So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

SuperMicroボード温度管理 [パソコン]

いやあ毎日暑いですね。

とにかく熱く、仕事も熱い! 
もちろんコンピュータもアチチ

Xeon も アッチッチ。

80 W の CPUが 2ヶ あの小さな(と言っても普通の2倍はありますが) ケースの中で ブンブン作業しているのですから 熱くなって当然ですが、最近 ついに ピーピー と警告音が鳴るようになってしまいました。
まあ コタツ弱で使っているくらいかな? 

今までは Xeonは あまり使わなかったのですが、Windows10への完全移行で、せっかくだから使おうとなったのですが・・・・

。。。で 果たして温度は何度???

一般ユーザー向けですと結構ユーティリティが入っているのですが、SuperMicroは 高価な? 遠隔モニタしか見つからなかったので ちょっとネット検索をして見たところ 良い物がありました。

HWMonitor

http://www.cpuid.com/softwares/hwmonitor.html

使って見たところ シンプル かつ ほぼ全てのハードウエアディバイスを検出しているので、なんだか 安心感があって嬉しいです。

エアコンは? と言われそうですが、人間は熱いのは まあ平気なんですが、エアコンをかけると結構涼しくしないと、逆に暑く感じます。 そうすると 暑いところとの行き来で具合が悪くなってしまいます。
コンピュータには 35度の暑い夏と 零下20度はかわいそうです(劇汗)

しかし 人間の冷却暖房装置は優秀ですね。

ところで 数十年前から Dual CPUは使っていましたが、当時は 高嶺の花でした。

最初に始めたのは Celelon DUAL。 その後 Pentium3だったと思いますが、直ぐに Xeon DUALに行きました。 これは 当時 Pentium2が 主流の頃でしたから 凄かったです。

大学の研究室向けに 高速化した改造コンピュータを納品したのもその頃です。
なんでも 計算結果を 死ぬまでに見たいので 少しでも早いコンピュータが欲しいということで オーダーを受けました。どうなったのかなあ・・・・

その頃私は 液体窒素冷却コンピュータの研究をしていて、結構楽しかったです。

通常 ヒートシンクとCPUの間は 熱抵抗を減らすためにシリコングリスを塗るのですが、液体窒素で冷却しますと、グリスがかえって邪魔になる様で、アルコールを液体窒素で冷やすと ゲル状になったのでそれを使っていたような記憶があります。そんな気がしました。

まあ 現在ではそういう研究はいろいろな場面で有効に使うことができます。 やはり極端なことを行うのは良いですね。

・・・ということで 現在では 少し古く3Gと遅いのですが、Xeon 4コアを2ヶ搭載した ワークステーションです。物理的に8個のコアがあります。 すこぶる快適。 遅いと思った事はありません。 i5も使っているのですが これは 何度か言っていますが、引っかかる感じが Xeonは殆どありません。i5は 引っかかる感じが偶にあるのです。Xeonすばらしいです。 まあ コア数は2倍ですが、そういう事ではなく キャッシュの共有化の問題のようです。 とはいえ 一般には ブラウズや ワープロ等では Xeonは不要ですね・・・ 




Windows10 上書きインストール [パソコン]

Windows10 7月29日 で 無償アップグレード期間が終わりました。
皆様どうされましたか?

私は WindowsXP と Windows7、を残して、メインは Windows10とWindows7 (別ハードディスク) そして CADなどは Windows10となりました。
CADは本来古いOSの方が良いのですが、 Xeon 4コア×2 では 新規インストールで いろいろやって問題無さそうなので Windows10にしました。

しかしながら 本来は 仕事用はWindows7のままが良いです。わざわざ仕事で問題無く使っている物を 問題を増やすことは無いからです。 あと 5年弱でしょうか!? パソコン本体が古くなりますよね。 次回 買い換えれば良い事です。 仕事用なのですから・・・

というのは 周りの人ですが、結構壊しているみたいです。タダほど高い物は無い(汗)

新しい=高性能 と間違えて覚えている人が多いです。 全部新しくすれば良いのですが、 OSだけ新しくしても ソフトウエアやハードウエアは古いままです。

さて前述の失敗の 理由は多分、「フリーのソフトウエアを入れている」 と言うことだと思うのですが、実施調査しますと、本人が気がつかないうちに いろいろな物をインストールしてしまっているようです。
中には ウイルスほど強力にブラウザなどを乗っ取るソフトもあったり、まあ酷いです。

フリーのものでももちろん良いものも多いのですが、そうで無いものも有り、この区分けが難しいです。 大手さんのフリーのソフトでも 余計な物をインストールするものも多いので気をつけたいですね。

さて そういうことで、事務用に使っているコンピュータですが、現在では Windows7 と 10を別に動かしています。
Windows10にした時の大きな問題は 
1,経理ソフトが動かなくなった
2,CADが動かなくなった
3,ビデオ編集ソフトがおかしくなった
4,電卓が動かない

と言う感じで いろいろテストしていたのですが、最終的に、上書きインストールを試してみました。

ネットで調べても 上書きインストールができる と言う表記がほとんど無く 大抵は
1,システムの復元
復元ポイントが無いと 復元できませんが、古い物は無くなってしまうことがあるようです。
動くところまで戻せないと意味が無いです・・・が 動くところが もとのOSだと これも意味が無いです。

2,コマンドプロンプトから 「sfc /scannow」 を行う
 ダメなら dism.exe /online /cleanup-image /restorehealth
これは 行ってみましたが 結局 私の方では不具合は治りませんでした。
特に 電卓は 他のアカウントでは動くのですが、いつものアカウントでは動かないと言う変な状況です。これが一番気になりました。 もちろん 再インストールでもダメなので OSが壊れている可能性が高いと思ったわけです。
しかし CADソフトなどは どのアカウントでも同じです。

と言うことなのですが、全部いっぺんに治すと言うことだと、WindowsXpでかなりお世話になった Rオプションは無いのか? ということで いろいろやっていたのですが、なんと そのままインストールすると アプリを残すか残さないかなどの設定が有り、これは! ということでやってみました。

結果は 電卓は治りました。
CADソフトは ちょっと変。
ビデオ編集ソフトもちょっと変

しかし 動作速度は 速くなりました。
まあ でも 本当は 何も問題が無い Windows7 Proかな。。。。。

まあ CADやビデオ編集はそもそも 高いマシンスペックの方が有利なので Xeon にて行うことにしました。 やはり 物理的に CPUは 個別に2個搭載で かつ キャッシュを共有しないXeonは アドバンテージが有ります。 また 4x2で 8つもコアがあると 遅いIO(アイオー)の代表のHDDの大量アクセス時以外は ほぼほぼ突っかかることがありません。かなり快適です。
瞬間最大風速的な CPUの速度 が同じ i5、i7と比較してもスムーズな動きは Xeonに軍配があがるようです。

ということで パソコンが おかしくなったときは 上書きは 最終手段として試すのは良いと思います。
ちなみに 私は Windows10 起動状態で ISOイメージを マウントしてそこから セットアップを起動しました。
もちろん 失敗したときのために OSはフルバックアップを取っておくのが良いです。
 

Windows10 [パソコン]

Windows10も 無償アップグレード期日が迫っていると言うことで、皆さんどうしようか迷っている方も多いと思います。
新しい物=より良い という図式は 一応ありますが、ソフトなどの場合は バグもありますし、OSですから アプリケーションその他の対応もどうなっているのか気になります。

仕事で使う場合 特に問題なのは アプリケーションの対応具合です。私の方は 経理関係のソフトで 非対応ソフトが上手く動かなくなり、仕方なしに 最新版を買いました。無償のOSのおかげで 出費が・・・・・(汗)

まあ あと 5年程度は Windows7でも セキュリティアップデートをしてくれるわけで 5年間有効に使える事を考えると パソコンの寿命との関係で 仕事の場合変えるのはリスクが大きいと思いますが 遊びの場合は気になりますよね。

そんな中 たとえば 総務省の電波利用の電子申請が やっと Windows10に対応してくれました。
今までは Windows7 や Windows10上で WindowsXPを動かして申請していましたが、少し安心しました。
ただし Egge 非対応で IEを起動しないとダメです。

そういえば 以前多かった 「Eggeでブラウジング中に固まる」 頻度がほとんど無くなったように感じます。 少しずつ改良しているのだと思いますが、以前 寝て起きたら 就寝中の自動アップデートで いきなり動作しなくなったアプリも有り、仕事で使う場合は まだまだ心配です。

今日は 植樹祭など行われますが、良く晴れていますので、良かったですが、 アマチュア無線の記念局の運用が急にキャンセルされたのは残念です。実は楽しみに予定していたのですが・・・・ ということで今日明日は 周り中、厳戒態勢で移動は困難なので まあ晴れていて外に出たい気分ですが・・・仕事日よりかな・・・ さ~て 仕事仕事!
 

Windows10 不具合 [パソコン]

新年を迎え皆様いかがお過ごしですか?
私の方は 元旦から、普段出来ない仕事を行っていて快調だったのですが、1月4日は 突然大問題発生で半日無駄にしました。

それは Windows10のアップデート

Windows7からWindows10ではなく、Windows10使用中の自動更新です。 いわゆる Windows updateになります。

現在 通常業務に支障が無いか Windows10で長期テスト中です。もちろん Windows7のシステムはそのままです。

。。。。で 問題は、仕事をしようと思ったらソフトが立ち上がらない・・・・ というもので いろいろ調べたら

Windows 10 for x64-based Systems 用 Internet Explorer Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3132372)

が悪さをしているようで これを削除すれば完了・・・ と言いたいところですが、削除をし、無事起動不能だったソフトウエアが問題無く動くことを確認したのですが、実はアップデートは生きているので、また自動アップデートで永遠とこれを繰り返されてしまうようなことになりかねません。

Windows10の仕様なので これには困ったのですが、 Microsoftからこれを回避するプログラムがでていました。
Show or hide updates

これを使う場合は 一度 インストールされた更新プログラムを削除してからでないと機能しません。
Windows7では 特定の 更新を表示しない にチェックを入れられましたが、Windows10では出来ないのですが、これを可能にします。

これで 無事ソフトは動くようになりました。

問題は セキュリティ上必要なアップデートですから、やらないのは大問題です。
つまり このプログラムを使って回避するのはトータル的には問題です。
危険な状態で業務を行うからです。

管理業務を行っている関係で 他社さんからいろいろ相談を受けることが多いのですが、まだまだ Windows10は問題だと思います。
 多くの企業が Windows7を使っていますが、こういったリスク回避と、使用しているソフトウエアのコスト削減(OSではなく アプリケーション)です。
あと5年はセキュリティアップデートしてくれるわけで 現状のソフトが動いているのであれば変える必要が無いからです。

私の友人の周りでは 一般の方がアップデートを行い 起動不能になった方がたくさんいるようで、治すのに苦労しているようです。そもそも非対応のマシンもあるのですが、Windows7側ではアップデートを推奨してアップデート可能なようにスイッチが表示されますので困ったものです。知らなければついつい押してしまいます。

追伸 最近のWindowsアップデートで動作不能だったソフトウエアは動くようになりました。よかった・・・セキュリティアップデートは必要なので、その間、IE使えませんでした(汗)
かれこれ1週間。業務を止めることはできませんのでやはり価値があります。 

F-Secure価格改定 [パソコン]

F-Secureの価格改定がされました。
と言っても トップページでは無く 購入場所での価格改定です。

トップページ価格を修正すると言っていましたが、今の一般的な価格で1万円以上は高いと感じると思っていたのですが やはり 4122円 3台1年間になりました。(^^;

F-secure_kakaku-1.jpg





以前は こちらで 10110円ですから 大幅な値引きになります。

F-secure2.jpg

買う場所での 台数などの選択はできないようです。

しかし 多分 間違いと思いますが、1万円以上で買ってしまった人は高く感じますよね。



F-Secureの価格 [パソコン]

F-secureですが、F-Secureに問い合わせてみました。

結論ですが、 WebサイトのF-Secure SAFE の価格が間違っているようです。

訂正するとのことでしたが、 親切に F-Secure Internet security の購入を勧められました。

ものすごく丁寧に対応していただき、心象は変わりました。

F-Secure自体はお勧めなので 良かったです。

ちなみに F-Secure Internet security は F-Secureのホームページからは買うことができませんので Amazonなどの パッケージ品を買うと良いです。



パソコンだけなら 最安だと思います。








F-Secureの価格がおかしい [パソコン]

F-secure あまり知られていませんが、非常に優秀な アンチウイルスソフトです。

これを今まで長い間使ってきたのですが、新規で更に購入しようとしたところ なんと価格がおかしい!!

表示は 3台のデバイス、1年 ¥4122
F-secure0.jpg
ところが 今すぐ購入 とすると ¥10,110
F-secure2.jpg
これはまずいのではないでしょうか!!

4122円だと思ってプチプチすると 購入画面になると いきなり高くなり 10110円

んーん 

安くて 超強力 と思っていたのですが、これでは・・・・

今まで絶対的な信用をもって使っていたのに・・・・・ Webページがおかしい と 思いたいです。

ちなみに こちらも

F-secure1.jpg

ギガ インターネット [パソコン]

ちょっとオーディオは一休み と言うことで インターネットでの ギガは有効なのか!?
と言う疑問が今まであったので またまた測定していました。

USENなどの測定では 以前の 100Mで いつでも40~50Mbps程度でした。
インターネットは サーバーの動作速度含めた トータル的なものなので もちろんこれでも問題は無いのですが、 ギガだったらもっと行くのでは? と言う思いで 実際の回線はどのくらいなのか? ということで ある程度きちんとした測定をしてみました。

きちんと というのは 回線が混んでいるときに、サーバーがしっかり動作したらどのくらいのスピードが出るのか? と言う感じです。
測定は Radish と Nuroで測定です。ちなみに USENでは 50Mbps程度でした。

夜11時前後は とても混んでいる時間帯です。
そこでテストしてみました。

結果

NUROでの測定  下り 86Mbps と 381Mbps  上り 470と 514Mbps
2度測定しました。

Radish Network Speed Testing
下り 218Mbps 上り216Mbps

これは 以前とほぼ同じ。

まあ 状況が変わりますが、おおむね 100前後~500Mbps くらいでている感じです。
と言うことは ギガにして正解と思っています。価格は100円しか違わないからです。
100Mでは 絶対に 100Mbps以上は出ませんので まあ 良いか・・・ という感じです。

さて 他の方の計測結果を見ますと 700Mbps以上と言うことも多いようなのですが、一番混んでいる時間で 100Mbpsでていれば まあ 今までの経験上、支障は無いと思います。

しかし 便利な世の中になったものですね。

たった 20~30年? しかたっていないのに 速度が 1200bpsからすると とんでもなく上がったことになります。ピージコジコ とやっていたことが懐かしく思えます。ISDNでも凄かったのに・・・・・


 

 


デジタルオーディオとコンピュータ [パソコン]

まあ 最近は 多くの製品が 少量多品種が当たり前になり、デジタルオーディオでは切っても切れない関係のマイクロプロセッサを使う商品が多くなってきました。というか ほとんどそうではないでしょうか!?
USB関連でも かなり多くの機材で使われているはずです。

さて そういうオーディオ関係だけでなくコンピュータやネットワークは企業にとってどうしても必要で、私も日々様々な研究やテストを行っています。

最近では インターネットを安定していた 100Mbpsのものからギガに変更しました。
なぜ今まで行わなかったかというと 安定して 40M~60M位出ていたからです。これですと普段の作業には全く支障がありません。
しかし 引いてある光ケーブルはギガ対応なのと、回りであまり使用していない様なので、ケーブルも機材も何もいじらずアップグレードできるギガは効果が有るのでは無いかと考え 重い腰を上げて(笑)申し込んでみました。 その価格差は たった200円です。

さて 結果ですが、 アライドテレシスの社内ルーターは 100Mbpsのものなので とりあえず振り切るか確認してみたところ あっけなく 100Mマックスに近い値が! おおっ!これは行けると言うことで 後で話をしますが実験用に組み上げた Xeonから ギガラインにつないでテストしてみました。
結果は 一番最初に測ったときが一番良く(笑) 下り400Mbps台 上り 200Mbps台 しかし 現在測ってみますと 上り下り両方 250Mbps位です。

いやあ これは 使えそうです。 実際のサーバーは遅いと言っても とにかく遅いよりも速いほうが何かと便利で サーバーからのバックアップファイルをローカルに落とすときや、他社設置のサーバーとのデータ通信はネットの速度を気にしないので 人間の心理に(笑)非常に効果絶大です。

kaisenn.jpg

まあ 実際には 常時50Mbps以上出ていれば問題無いと思いますが。。。。

と言うことですが、 いろいろ実験に使う コンピュータですが、久しぶりに Xeonを使いました。最近では 4コアは 当たり前なので、4コアのXeonを物理的に2ヶ乗せて 8コア稼働としました。 E5450 3Gです。
昔は 一般のプロセッサは 2つ以上のCPUを乗せることが出来ず、ものすごく高額なXeonを買って作っていました。 あのスムーズな動きは忘れられません。 
しかし現在では 安価に簡単に4コアなどが組めますので 私も通常は i5などを使っているのですが、実際にXeonと比較すると i5は いくら4コアで速くても 引っかかりを感じます。
これは キャッシュの共有をしているところが大きいと感じていますが 実際はどうなんでしょうか?
Xeonは 100%CPU負荷でも 新しいタスクを 遅いながらもスムーズにこなします。 i5では 引っかかりながら動作する こんなイメージです。

マザーボードは サーバーなどでは おきまりの SuperMicroですが、X7DWA-Nです。
LANポートは Intel を2つ持っていますし、そのままでも問題ありませんが、 試したかったのは SAS RAIDなので 実際に沢山のカードを積んで動くかも心配です。 その点 SuperMicroは 実績がありましたので今回も安心して テストしました・・・・が 実はいろいろありました。

それは おきまりの 3ware raid や LSI のraidなどですが、 intelのraidと相性が悪く まあ 沢山のものを挿してはインストールし、また挿してはインストールで きちんと認識するまでかなり苦労しました。

落ち着いたのは 
intel raid に OSを入れ 他のデータなどは  3ware(LSI)raid + LSI(SAS) Sil 3124など古いもので実験しました。SATA SAS などのraidカードは ハードウエアraid ソフトウエアraid 3枚 + オンボードインテル 搭載しましたが問題は無さそうです。

LSIが有るのに 何でIntel を使う!?  と思う人も多いかと思いますが、 SSD Raid5で実用上十分なスピードが得られたことと OS丸ごとバックアップの復旧が楽だからです。 Raidでなければ何でもいいのですが、ハードウエアRaidでも上手く認識してくれないとか カードを入れ替えするとか、さらにはスロット順番とかで OSの復旧が難しいからです。実験は簡単な方が良いからです。

インストールは ハードウエアRaidでもドライバーをインストール時に入れるだけですので簡単なのですが、復旧時簡単なツールでは上手くいかないことが有り面倒というわけです。

まあ 実験は手早くやりたいので SSD Raidの起動が速いのは嬉しいです。 数十秒です。

本来であれば Raid1(ミラー)が管理が楽で 良いのですが、今回は 3つSSDが有りましたので Raid5としどのくらい具合が良いか(笑)確認しました。ちなみに 全ての重要なHDDは Raid構成ですが、Raidは 専用HDDでないと壊れることが多いです。Western Digitalでは Redという Raid対応HDDが出ておりますが、これが 耐久性も高く安心です。 今のところ1年ほどの使用ですが、Raidでこわれた実績はありません。

しかし サーバーボードは動作しっぱなしが原則のようなので(当たり前か・・・) どうも 省電力という邪道?をやろうとすると 問題があるようで 現在いろいろ実験中です。

ちなみに OSは Windows8.1 Pro ですが、物理的な2CPUは 無印、 いわゆる 昔のOSで言うhomeなどでは 動作しませんので注意が必要です。

オーディオは まだ 試していないのですが、 とりあえず 古い Juli@を入れてみましたが、なんと Windows8のドライバーも有り インストールは簡単でした。

結構古いものでも 動作は良いので こういうものを選択してみるのも楽しいかもしれません。

銀行のオンラインは危険 [パソコン]

先日ニュースを見ていたら オンライン処理できる銀行の被害について報道していました。

まあ 今さら・・・ と思ったが 聞いていると、なんと自分で使っている銀行が(劇汗)
しかし 多分通常とは異なるプロセスで犯罪が起きている!?
それは・・・

現在 RSAキーが主流で いわゆる パスワードを1分ごとに変えている という認識のものですが、RSA というのは 暗号キーになります。

RSA暗号化は まあ詳しく説明しているととんでもない事になるので説明は割愛しますが、公開鍵認証と言って、素因数分解の難しさを利用した、短時間では解読できない 2つの鍵を使った暗号化で その難しさは特筆すべき物があります。一般のシステムでは破られないと言って良いと言うことです。

さて こういうものを使っているのに破られないわけは無いと思い、ニュースを聞いていましたら 

※ ウイルスを仕込まれ 自分のパスワードや 秘密の答え などを 犯罪相手に送っていた。

というものです。 仮にこれを行ってしまってログイン出来たとしても RSAキーによる認証を行えば 送金は出来ないはずです。 きっと RSAキーによる認証方式では無いものと認識しました。

ここで 問題なのは

1,ウイルスに関する対策
2,暗号化
3,操作者の対応

などの注意が必要です。

1 の ウイルスに関する対策は まだまだ認識が低いです。 アンチウイルスソフトを入れいていない人は まだまだ かなりいます。 これは 期限が切れている という事も含めてです。
もっとも問題なのは 被害に遭った人はアンチウイルスソフトを入れていたひとが被害に遭っていました。
つまり ただ入れるだけでは無く、その性能も問題になります。
また できれば 銀行系のところにアクセスしたら他の通信をブロックするようなものが良いと考えています。

2,暗号化は 絶対に必要です。 そもそも パスワードというのは聞き伝え出来るものなので セキュリティという面からすると 穴だらけ と言って良いと思います。 
現時点では RSAキーによる認証方式が優れていると思っていますが、そういうものを使っていない場合には 直ぐにでも、申し込んだ方が良いです。

3,操作者の対応

これが最も 重要で有り、問題です。
と言いますのは 画面に表示されたものを信用して 入力してしまう という事件は後を絶たないようです。
自分で 情報を漏らしてしまうのですから 大問題なのですが、これはなかなか防げません。

たとえば ジャパンネットバンクでは 「いつもの お取引のページ以外で突然 ワンタイムパスワードやIDコードの入力を求められても 絶対に入力しないでください」 と注意があります。
この いつものお取引・・・・ が難しいですよね。 というのは 偽装ページでの被害がものすごく多いようようです。 いつものページなので入力してしまうのです。

これと似たような問題としては 「システム移行時や顧客情報の確認などで 入力させられる」という事があり、実際に 大手さんの通販会社で 遭遇したのですが、別のサイトに飛ばす物がありました。
このときは その会社に確認して 本物 と解ったのですが、 それでも 私は入力することは拒否しました。

この会社は セキュリティというものに対して 認識がものすごく低い と言うことが解りましたし、かなり注意しています。

ただ こういう問題は 大手だから大丈夫 と言うものでは無く、ニュースでは散々流れているので知らない方は無いとは思いますが、皆様おなじみの 超大手さんは軒並みサーバーをハッキングされてクレジットカードなどの個人情報が漏れていますので 人ごとでは無いようです。

とにかく 個人情報を入力する画面では 

1,アドレスを良く確認すること
2,メールから飛ぶときは特に注意すること
3,プログラム的なメールから飛ぶことはさらに特に注意する (htmlメールやプログラム)
と言うことが大切だと思います。

htmlメールは以前かなり問題になりました。いくら対策してもまた次の手法をあみ出すのが ある意味技術です。ということで 私の場合 htmlメールはそもそも 解っているところからしか見ません。
本当は便利なんですが・・・・

まあ もっというと インターネットでのオンライン決済を出来ないようにするのも 最も有効な手です。
これは 冗談では無く、 会社での被害での判例では、保証をしてくれないことがあるようなので 少し手はかかりますが、こういう風にしておくのも手だと思います。


前の10件 | - パソコン ブログトップ