くの方が乗っていると思いますので それと比較すると どちらの車両も とにかく軽く楽ちんでよく走ります。
2ndでゆっくり走るのは CB750のほうが重さでギクシャクしない と言う感じくらいかな。
教習車と言うことも有ると思います。
XSR700は 風を感じすぎるので、チョイノリは良いかもしれませんが ツーリングでは。疲れるかもしれません。小さくても良いので風防試してみたいです。
MT-09SPの乗車姿勢は 慣れれば問題無いかもしれませんし 加速時などは非常に、具合が良いですが 前述のフロントタイヤが直ぐ下にあるような感覚を覚えますので 自分としては慣れるまで時間がかかりそうな雰囲気でした。

総合すると 私は XLR700のスタイルで MT-09SPのエンジン(笑)が良いかな~。
チューニングは異なるみたいですが XSR900が気になります(爆) もう少しトルクがあると完璧かもしれませんが、MT-10は高いしなあ~。まあ 少しでも動き出せば まったく問題ないですし~
カウルは付けてみたいなあ~ どうなるのかなあ~ なんていう感じです。
しかし 昔の 400ccより 乗りやすいくらいかもしれませんね。 これは ネット上のインプレ通りです。

街乗り 60Km/h以下の 初心者 心配の チョイノリインプレという感じです。

最後に 今のバイクは 乗りやすいですね~。 繰り返しますが 初心者でも安全に乗れそうです。アクセルをがバッとやらない限り問題なさそうですし、ホント 良く出来ています。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

RZ-Rの想い出 [車]

YAMAHA RZ-R  1AR。 TZRが出た年くらいにでてマイナーチェンジしたモデルと思います。
思いますというのは 昔の想い出(笑)1984年10月発売。51Lのノンカウルバージョンです。
当時カウル付きが流行っていたのですが、レーサー風なのですが 何故かハンドル位置が高い!
それにくらべ RZ-Rは  同じRZでも過激でした。まあ RZ350というモデルもあり、ナナハンキラーという愛称でとんでもないモデルもありあこがれていたのですが、流石にあれもこれも車検付きはちょっと・・・・

さてさて

それまで 私はYAMAHA 2スト 一筋で 原付は MR-50。MR-50で学生時代 都内も走りました~。おまわりさんにも 悪いことしていないのに意味も無く何度も止められました(笑)  そして その後 CS-180という ヤマハの2サイクルバイクをレストアして乗っていました。北海道一周もしましたし 私の青春かな・・・
本当は ハスラー400にあこがれていたのですが、流石に学生では買えません。そこで 安価なマシンのレストアというわけです。無い部品の代替え品を探してもらったりヤマハの部品センターには大変お世話になりました m(_ _)m
 
空冷2サイクル ピストンバルブ2気筒 ボア・ストローク : 50 x 46mm 圧縮比 : 7.4
最大出力 : 21ps/7,500rpm 最大トルク : 2.01Kgs-m/7,000rpm 5速ミッション
全長・全幅・全高 : 1930mm / 780mm / 1,085mm
車両重量 118Kg タンク容量 9L
タイヤ は F/2.75-18・R/3.00-18
最高速度 140km/h らしい 燃費 55km/Lらしい(笑) 本当かなあ?? あっ! 当時 東名も走りました!東名では 大型トラックに追い回されて恐かったです。 新車時の価格は 169000円らしいです。

パワーウエイトレシオは 5.62kg/PS となりますね~ これ 高速道路乗る度に ナンバー見られました。エンジンが2サイクルで幅が無いので かなり小さく見えるんですね。いつも 原付2種と間違えられて・・・

さて そんなバイクも 次のレストア大好きさんに引き取られ~

・・・で 車の時代ですね。 若き日に 従兄弟が乗っていて 一目惚れした SA22C RX-7を購入後 実は RZ250Rの姿を見て一目惚れしてしまいました(笑)
車を買ったばかりなのに RZ-R 速攻買ってしまった(劇汗
やっぱ バイクですね~ 
45PS/9500RPM、3.5kg-m/9000RPM おおっ CS-180より 2000回転も上がっている!
全長2095mm/全幅690/全高1070mm
乾燥重量143kg 価格¥399000
パワーウエイトレシオは3.18kg/PSとなります。
計算もしなかったですが 以前に比べ 2倍近い 増加!
当時250としては最高峰?だと思う 45PSで クイックな加速と音が良かったですね~ 2ストなのですが、2気筒でも パラ パラ というのはアイドリングだけで回すと 2ストの気持ちの良いサウンドになります。 やっぱサウンドは重要です。 とはいえ コーナーはかなり苦しんだ記憶があります。なんか 曲がらない・・・あまり倒すと ずるっと・・・
ひょいっ  ひょいっ  と曲がらないと言う感じの記憶があります。フロントサスも結構硬く 雨の日の 横断歩道のペイントの段差だけでも跳ねて恐かった記憶があります。
CB750のほうが 簡単にひらりひらり すると感じるくらいです。
そして上りの坂道や高速道路は良いのですが、普段は前傾で腕が疲れました。

当時としては珍しい 低い純正セパハン(他のカウル付きはハンドル位置が高かった) で、おまわりさんに何度止められたことか(笑) 勿論「純正です」 と言いましたが 取り囲まれて・・・ハンドルが タンク位置になる様なものだったので なかなか信じてもらえず・・・・・
でも バイクとしては良かったですね~ 制限速度でも 風になる と言う表現がピッタリの爽快感がありました。

それから ず~っと 所有していたのですが・・・・ なんと! なんと!

先月 お客さまとバイクの話をしていて 最近のバイクも気になり始めて・・・・ ふらっと ヤマハを探していると・・・・ YAMAHA XSR900 なんていうバイクをwebで見てしまいました。

2度目の一目惚れ!!! とにかく見た目が格好良い というか RZ250R 思い出しました。当時のRZ 見たときの感動と一緒!
もう 2サイクルの新車は買えません。・・・で 音が気になって(爆) そこで ヤマハのwebで音を聞くと! おおっ! 3気筒らしからぬ かつ 4ストロークなのに、ちょっと違うサウンドで またまた まずいです(笑

評価では ロータリーエンジンみたいな なんていう評価もあって ますます気になりました。

その昔 富士スピードウエイで私のチームのジムカーナ練習をしていたところ 偶然 ルマンの寺田さんのテスト走行をやっていたのですが、そのときのサウンドが凄かったです。 これぞロータリーという綺麗なサウンドで・・・ ということで サウンドも気になりました。 

これは 大問題ですね(爆
全長/全幅/全高 2,075mm/815mm/1,140mm
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ 直列, 3気筒 845CC
116PS/10,000rpm ついに1万回転か~ そして 100馬力超え!
車両重量 195kg なんか ナナハンより 軽いぞ!

え~と 1.68Kg/PS おおっ! 速そうですね。以前のRZ-Rの二倍近い(笑
大きさも 幅は20cm程広がりますが ハンドルの幅だと思いますので ほぼ同じ大きさ!
もう レーサーは要りませんので 普通のハンドルが良いなあ と思っていたので問題なし!

・・・でもパワーあるので爺には苦しいかなあ・・・・あっ! 爺モード!が付いている。
ABSにトラクションコントロール何でも付き(汗

ワクワクさせるなあ・・・・試乗車有るかなあ・・・・

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018春のヘッドフォン祭り [オーディオ]

春の恒例 ヘッドフォン祭り 無事終了しました。

かれこれ 10年も行っているんですね~
10年前は バランスヘッドフォンシステムは 国内には無かったように思えます。
ヘッドフォン祭りで 当時 OJI Specialで 展示していたのは、

OJI Special BDI-DC24 Custom バランスヘッドフォンアンプ
OJI Special DPAT-01 データプレイヤー
OJI Special DDAC DAコンバーター
ヘッドフォンは grado
1.jpg
まだ 一室のみ? みたいな感じで、まあ 現在からすると考えられないほど小規模でした。

と言うことですが、OJI Specialにとってみると 当時は 実は現在と ほぼ変わらない自社システムで構成していました。 というか 時代の流れと共に進歩してきたのが解るという感じですね。
たとえば 当時は 他社は ぼぼ100% CDプレイヤーが主流でした。 世の中では コンピュータを使うオーディオは超否定的でしたから仕方有りませんが OJI Specialでは 2002年以降 当然 パイオニアとしてデータプレイヤーを使うのは当然で今でも変わらずデータプレイヤーです。現在では、他社さんも 据え置きは勿論ですが、ポータブルも ほぼ全て コンピュータ利用のシステムになりましたね。
2.jpg 


さて 10年目となる今回は!?

1.jpg
OJI Special BDI-DC24B -G TunedⅡ+S  バランスヘッドフォンアンプ
OJI Special DPAT 764 Model 496 evoⅡ
OJI Special DDAC Unit Evo Ⅱ
ヘッドフォン -1 2nd generation

最近の定番 OJI Special TCSS2 Unit
2.jpg
デジタルオーディオは データとクロックを扱うわけですが、当然 クロックを考えていない再生は話になりませんから、最高峰とも言えるクロックを そして、同期も だ単にタイミング同期するのでは無く 再生に必要な 綺麗で理想的なクロックで時間軸を作り再生するという TCSS2 Unit を持ち込み再生しました。

さて 何年か前からは 逆に最もシンプルな構成ということで、アンプのRCA入力から、お客さまの使っているプレイヤーの ライン出力 で確かめていただくことも行っています。

OJI Specialの展示は 
1,現時点で考えられる最も優れたソースの 一つを確保し最高峰の音源の場合どういう音になるのか?

2,現在の音楽のソースとしては CDがほとんどですが、このCD音源の音質で どのくらいの再生音になるのか?

3,CD再生として 安価な家庭に最も普及しているクラスの再生でどうなるのか?

4,RCA入力でお客さまお持ちの DAPなどから LINE出力で聞いていただく

というような展示を行っています。

とにかく ヘッドフォン再生のための展示会ですから

1,ヘッドフォンでどのくらいのハイレベルの?再生が出来るのか

2,アンプでどのくらい変わるのか

を 言わば 物差しが有るような状況でお客さまに納得していただきたいと言うのが OJI Specialの展示内容になります。

良い音源や機材で 駄目な物を良く見せたりするのではなく、 一つ一つの構成機器を 正確にテストしていただきたい という思いです。勿論限界はありますが、もっともRCA入力で ご自身でお使いのヘッドフォンと音源ならほぼほぼ間違えると言うことは無いと考えます。

今回も多くのお客さまにお越しいただき本当にありがとうございました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -