So-net無料ブログ作成
検索選択

DDAC-Pro^2発進 [オーディオ]

DDAC-Pro^2発進!

世界最高性能と言える24Bit 96K DSD入力可能最新DAC chipを2ヶ搭載。あの原田光晴様絶賛のOJI Special DDAC-Pro使用チップ以上の最新チップを贅沢にも左右独立で搭載です。そうです。ダイナミックレンジは DDAC-Proの2倍になっています! だから DDAC-Pro^2!

完全バランス出力、 アンバランスをバランス出力出ししているのではありません。DACチップ内部で + ー をそれぞれ生成! 

プラスとマイナスが 全く同一の回路を搭載! 完全対称回路です。低域から高域まで位相まで含めた回路性能が全く同一となる可能性のある回路でバランス回路を形成しています。これ以上の方式は無いでしょう。

もちろん 左右 同一回路を完全分離別基板で搭載しました。 ケース内でもほぼ対称となるように配置。

電源回路は左右独立で全く同一回路で形成。超高速選別品のショットキーバリアダイオードで整流後、方チャンネルあたり 1万μFに迫る 大容量リップルコンデンサーで整流。そして安定化回路はDACとアナログ回路同一基板上でDACチップとアナログ回路に最も近くなるように配置。その距離最長でわずか数センチ!電源のパスコンは 1000μF*2 の大容量OSコンデンサーを搭載!

アースは 贅沢にも一点アース方式で完璧を目指しました。 

そして 全ての回路は、選別という手法で贅肉を極限まで削除! 使用ICは同一ロットでそろえ音質を確認の上、選別して使用している贅沢さです。

最集段は、スピーカーも鳴ってしまうほどのドライブ能力を誇る、超高速バッファーをクローズドループで搭載。伝送上のロスを極限まで低減いたします。

また接続ワイヤーは ヨーロッパスタジオで使用している物をチョイス。暖かくクリアーなサウンドは、メッキ無しの非編み線構造ダブルシールドの高SNが最新回路の性能を引き出しています。

某マスタリングセンターからの要望を一年越しで検討。もうこれ以上は考えられないという マルチビット方式のDACとして作り上げました。

エンゼルポケットさんのイベントで発表できるかもしれません。お客様の了解もいただいてありますので 間に合えば私がハンドキャリーします。間に合うことを願って今必死で最終調整等行っています。今少しずつエージングに入っています。実際に音楽を鳴らしながらトータル 5日間、約100時間のエージングの後出荷になります。

エンゼルポケットさんでは

DDAC-Pro^2 から コバルトクリスタルバランスケーブル 出し バランスアッテネーター を通して 完全バランスのDAMPで再生予定です。

つまり 真の意味で デジタルから 全て完全なバランスでスピーカーをドライブする実験となります。本当に楽しみです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。