So-net無料ブログ作成
検索選択

バランスヘッドフォンの大きな誤解 [オーディオ]

世の中でバランスヘッドフォンが騒がれ始めてからかなり時間が経ちましたが、世の中の記事を見ますと大きな誤解があるようです。
2.jpg

良く書かれているのは、 「ブリッジ接続によるドライブ・・・・」ですが、これは 本当の意味でのバランスの利点を説明しているものではありません。
一般のアンバランスと バランスの大きな違いは 「共通インピーダンスがあるかないか」になります。また 距離が長くないと効果がないとか いろいろ言われていますが、全く根拠がありません。と言いますのは アンプを設計して動作させたことがある人ならわかるのですが、ほんの数センチのアースの共通インピーダンスがあるだけで 明らかに耳で聞こえるほどのハムやノイズが増えたりする事があります。そういう共通インピーダンスの問題は、本当はもっと語られなければならない問題なのですが、アナログ回路自体がだんだん少なくなってきてしまいましたし、世の中のオーディオに対する全体的な地位も変わってきてしまって あまり・・・いや 全く論議されないのは、本当に寂しい限りです。
ということで アナログ回路の共通インピーダンスに関して日々研究している人だいぶ少なくなったと思います。
アナログ回路の理想追求より 「売れる」と言うことが最重要課題だからです。まあこれは言わなくてもわかっていることですが、これが 実はフォーカスをぼかしてしまいます。なにしろ 本当は回路設計や基板設計などの最も重要な部分にも関わらず、全く宣伝効果がないですから・・・

さて これを理解する方法は無いのでしょうか? 実はだれでもイメージできる配線があります。 
理想的な配線を簡単にイメージする題材・・・誰でも普通に行っている配線。
10335698.jpg

それは スピーカーケーブルを思い浮かべてみましょう。 必ず左右別々に 2本の線で(計4本)でスピーカーと接続します。これは 何も考えていませんが 実は共通インピーダンスを排除しているのです。もっと言うと ツイターなどまで個別に配線している バイワイヤリングも一時かなりはやりましたが これもマルチアンプの場合などこれも同様です。
ヘッドフォンはなぜか こうなっていない・・・ 疑問を持つ人も多いですが、意味はこういう事なのです。

10335677.jpg

実は ヘッドフォンの中にはスピーカーと同じように 4本のワイヤーで接続しているメーカーもあります。プラグ部分で共通になっていますが、この場合ほぼスピーカーと同じ接続になります。これだけでも当然音は変わります。バランス接続にしなくても 試す価値のあるリケーブリングです。

balance4.jpg

ということですが 実はスピーカーの場合 いくらワイヤーを4本使っても 通常はアンプ内部のアース部分で共通インピーダンスを持ってしまいます。結果4本使いのヘッドフォンと同じです。電源のアースは共通だからです。これを打開(有利!?)するためには 2つの方法があります。

1,モノラルのアンプを2台用意する
2,ブリッジ接続で共通アースへの接続をなくす
(実際には回路設計で理想から外れたり性能が変わります)

もうおわかりだと思いますが、ここで初めて ブリッジ接続の意味が大きくクローズアップされます。また昔から モノラルアンプが音がよい と言われている部分の理由もここにあります。

モノラルアンプは、左右のクロストークがない と言うことをよく言われてきましたが、私が思うにそれよりも 共通インピーダンスを持たない と言う方が大きいと思います。
(ステレオアンプでも共通インピーダンスを極力持たない配線をすると言うことも可能です)

OJI Specialでは バランスヘッドフォンアンプはもちろんですが、D-AMPもモノラル構成で同じような理論で制作しています。

11月16日にはフジヤエービックさん主催のヘッドホンショー出展予定です。 中野サンプラザ15階で行う予定です。
共通インピーダンスのない音 聞いてみませんか!?  
バランスヘッドフォン。共通インピーダンスを考慮した回路であれば 大きな意味があります。前回のヘッドフォンショーでOJI Specialをお聞きいただいた方はわかると思いますし、様々なところで書かれている OJI Specialの完全バランスヘッドフォンシステムの評価の 「緻密さ や高分解能」は こんなところから来ている結果です。


お客様もビックリ! 超ダイレクトバッテリー+超ダイレクトアース [オーディオ]

超ダイレクトシリーズのレポートです。
群馬県から長野県のヤマトク自動車さんに 「超ダイレクトバッテリーの取り付け」について問い合わせがありました。
聞くと 「しっかりと付けていただきたい」ということで 本日お客様がわざわざヤマトク自動車さんに来られました。
連絡をいただいた私は・・・ 「久しぶりにお客様の喜ぶ顔が見たい」という思いだけで出かけていきました。

いつも思うのですが、なにせ 生まれて初めて合う人 との会話になるのですが、どういう訳か いつもすっと溶け込みオーディオ談義 車談義に花が咲きます。
なんででしょうか!? 結局 楽しい趣味なんでしょうね。趣味はこうでなくっちゃ といつも思います。

さて 装着は 超ダイレクトバッテリー プラスとマイナス 2ヶ装着。 プラス 超ダイレクトアース。実車はダイハツ
実は 開発中の商品も持ち込みました。

0.jpg


まずは 音質確認です。お客様二人で確認し、私の感想を述べました。きつい表現をすると「広域がザワザワ・・・」
お客様からは 「え~っ!」と言われてしまったのですが、高いレベルでの話です。多分 超ダイレクトバッテリーで良い感じになると思いました。この点も説明したのですが、お客様は半信半疑。

00.jpg
早速取り付けです。
超ダイレクトバッテリーはマイナス端子から装着していきますが、セキュリティシステム装着者なので特殊な方法でオンラインのまま装着します。さすがプロ!
要は 電源をオフにするとセキュリティシステムが動作してエンジンがかからなくなってしまいます。プラスマイナス二ヶ装着した後 ここで音質確認! お客様はビックリ!

その後は 超ダイレクトアース
03.jpg
超ダイレクトアースは 絶大な効果を発揮させるにはエンジンブロック。できれば ヘッドに近い部分がベストです。排ガステスタで測りながら検証した結果です。こちらもさすがプロ!しっかりとアースがとれる良いポイントを発見。装着。

またまた 音質確認! お客様は 「これは かなりヤバイっすよ!」と大喜び。
ギスギスしたノイズ感が全くなくなったとのことです。

さらに今回は お客様の了解を得て開発中の商品を津としてみました。

今回のオーディオは 安定化電源も装着してあるのですが このアースポイントが極太ワイヤーでシャーシに接続されていましたが、これを 開発中の商品で接続することにしました。

実は シャーシはひじょうにいん非常にインピーダンスの低い良いラインなのですが、接続ポイントが重要です。
溶接は 低インピーダンス だと思っている方も多いのですが、ミリオーム計(ミリオーム単位の抵抗値を測定する計測器)でスポット溶接間を測ってみると かなり抵抗があります。これでは駄目です。何十アンペアという大電流はミリオームでも電圧降下を生じます。
ということで 今絶好調のブレンドチューンの技術を使ったアースワイヤーをエンジンルームから社内まで通して装着しました。

05.jpg

06.jpg

08.jpg

お客様の反応は!? 
「いやあ 帰りの視聴が楽しみ!」という 変化でした。
私が視聴した感じは 今風のサウンドではありますが、中高域のざらつきが減り、低域も抜けが良く かつ柔らかい 自然な音に変化していました。これなら良い とかなりうれしくなりました。

その後は お客様と工場長と私でいろいろな話に花が咲きました。

いやあ お客様はかなりご機嫌!・・で私も お客様の喜ぶ顔 これを見ると また良い商品を開発しようという意欲がわいてきます。
今回は 音質向上 と言う目的で 超ダイレクトシリーズを使用しましたが、副産物!? として 燃費向上やエンジンフィール向上も期待できるかもしれませんよ という話で また盛り上がり お客様は ヤマトク自動車さんを後にしました。

メールくるかなあ・・・ かなり楽しみです。