So-net無料ブログ作成
検索選択

50MHz EME [アマチュア無線]

どの世界でもあることなのですが、計算で予め分かっている事、不確定な事があり、やってみるまで解らないことがありますよね。

オーディオでも分かっている事は 沢山あり、まあ 分からないこともあるので面白いですよね。

無線では 少し興味があることとして 1200MHz帯と 50MHz帯のEME通信があります。
ただし 1200MHzは 免許の関係で 移動しない局でも 10Wしか認められていませんので 相手が40dBとか とんでもなく 巨大なパラボラでも無い限り まず無理と感じています。

さて50MHzはといえば 落成検査無しで 普通に200Wの免許はもらえますし、 アンテナも何とか上げられる範囲になりますよね。 実際に 50MHzから EMEは可能ですので 興味があり、さらに いつも 50Mhz のAM通信をやっている局が 50MHz 帯の EME通信を・・・・ と言う話を聞いたので ますます興味がわきました。

現在所有のアンテナは 7エレ HB9CV。仰角ローテータはつけていませんので 水平状態ですが、月が昇りはじめでは それほどズレていないので何度か試したことがあるのですが、やはりという感じで 今まで 受信はできませんでした。

というのは ほぼほぼ計算で分かってしまうことがあります。

八木の7~8エレですと12dB~15dB程度。

現在使っている 144MHzのアンテナは 20dB程度ゲインがあります。 相手からの信号ですが、ビッグガンでは無い場合、たとえば 3波長以上 4本程度の場合、通信できたときの 信号強度が だいたい -21~ -27dB程度と考えると 現状だと 50MHz帯のEMEが成功する可能性は ありません。デコードできる SNを考えると 全く 余裕が無いというわけです。 2本にしても現状144MHz帯の半分以下ですから、かなり可能性は低いです。 数ヶ月で一局できるかできないか と言う感じです。


しかし それでも グランドエフェクト効果は多大な恩恵がありますし、相手がビックガン という運も有りますので、時間が有るときは狙ってみたいですが・・・

海外の局の 実例も見てみましたが、4本くらいまでが最高点かと思います。 4本ですと 5dB前後あがりますが、それでも こちら側が 最低スタックにし、しっかりとアンテナを向けてやっと? と言う感じだと思います。

確率的な話をしますと 430MHz帯ですと アンテナも小さくなりますし こちら側としては やりやすいのですが、やはり 世界に目を向けると144MHz 帯の局がほとんどなので 更新できる可能性はグッと減ると思います。

いやあ いろいろ難しいですね。

計算だけに頼るのはダメですが、計算して かつ 不確定な要素も考慮しても明らかにダメな物は どんなことをしてもダメです。

10m長 も有る アンテナを 何本もグルグルするのは やはり非現実的ですね・・・想像するだけで、できそうにも無い と思ってしまいます(劇汗) でも 直ぐにできないことなので楽しいのですが(笑)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。