So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

親睦イベント無事終了 [オーディオ]

親睦イベントですが、先日無事行いました。

いつも観光もイベントの中に入れているのですが、今回は、お客様の要望もあり、張り切って 観光は
1、松本城 2、戸隠神社 3、いつもの 温泉 と 和牛サーロインステーキ

と豪華? でした。

さて

pon3.jpg

松本城は 五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城。まあ 見ておいて損はないです。
というのは 最近耐震基準に問題があるということで、手が入る予定です。しばらく見学はできませんので 足腰十分なうちに見ておきたいですね。同行した一級建築士の方の説明も大変参考になりました。 理論はやはり大切です。

さてさて 足腰?なんで? となる方もいらっしゃると思いますが、見学は結構大変です。60度?くらいに感じるとても急な狭い階段を上り下りしなくてはいけません。お年寄りや足腰の弱い方は無理かもしれません。 
 
ところで 連休ということもあり 早めに・・・ ということで 近くの駐車場を一日借り切って絶対に車を止められるように配慮し、10時30分頃には松本城に入りました。
私たちは サッと中に入れましたが、降りてきたらすでに 大行列! よかった・・・・

早めのお昼を 近くの蕎麦屋でいただきました。

そのあとは 高速道路で一路 ぽんぽこの湯へ!

私は お肉と生ビールを 受け取りに行きました。

そしてロッジへ・・・ということで 毎年恒例の貸し切りロッジでセッティング

pon7.jpg

pon6.jpg

今回は クロックによる 位相実験 ということで ルビジウムクロックを2台持ち込み、DPAT プレイヤーと 8128MTCSSユニット それぞれ 10MHzを入れ試験です。

DPAT Seven64 Model 496-10 10MHzマスタークロック同期型 DPAT
ルビジウムクロック 2種類 8128MTCSS Unitにて クロック同期
DDAC Unit Ⅱ 完全バランスDC出力
M6 DCパワーアンプ 2台。

スピーカーは マルチウエイと シングルプラス スーパーツイター というセッティング。
スーパーツイーター は
パイオニア PT-R7 リボン ~100KHz
コーラル H-60  ホーン ~22KHz

まあ 結果は後日にでも・・・・

温泉なので お風呂は露天風呂 (屋根はありますが) もあり、景色を眺めながらゆっくり入りました。

そして 本日の夕食は 信州牛 サーロイン 350g。 食べきれないほどを・・・と用意したつもりだったのですが・・・・・皆さんペロッと食べてしまいました。味付けは USの岩塩か瀬戸内の塩 と コショーだけ。
pon9.jpg
まあいつも ブランド牛 の普段食べられない良いところを 調達するのですが、今回は ひと月前にお願いし、見つかったのは 数日前・・・ かなり苦労したようです。高級なものは ほとんど 都会に行ってしまうので 田舎ではなかなか調達が難しいようです。 まあ お金をかければそれなりにできると思いますが、 宿代、ビールや高級洋酒飲み放題、お昼など 全て込みなので大変なのです。もちろん参加費だけでは足りませんが・・・

ビールは ハートランド生! 事前に樽自体を冷やしており、冷却は ビールサーバー内は氷で行うので 外食で飲む生ビールの普通とは違います。もちろん業務用ボンベ。 いつもかなりおいしいです。今年は 一人当たり2.5リットル と 飲みきれないほど用意しました。もちろん 飲みきれませんでした(汗)でも 残ったのは  ジョッキ3杯ほどで ほぼ 飲み切りました。

まあ なんだかんだで 12時ころには就寝。 少し内容を話しますと
「音場に歪が無い」 といわれた 非常にクリアなサウンドです。クリアというと 高音がきついカチャカチャした味気が無いサウンドと思われそうですが、そうではなく 空間がゆがんでいない という中で鳴っている音 と表現すればいいのでしょうか!? 音質云々という次元では無いサウンドです。 なにしろ音は 音楽メーカーが作った音ですから どのソースでも、違和感なくそれぞれ芸術的に異なる音質で聞くことができます。
クロックが安定した 2日目朝は ものすごく落ち着いた、しっとりとしたサウンドであったこと報告しておきます。

今回は 台風が近づいているので とにかく早めの行動を心掛けました。
二日目のメインは戸隠神社。 奥社ですね。30分くらい 参道を歩くと思いますので、カッパも用意していただきましたが、なんと 雨が降っていなかったので 傘のみ持ちましたが失敗。 出発してすぐに雨(汗) それでも 大雨にならず、なんとか目的を達成できました。


pon4.jpg

参道は ずっと変わらずこんな感じで 見た目は圧倒されますが、心は落ち着きます。不思議です。

pon0.jpg

奥社は 雨ということもあり、かなり神秘的な趣でした。
重装備でなくても こんな雰囲気を感じることができますので長野に来たらぜひ行って損はない 場所です。

帰り際の山は こんな感じ。台風で・・・というより いい雰囲気の雨でした。
pon1.jpg

お昼ご飯は お決まりの戸隠そば

pon8.jpg
中社近くの ここの蕎麦屋はかれこれ 40年ほど前から行っているのですが、 何が良いかというと 暖かいそばなのに 腰があって しかし そばの感じがたっぷりな そばなのです。
暖かいおそばではイチ押しです。出てくるまでに 30分くらいかかりますが、来たときは 数人だったお客様しかいなかったのに その間に満席! やはり 早めの行動は得です。

ということで 親睦イベントは 滞りなく、かつ事故などなく行うことができました。

参加された方 ご協力もいただき誠にありがとうございました。







nice!(3)  コメント(0) 

元祖 続き [生活]

気になって 購入したのは これ!
フィッシュカツ2.jpg
徳島のフィッシュカツです。
NHKラジオでは 「有る方が」 と名前を伏せていました。 まあ NHKですから・・・・
そうなると気になりますよね。 元祖を買ってみたい! 食べてみたい! 
まあ ネット時代ですから 調べました。どんな物か解らないと調べられません。 練り製品をあげた物はラジオで言っていたので解っていたのですが、雰囲気不明ですし、かつ 元祖を取り寄せなければなりません。 まずは大手 ネットショップなどですが・・・ というか そこにヒットするんですね。 まあ おおよその見当を付けておいて いろいろ調べていると・・・・

目にとまったのが  津久司蒲鉾 有限会社 
http://www.tsukushikamaboko.com/

何故かというと 
1,価格が普通 というか 思ったより安い なんと 1枚90円!、かつ当日発送
ちなみに じゃこ天 一枚30円・・・勿論買いました(汗)
2,送料をしっかり取っている。かかるので あたりまえ! 安い方が何かあると思ってしまいます。
3,有限会社
後述

大抵 通販会社では 送料は 通販用に 価格に含ませたり 一部価格に入っているものが多いように思われるのですが、ここでは 商品は多分一般に売られている価格で 送料はしっかり区別していただいているという感じがしました。 まじめ と感じました。
そして 大抵通販では、一週間以内に発送とか 早くても 2~3日とか・・・
そんなに待てません(汗)思い立ったら吉日! 直ぐに食べたいですよね。  

そして 有限会社。 大昔は 株式会社が資本金の関係で大きい と言うイメージがありましたが、実は 有限会社は2006年の新会社法施行依頼設立できなくなりました。
つまり 少なくとも 10年以上営業を続けているわけです。
昔から 会社を興すと 3年で7~8割は潰れる と聞いた事があるのですが、 10年間持つ会社は ほんの数パーセントらしいです。 つまり 有限会社ということは 規模はともかく何か優れた面があって しっかりやっていると言うことです。

ということで 迷わずここで買ってみました。
後で気がついたことですが、 ここが元祖らしい!

ビックリしたのは 即メールが来て 直ぐに発送メールが・・・! 翌日朝には到着! すばらしい! 通販という買い物で 大手さん経由でも メールが来ないところがある中、まじめさが見えますし、こちらも安心!

もちろん 家族揃ってお昼ご飯に食べました。

こんな感じ。
フィッシュカツ1.jpg

ドンブリにキャベツをひいて上にどーんと乗せてみました!ソースカツ丼風です。

デカッ カロリー高そう! と思いましたが、この揚げ物。 なんでも 小麦粉や卵は付けていないそうです。 パン粉だけとNHKで言っていました。 すり身にそのままパン粉を付けているようです。 つまり 全体は それほど厚くは無いですし 小麦粉てんこ盛りでは無いのです。

まずそのまま! ちょっとカレー風味 味が付いています。このままでも十分という感じ。
NHKでは ウスターソースを・・・ と言うのすが、実は ウスターソースは私の好物! 
ちょっとかけると・・・確かに 昭和30年代のカレーを思い出す味!。 でも カレーっぽさは消えます。
でも 想い出として蘇ったのは むかし カレーにウスターソースをちょっとかけて食べたなあ としみじみ。
最後は マヨネーズ(汗) マヨラーでは無いですが、カツ やフライには マヨネーズ美味しいですよね。
これは ご飯のおかずとしては絶品(笑) 夏ばて振り切れそうな そんな食欲が出ます。

いわゆる ハムカツ風ですね。 その他では 味としてはソーセージのフライを挟んだパンがありますが、あのソーセージ風。あんな感じの味になります。ご飯いけそうでしょ(笑)
サンドイッチにしても 肉ほどしつこくなく 良い感じになるはずです。

ちなみにじゃこ天は 中にじゃこが沢山入っている そんな ツブツブ感があり、香ばしかったです。 自宅で作った 鰯のつみれみたい! 量産製品と違い増量剤(汗)が 自宅では無いので 小骨などでツブツブ感がありますが あれです。

まあ フィッシュカツは高級和食や 高級肉などの 雰囲気では無く、手軽にご飯お腹いっぱい食べられる そんなおかずと思いました。

あっ! 肉と言えば 今年のイベントでは 昨年同様 プレミアム和牛を狙っていますが、未だ見つからないそうです。んーん・・・
ご当地のプレミアム和牛は 都会にほぼ全て行ってしまい 超高級店に行ってしまうのでなかなか食べることが出来ません。もちろん 地元では売っていません。前回は 京都からA4 10キロ以上買い付けて 良いところを取ってしゃぶしゃぶにしましたが、今年はどうなるか!? 肉屋の腕次第ですね~ 楽しみです。

nice!(3)  コメント(0) 

元祖 [オーディオ]

まあ 元祖っていう言葉があるのですが、本当かなあ なんていろいろ思うことも多いです。
というのは 発明を行って特許などを出していると必ず気がつくのが 「世の中には同じようなことを考えている人が沢山いる」 と言うことです。ですから 特許などは先願優先になるのですが、オーディオに限らずどんな世界でも同じですね。

私は 今から35年ほど前に ハードディスクでは無く 固体メモリーを使った録音再生装置を開発しました。当時の 電子計測展で ロボットを使った計測器の自動調整装置として発表しました。

オーディオと何が関係あるの? と言われそうですが、完全に直線性がある ADコンバータとDAコンバータを搭載し、リアルタイムで処理で来ます。 つまり 計測用の基準値を出力し、アナログ値を取り込み その値を元に自動的にトリマーを調整するという形で その説明は サンプリングした音声再生で自動的に行いました。 全て一つのプロセッサでロボットまでコントロールし全自動です。 説明員として行きましたが 説明はする必要が無かったです(笑)
多分 似たようなことをやっている人はいたと思いますが、精密なオーディオが活躍した現場ですね。
そのときの音声は ものすごくリアルで、「中に人がいるんじゃ無いの?」とのぞき込んだ人が 何人もいたことが 実はとても嬉しかったのを記憶しています。

あれから 20年。DPAT-01  コンピュータを使ったオーディオプレイヤーを開発しました。
発表は 2004年の A&Vフェスタと記憶していますが、 試聴者は勿論、評論家の方がビックリされていたのを鮮明に覚えています。 そのときのDACは段ボールDACユニット。段ボール? 
プレイヤーの性能をアピールしたかったんです。何でそれほど開発時間がかかったか!? 簡単です。 装置が非常に高額だったからです。 安くするのに時間がかかったのです。前述の仕事ではコンピュータそのものも AD も DAも全て自社生産ですが、ものすごく高額になってしまいます。 今とは比べものにならないほどの高額さです。
固体メモリーでの再生はとんでもなく音が良かったのですが、コンスマー用に 作るには余りにも高額すぎたのです。個人が開発するのは 金銭的な面で不可能だったというわけです。

当時同時に出たのが apple社の ipod ちょっと似ているのはビックリですが BSD系のLinuxを使った超小型プレイヤーですね。(と記憶しています) 私は Windows。 売りは 勿論高音質! それを実現するために あえて コンピュータを利用し、完璧を目指しました。 バイナリ一致と高性能クロックです。
しかし DPAT発売と同時に、「量産すると価格が1/10になる」という 現実を見ました。
元祖って難しいんですが、とにかく 少なくとも近いことは行ってきましたが、現在では ほぼ100% プレイヤーと言えばコンピュータを使ったプレイヤーに変わりました。ネットワークオーディオと呼ばれていますが、もちろん DPATもネットワークを使って 再生できましたが、段々と利便性を求めて現代の方式になっています。 今では 音質よりもどちらかというと利便性に偏っていると思いますが、それでも あれほどダメと言われたコンピュータオーディオが世界に普及したのは間違っていなかった証拠です。

さて そういう元祖について・・・・・ 偶然聞いたラジオで ご当地の食べ物を紹介していたのですが、面白い逸品を紹介したいと思います。
これを書きたかったのですが、昔を思い出してしまい前置きが長くなってしまいましたので 明日にでも・・・ 


 
nice!(3)  コメント(0) 

おやき [生活]

田舎には独特?の食べ物があります。
名前が同じでも 違うというか そういう感じです。

たとえば 長野では「おやき」
母親がおやきを作ってくれました。もちろん 昔からの味。 ご飯の代わりに 食べてしまいました(笑) 

地元では スーパーでも 売っているのですが、ほとんど買いません。 理由は 買うとどうも味が違うんです。

oyaki1.jpg


外観はこんな感じですが、中身は
oyaki2.jpg

さて 20kmくらい離れると 別物になります。
何が 違うのかというと この場合 皮です。 私の地域では多くの場合 皮はモチモチで薄いのですが、肉まんのような皮のところもあります。 もっというと 「おやき」と言う名の通り 焼いてある物もあります。

中身は ベーシックなのは 甘辛い味噌を塗り込んだナス
うちは 家庭菜園ですが、とにかく 少ないスペースでも 時期になると 毎日 キュウリ、ナス、ピーマン、トマトのオンパレード。少ないスペースでもこの手の野菜はかなり収穫できるので 良いと思います。

・・・で その中で 採れたてのナスが余り(汗) こうなるわけですね。

そのほかには 野沢菜や切干大根、あんこ、カボチャのあんこ など様々なものが有ります。
どれも美味しいのですが・・・・・でも やっぱり こういう食べ物は 自宅の物が口にあいますよね~。

nice!(4)  コメント(0) 

サンノイズ [アマチュア無線]

今日は 太陽と月が非常に近い場所にあり サンノイズが凄かったです。

気が付いたのは EMEのアメリカの仲間が エクリプス! と大騒ぎしていたから知りました。
2017年8月21日(月) (日本時間22日(火))、です。 1918年以来の大イベントとなったようです。
いろいろニュースが出ていました。

以前はかなり 気にしていたのですが、太陽と月がほぼ同じ位置にあることは あまりなく 最近は全く気にしていませんでした。軌道計算では 太陽と月は ほとんど同じですね(汗)

さて 本日の Dgrdは0.9にもかかわらず 全くEMEはダメ。 自己のEcho も弱くダメかなあ と思っていたのですが、全くダメでした。。。。

。。で サンノイズですが、なんどか 測定して凄いことはわかっていたのですが、こんなにすごいのは初めてかもしれません。 なんかバリバリ言っているなあと 思ってはいたのですが、太陽から30度程度外すと ぐっとノイズが減り これはダメだなあと・・・・

デジタル通信なので 音声はほとんど聞きません。 画面とにらめっこです。 たまには 音 聞かないとだめですね(笑)

そう思っているうちに 豪雨! ゴロゴロ雷もすごいです。

アンテナ水平にして、今日はおしまいです。

自然相手の 非常に気の長い 遊びですね~ 



nice!(4)  コメント(0) 

カモメ号 稼働! [車]

修理稼働した カモメカブ。 まあ カモメ号(笑) お買い物や 郵便局など 少しずつ可動範囲を広げてきました(笑)

今日は ちょっと遠出で温泉へ! 大丈夫かなあ・・・・

こう見ると 結構綺麗です。 磨り減っているのは 年期を感じますが、それほど乗っていません。

d00.jpg


目的地は ここ!
サードでは登らず、セカンド全開! で上りました。リミッターも何も無いので結構出るのですが、上りはキツく50ccでは トルクが無くダメです。でも 30Kでも結構楽しいものですね。 結構な上りでもしっかり30Km/hは出るように作ってるみたい。 山道なので流石に 結構気合いが入りました。
なんだか 40年前に戻った気分でした。 バイクで良く温泉行ったなあ・・ と感慨深く・・・

d1.jpg
d5.jpg
そして カモメ号の勇姿!

d0.jpg 

何と到着したら エンジン下部から 煙が・・・・
どうやら 付着したオイルがマフラー内側で焦げているっぽい・・・・
まあ いっか ということで 温泉へ!
d7.jpg
この温泉 300円です。 透明なお湯で 今日は 少し熱め。

8月は 13日と16日の 数時間ずつしか休んでいないので 流石に 人間壊れそう ということで温泉です。 ゆっくり入って と思ったのですが、流石に暑い! (笑)

。。。で もう一つのお楽しみは
d2.jpg

そば屋です。
ここら辺の田舎のそば屋の定番。灰皿お茶(そば茶 や 延命茶 が多い) 
d4.jpg

ここでは 手打ち蕎麦 と 地元の野菜の天ぷら そして なんと 岩魚が楽しめます。
蕎麦 700円、かき揚げ200円、岩魚500円。 計1400円。何と贅沢な・・・
d3.jpg

岩魚は地元でもなかなか食べられません。 先日 珍しく 岩魚が売っていたので 串に刺して炭火焼きにしましたが ここは唐揚げ。これが絶妙で 肉は白くふわふわなのに 頭からがぶっと骨まで食べられます。 甘辛くたれがかけてあり、田舎を満喫するには避けられない場所です(笑)

d5.jpg

こんな景色を眺めながら 帰路につきます。 早く帰らなくちゃ・・・・・ (劇汗)

おっと どうしても最近目が行ってしまうのが アンテナ
良いなあ・・・・・
d8.jpg

nice!(4)  コメント(0) 

リニアアンプが・・・ [アマチュア無線]

最近どうも飛びが悪いと思ったらコネクタが という話をしましたが、 それでもどうもおかしい・・・

EMEの免許は 日本では 500W。 海外は 1.5KW なんていう局もありますが、大抵は 500W前後です。
同じアンテナと 同じ出力で、条件が似ていれば ほぼ同じレポートが返るはずです。
EMEは、障害物が無い(本当はいろいろあるのですが)ので ほとんど計算できてしまうところが恐ろしいところなのですが、どうも 飛びが悪い様に感じていました。
呼んでも呼んでも 相手に届かない。相手のシグナルはかなり強力!

-20dB程度で受信できていれば 相手の局と 出力で2倍の差があったとすると 3dB
悪く見積もって 6dB差があるとしても -26dBであれば十分デコードできると思います。

ところが・・・ 日本の局と行うと 私のレポートが結構良いのです。

理由が判明しました。 どうやら アンテナ 以降の性能と無線機の性能のようです。

如何に アンテナまで 減衰させずに出力を送り込むか ということと アンテナでとらえた微弱な電波を如何に無線機まで到達させ かつ 解読するか になりますよね。

やはり 最新の日本のメーカーの無線機は性能が良いみたいです。その証拠に 海外でも人生をかけていそうなくらいの設備を持っている人は レポートが良いです。3dB程度しか アンテナ性能が違わない局でも です。

ちなみに 古い無線機では 全く聞こえません・・(あっ! 聞こえないではなく見えない?)

アンテナ直下のローノイズプリアンプも いろいろあって問題があります。インピーダンスを合わせることに 集中して NFが悪いと全くダメです。私は 実動作でのNF優先という感じです。
実際 全く聞こえない物が聞こえてきますから・・・・

あと 同軸ケーブルは勿論ですが、同軸リレーも優秀な物が必要です。 

全てが最高峰で揃ったとき 最高の音が出る・・・ あれ? 最高の性能が出る ですね。

音のことを言いましたが オーディオも同じです。

時間軸と データ! 片方だけではダメですね~

歪みを測るとき 測定できないレベルでの差がかなりあります。 時間軸は優秀で無いとダメです。

ちなみに 私の無線機は ルビジウムクロックで較正しています。 もちろん 高安定水晶で良いのですが、本当に合っているか!? が問題です。その点 較正された測定器で 較正をすると良いですね~。 落成検査では ドンピシャでした。検査官もビックリされていました(0_0)

問題は 使い方です。 無線もオーディオも言葉に欺されずに 実際何が性能で必要なのかを考えるのが良いですね。


そういえば SWR パワーメータが私のは変です・・・・

パワーが出ていない(笑) どうやっても リニア領域で200W~230W位で飽和していっている感がある(劇汗)
要は 上げていくと リニアで無くなる・・・絶対にそんなことは無いのですが・・・・・

落成検査でまともな測定器(汗)で測ったらしっかり出ていたのに・・・

目に見えないと気になりますね~ 測定器が必要かも・・・ でも高いなあ・・・(ボソ)

nice!(4)  コメント(0) 

重要なコネクタ選択 [アマチュア無線]

アマチュア無線 特に 微細な信号や強いパワーを扱う場合には コネクタが重要になってきます。
これは アマチュア無線などに限らず オーディオでも同じです。

さて考え方ですが、できれば コネクタなんて使わない方が良いのです。
ワイヤーを使うのは 伝送ですから ロスが無く伝送できる方法を考えるのが一番。
しかしながら 脱着しなければならない物は コネクタが楽ですよね。性能より脱着の利便性を取るわけです。 また 下手に特性インピーダンスを考えないでハンダ付けするのだったら コネクタのほうが確実です。考え方はそういう事です。

ということですが、最近 EMEをやっていて不思議なことがありました。

受信はするのですが 飛ばない(汗) でも最近 あまり強く入感しない。。。。。
SWRは 最大1.2以下 もちろん ハイパワーで測っています。 これは十分に良い値です。

理由をいろいろ考えたのですが、少し前までは コンディションが悪いのかなあ なんて考えていたのですが、 先日 それでもと思って 測定すると ほんの少しSWRがフラフラしている事に気がつきました。
単一周波数でSWRを測ってもわからない程度で SWRで 0.05~最大0.1 くらい 測るときによって異なるのです。私の場合 アナライザで周波数を可変して測って線がほんの少しフラフラするので発覚しました。

原因ですが もっとも怪しいのは アンテナまでのトータルの特性インピーダンスが何らかの原因で変わっている と言うことです。つまり周波数によって 少しずつ違う と言うことです。

1,アンテナ (アンテナと分配器など)
2,プリアンプ
3,ワイヤーとコネクタ

順番に測定していきました。 アンテナを外した際は 当然ダミーロードが無いと測定できませんし逆にダミーロードでないと 正確に測定できません。

1、アンテナは プリアンプ部分で外してアナライザで測定。 全く問題無し
2,プリアンプは プリアンプのアンテナ側にダミーロードを接続して 測定、全く問題無し
測定してみて解ったのですが、私が使っているプリアンプは 高精度の同軸リレーかつ 同軸管接続なのですが、 測定値は本当に完璧な特性でした。すばらしい! やはり 良いものは違う! と感動

3,ワイヤー 
もう原因はワイヤーしか無いのですが、 ワイヤーを付けて測定するとやはりダメ。


ワイヤーのどこがいけないのか・・・ まあ 考えなくてもコネクタ か 芯線切れ が一番怪しいです。まあ カラスの被害もありますが・・・・

とにかく コネクタを分解すると なんと 編み線側がポロポロこぼれて来るでは無いですか・・・ そうです。きちんと付いていなかったか 振動で疲労破壊している感じです。

結局 コネクタを取り替えることにしました。

私は 10DSFを使っているので アンテナ直下でのコネクタ付け替え工事はかなり大変でした。
もちろん命綱にヘルメットで安全は確保し やっているのですが、そういう意味よりも 強風でハンダごてが冷めちゃうんです(笑)
結局 100Wになるスイッチ付きのハンダごてで対応。

戻ってきて アナライザをかけると OKでした。早速試して見ようと言うことで 全て接続してアナライザをかけると・・・・ またダメなんです・・・

あれ??? まさか アンプ側も? ・・・で 分解すると アタリ・・・

今度は 地上作業なのでタワーの上での作業と比較すると 超簡単に感じます。・・で交換。 試験すると バッチリでした。

ここで 言いたいことがあるのですが、 どうやらコネクタの品種で問題がありそうです。

私は N型は トーコネの新型 NP-H-10DSF を使っていますが、トーコネ 新型 は見るからに編み線側が美味く付けられる構造になっています。 特に スリーブ上の物は 外皮内にはまり込むような構造 かつ 編み線が 芯線側に入り込まないような構造 となってて 安心感もあります。
http://www.to-conne.co.jp/connector/c_products/n/plugs/NP-H-10DSF.pdf

使っていたワイヤー 実は コネクタ付きで買ったのですが、ダメですね。 ワイヤーはきちんとしていても コネクタの品質や コネクタを取り付ける技術がダメです。コネクタの編み線を押さえる金具が円錐のものはよろしくないようです。トラブルがあった物は 全てこのタイプ・・・。

落成検査の際、管理官が言っていた言葉を思い出しました。 「安心感と言う意味で M型はよく使います」 とおっしゃっていました。
要は トータル的な接続の確実性ですね。 M型は 一般品は特性インピーダンスが50オームではありませんので周波数が高くなると敬遠する方も多いのですが、接続が悪い方が 特性インピーダンス云々よりも 問題で、施工的な問題が多いです。

オーディオでも同じ様な事があります。 確実な接触 だけでなく コネクタの内部構造です。
高額なものでも、酷いものも多いです。

と言うことですが、実は トーコネでは M型でも 特性インピーダンスが50オームの物も有ります。たとえばMP-10SN(50Ω型) 受注生産品ですが、売っています。
http://www.to-conne.co.jp/connector/c_products/m/plugs/MP-10SN.pdf

一般品に比べ かなり高額ですが、これを使えば気持ちも良いですし、確実です。勿論EME用途では ものすごい減衰ですから ほんの少しのロスで通信できない ということになるのは嫌なので(笑) これを使っています。ただ 通常は 一般品でも十分だと思います。

今日 スロベニアの局 2局とEME通信してみましたが、 共に 非常に強力かつクリアに入感し 本当に クイックQSOでした。全て一回ずつで再送無しです。

いやあ 良かった! これでまた楽しめます。

どの世界でも コネクタは重要です。あっ! 昔 仕事で使ったMSコネクタなんて言うものを思い出しました。 ?? に使用していたものですが、結構強力です。(汗) コネクタは重要ですし、その施工技術ももっと重要です。
  



nice!(7)  コメント(0) 

カモメカブ タイヤ交換 [車]

カモメカブですが、安全に乗りたいと思うと どうもタイヤが・・・
本当は バイク屋さんにやってもらうのが良いかもしれませんが 交換するのも楽しみの一つです。

ということで タイヤ交換をしました。

カモメカブ3.jpg

こんな感じで ひび割れていて 恐いです。


カモメカブ8.jpg

カブは 非常にタイヤ交換が楽で、後ろから見て 右側に割ピンのある ブレーキを止めているネジ 1箇所(写真ではぼけていて見えづらいところ)、ブレーキ部分に繋いでいる矢印部分を外します。
チェンの張りを調整するネジは左右位置を確認した上で少し緩めておきます。

あとは 後ろから見て左側の写真のネジを外します。 かなり硬いので、左右レンチをかけておいて後ろから見て左側のネジを回します。
後ろから見て 右側14mm固定で 左側17mmを回すと良いです。
アクスルシャフトは プラスチックハンマーで コンコン とやると外れるはずです。

これで タイヤはリムごと簡単に外れます。 スプロケットも外す必要はありません。 慣れれば 超簡単! 

あとは 普通のタイヤ交換ですが、 どうせなら チューブやスポーク部分に振れないようにするためのゴムも交換しちゃいましょう。

カモメカブ4.jpg

ブレーキは ブレークリーンで 綺麗にします。ベアリングなどにはかからない様にしましょう!

ということで

カモメカブ6.jpg

交換できました。左は 古い方、新品は右です。

さて フロントは もっと簡単です。

カモメカブは 皆さん スピードメータのワイヤはネジを緩めて取っていましたので 私も取りましたが やらなくてもなんとかなりそうです。つまり アクスルナットを緩めてのアクスルシャフト抜きだけです。

細かくは ネット検索で出てきますので、外し方を見ると良いですが、言いたいのは 非常に簡単ということです。 流石世界に誇る スーパーカブです。メンテ性が良いですね。



nice!(4)  コメント(0) 

カラス退治でフクロウの出番 [アマチュア無線]

いやあ 暑いです。
先日は うちの最高を記録 38度近い(笑)

38度.jpg

んーん さすがに体調が変だぞ!? 

ということですが、 暑くてもやなくてはいけないことが・・・・

それは カラス退治。

最近カラスが凄いんです。何百羽と飛来し、屋根の上で遊んだり アンテナの上でチョンチョンチョンと 飛び跳ねたり、運動会状態。
問題は アンテナのエレメントを曲げられたり こうして 突かれたり・・・・

hukurou2.jpg


結構彼方此方やられてしまいます。

いろいろ調べたのですが、「猛禽類の声を出す」が効くらしいのですが、外へのスピーカーの設置がちょっと面倒だし、そもそも自分がうるさく感じる ということで 巷で話題の? フクロウに登場していただくことになりました。

本当に効くのかなあ と思いつつ こんな感じ(笑)ブームに直接乗せました!

hukurou1.jpg

実は 他の方も困っている人がいて、実際にこれを設置して 数か月たっても効果があるみたいです。

どうなるか 楽しみです。


nice!(4)  コメント(0) 

ホンダ カモメ カブ復活! [車]

昨年 修理しておいた カモメカブ。 春先まではいろいろ忙しくて気分では無かったのですが、 久しぶりにエンジンはどうかなあ なんていうことで 一回キックしてみたら ブルッ というあの感覚! あまり期待していなかったのですが、なんと チョークをひいたら一発でかかるではないですか! いやあ 流石 世界に誇る ホンダ スーパーカブですね。 修理もバッチリだったようです。

カモメカブ1.jpg

ということで これは 使わない手は無い ということで、自賠責保険入れました~

カモメカブ2.jpg

3年間です。 いやあ ワクワクしますね~
もちろん お買い物や ちょっとした 近距離の行き来に使う程度と思いますが、スピードとかではなく トコトコですが、旧車で風を切る感覚は良いものです。

その大昔 初めて自動二輪に乗ったのが CS-180 というヤマハのバイク。それまでは 原付のMR50でした。CS-180はかなり古いバイクで それも 自分で大修理をして 乗っていました。石川県から 東名高速 経由で東京まで行って 長野を経由して石川県に戻るようなツーリング? もしたことがあるのですが バイクは80km/hしか出せなかったので 車との速度差がありすぎて恐かった想い出があります。もちろん 北海道一周もCS-180でしました。 3000Km 位だったかな? 3週間かけてくまなく回りました(笑) 良く持ったと 思います(劇汗) 
その後は 新車で RZ250Rで ずっと ツースト。いちにっさん だ~(昔の富士急ハイランドのアトラクション(劇汗)) みたいな あの加速が良いんですよね~ でも あまり乗りませんでした。なんだか 旧車が良いのかあ!?   

というわけで 車もバイクも結構 旧車は好きなんですが、実は今までずっと避けてきたのですが、旧車いじり復活してしまったというわけです。
なんだか 昔の物は 直しやすいというか 原始的で、誰にでも解る構造が好きです。
いざとなれば エンジンの主要部分以外だったら パーツを自分で作れば良いですし、代替えもかなり効きますよね~ 本当は その前に乗っていた スーパーカブ 65が 制限速度が高いので良かったんですが、まあ ガマンガマン。

いつまで乗れるか・・・ 楽しみです。








nice!(2)  コメント(0) 

4mパラボラ再調整 [アマチュア無線]

いろいろやりました!  調整・・・・

結構大変なんですよね~

結果ですが、今まで、トランシーバーのSWR計は 1.4くらい振っていて 出力もロスしているのが解ったのですが、今回は ほぼほぼ 問題なし と言う感じです。

しかし メーカー製にはかないませんね~ これはどの世界でも一緒です。
きちんとした技術屋さんが 手間暇かけて設計した物は凄いです。 どうしても買いたくなってしまうんですが、しかし アマチュア無線の お楽しみは、技術の向上でもあるので作らないことには始まりません。

ということで まず調整前です。

1回目調整.jpg


調整後はこんな感じですが、ほとんど変わっていない様にみえますが、実は 実際に電波を発射してみると雲泥の差です。

パラボラSWR調整後.jpg

パラボラSWR調整後1.jpg

EMEは 431.9~432.10MHzなので 432MHzを目安に合わせます。とはいえ 狙うのは非常に難しいのです。

というのは 八木ですと長さを変えると いろいろ変わるのですが、私が使った放射器は ループですし、かつ 位相差給電をしているので 調整するには エレメントの曲げ直しをしなければなりません。これは ものすごく大変です。 もうやりたくないのです(劇汗)

そこで 容量を並列に追加しているのですが、 これを調整する方向で進めました。
コンデンサーの代わりを同軸ケーブルで行っているので もちろん 伸ばせないので(汗) カットする方向です。 1mmずつ慎重に行っていきます。 これが結構難しいのです。
当初 1cm単位くらいでカットしていったら 何度も何度も 良い場所を飛び越してしまったんです。初めて行う人のアドバイスですが、 くれぐれも ほんの少しずつ です。

ちなみに メーカ製は流石! と言いましたが、私は ナガラのSS-425Zという ブーム長 5.05m 25エレ の八木を使っています。 GAINは19.7dBi。 
このアンテナで EMEに成功しています。

yagSWR2.jpg



yagSWR1.jpg


こんな感じです。 すばらしい! 流石ですね~ 無調整に近いですから・・・ というか 調整は ほんの 1mmくらいしか出来ないんです。 リアクタンス成分が無く純抵抗ですと ケーブルなどの影響が無くなるのですが、これが難しいです。 多分 誰が何処に設置して上手くいくのですから メーカー製はすばらしいですね。

でも 難しいからこそ 自作した物で遊ぶというのは楽しいんです。



nice!(2)  コメント(0) 

子どもの観察力はすばらしい! [電機]

またまた はじめに 電話相談室のお話し

質問者 : なぜ 椅子は持ち上げられるのに 座っていると持ち上げられないのか?

いやあ これは凄い質問だなと思いました! 小学校低学年のお子さんだったと思います。どう回答するか 興味津々でした。

力学的に話をすると 絶対に解らないですよね。 それも 言っていました。 小学校高学年で少し教わるかな?

回答は 踏み台となる物が無いと持ち上げられない ということで 椅子に座っているときも踏み台があれば持ち上がる と言うような回答でした!

すばらしい! 作用反作用とか 難しい事を言わなくても間違っていない回答ができるんですね~

ということで 自分も観察力を強化しないと! ということで どういうわけかアマチュア無線のパラボラアンテナの改良を・・・ 劇汗・・・・

あっ! アマチュア無線というと 海外の方とチャットをすると 結構面白いです。
たとえば (^_^) 日本では こんな感じの 絵文字は海外では  : - ) 横向きに書くんです。
; - )   これは 偶に見かけるのですが、ウインクでしょうか?
: - ( 上手くいかないときは こんな感じかな・・・ 面白いですね。

さて パラボラアンテナですが、 どうも 送信時 出力が上手く出ない まあ 簡単に言うと SWRが悪いのですが、それほど悪い分けでも無いのに調子が悪いのです。

一次放射器の問題と言うことは解ってはいるのですが、パラボラ本体との位置関係を変えると SWRが変化する事が解っているので あまりいじりたくない気持ちもあります。
アンテナアナライザは 純抵抗とリアクタンス成分を表示しますが、SWRとなると あくまでも
校正は純抵抗で行いますので、リアクタンスが含まれた負荷に対するSWR値は誤差が大きいと考えられます。 アナライザでは 430MHz帯は 表示しないんですよね・・・
そのあたりの関係で 見かけの?? SWR値と実際はどうなんだろうか と言う想いがありました。
これは しっかりさせなくてはいけないと言うことで 調整です。 まあ 頑張るかな・・・

さて どうなるか!?



nice!(4)  コメント(0) 

原理を知る夏 [オーディオ]

まあ 天気が変ですね。 こちらでは最近では寒いくらいで 38度は何処に行ったんだ と言う感じです。今日は 温度の話。 私は 常々温度に関していろいろなことを言ってきました。 熱と音の関係ですね。 いろいろ実験して皆様にお見せしたこともあります。

真実を知ると 発展が有ると思っています。 オーディオでも 是非 科学的な目で見ることをお勧めします。そういう目で見ると 得することもあるんですよ!
たとえば 寿命。何度か書きましたが ここでは 詳細は割愛しますが、アレニウス式により 10度上がると寿命は1/2になる と言う理論もあります。機器が熱い なんて言うのは大問題ですよね。寿命を知るために 加速試験でも使われています。

さて 最近では様々なテクノロジの話が沢山合って 良いですね。技術屋としては嬉しい限りです。
私もいろいろ子どもに教えていますが、ハッとするようなこともあり、本当の事を上手く伝えなくては と頑張っています。

さて 日本の民間ロケットの打ち上げ実験をしたり 宇宙に関することが良く掲載されていますね。私も人工衛星など何回も関わったことがありますので興味津々です。JAXA 筑波宇宙センターでの巨大真空チャンバーを見たときには とにかく ただただ 「凄い!」と感心したものです。

そんな話題の多い中 テレビでおかしな事を言っていました。
それは 流星に関することなのですが 「大気圏突入の摩擦熱で・・・・」
さて ここには 大きな間違いがあるんです。 また間違いでは無いんですが 変なことも・・・

1,摩擦熱では無く 断熱圧縮 での熱

昔 アポロ11号の月着陸など 宇宙開発でアメリカが元気が良かった時代からずっと 某受信料のかかるテレビでは 摩擦での熱で・・・ と説明していました。それ以外の説明は聞いた事がありません(記憶では・・・)ので 小学生くらいには そうなんだ! と納得。子どもなので信じますよね。 ところが 中高生時代には ずっと本当かなあ と疑問でした。 何故かというと、車の助手席で手を出すと 摩擦!? 熱くないぞ!! ・・・や 免許を取りバイクで走って手を横に出したりしても 熱くありません(汗)摩擦というと 人はかなり感じやすいですよね。
ところが 断熱圧縮だと まあ 断熱圧縮の理論では 断熱しなければならないので 圧縮とバイクでは無理かなあ 「断熱圧縮」と「断熱膨張」が同時になるので やはり 摩擦なのかなあ 速度が違うからかなあ と いろいろ考え 高校生くらいまではかなり気になっていました。

それからはあまり気にせず 身近なところでは エアコンの原理なんて言うことで 覚えちゃったんですが・・・

最近の宇宙の話が多いので 疑問再燃ですね。あまりに テレビで摩擦熱というので! そんななか 小学生が良く聞いていると思われる 子ども電話相談室! 実は昔から好きなんですよね~。 かなりレベル高く 大人でも勉強になります。 子どもと 電子回路の有る実験に取りかかっていたら、丁度ラジオで流れていました。
その話題が 流星(ながれぼし) 
いやあ どう説明するのかと聞いていたら・・・・・ 「圧縮されて熱が出る。その熱で・・・」 いやあ 凄い! 生まれて初めて公共の場で「圧縮して・・・」 の本当の答えを聞くことができました。やはり 先生はこうでなくっちゃ! と叫んでしまいました。

ちなみに その原理を肌で感じないと なかなかスッと理解できませんよね。そう説明するのかと 無言になりました! 
先生は「自転車のタイヤに空気を入れるとあつくなるところが有るの解るかな?」 みたいな説明をしていました。 いやあ すばらしい! もちろん 解放するときは冷たくなりますよね。 熱交換の原理の説明にもなります。 いろいろ発展でき良い説明だと思います。

当然私の子ども も理解できました。 もちろん 私も理解できました。 

ずっと不思議だった謎! テレビで言っている「大気圏に突入する際の摩擦熱・・・」は 間違いで やはり 簡単に言うと圧縮されて出る熱 でした。 スッとしました。

まあ 断熱圧縮なんて言っても 理解は難しいですよね。 だから らしいんですが、実験は簡単ですよね。 理科の実験で出来るのでは? いや 実験したような記憶もあります。どうだったか もう定かではありませんが、できれば 義務教育で皆さん覚えられるのであれば ニュースでも本当の事を言った方が科学の発展には良いんじゃ無いか と思いました。摩擦だと思っていると発展はあまり有りません。理由は簡単。他との説明に矛盾が生じるからです。


2,塵が大気圏に突入するのでは無く 地球が塵に突入

これは 間違いではありませんが、本当は 地球に突入してくる塵 と 地球が塵に突入する合算された相対的な速度です。約 秒速70kmくらいになります。(と記憶しています)

最近 月面反射通信を行っていると 天体の動きが気になります。 軌道計算上 相対的に月が地球に近づいてきたり 離れていったりして いますし、 回転もしていますので いろいろな運動の影響が重なり合いますし 通信では ドップラー効果で周波数変位があったり 刻々とその状況は変化しています。頭の中で 月や地球がグルグルしているんですよ(笑)
全てのことを 同時に 本当の動きを考えないとなかなか 理解が他のものにつながらないと思うのです。

宇宙の塵が地球に突入して・・・ だと 地球は停止している場合の仮定の上での話や 悪く言えば停止と 言っているのと同じです。

双方動いている と言う感じを説明することが出来れば 塵は向かってくる (引力) 地球は向かって行く つまり 起動を動いている と言う感じが理解できますし、塵のスピード+地球のスピードが 70Km/s と言うことも理解しやすいです。

・・・で 一応 嘘を書いてはいけないので (汗)少し調べますと 数値には関連性が有り

公転速度が秒速30km 、塵のスピード秒速40Km/s それで 約秒速70kmなんです。 
太陽系の脱出速度が秒速42km程度ですから 当然多くの塵は 秒速42km以下なんですね~ 関連性有りですね! 
地球の重力を振り切る速度から太陽系の脱出速度以下なのかな なんて思っていますが、どうなんでしょうか!?

そのほかでは 昔 アポロ ロケットが 地球の重力を振り切る速度が 秒速11km と聞きました。そうなると 衛星通信に使っている 衛星は 重力と離脱できない遠心力とでつり合って地球を周回している なんていうことが理解できますし そうなると これ以下の速度かなあ なんて想像できます。

本当かな(劇汗) 後で調べよう(笑) 

まあ とにかく テレビですら、異なる事を言う場合もあるので 皆さんそのまま鵜呑みにせず是非 何故かな? と疑問を持つ事も偶には大切だと思いますよ。

EME やっと・・・ [アマチュア無線]

通信ですが、できそうでできない難しい地域があります。自分だけタイミングが悪く とか 不思議なことに・・ という場合と 物理的に難しい ということがあるのです。

最近は この2-3日で 8局ほどEME通信を行いましたが、新しい国も 3か所できました。特に 台湾ノルウェーはうれしかったです。台湾はEMEをアクティブにやっている局が 一局しか見つからず、何度もトライしてやっと昨日成功しました。ノルウェーの局は 強力な設備でスケジュールも何もなしで 一発で交信成功。 とにかく 144MHzなので 遠くの国? というか EMEですから そもそも距離は約76万キロメートルほどもあり遠いですし、角度とかファラデー効果の具合とか いろいろあって交信を行うのはやはり難しいのですが、 もう一つ 近いのも問題です。

普通の直接波では 届かない もしくは 弱い距離でも EMEの設備では、アンテナがとんでもない方向を向いていても強烈に入ってしまい 月面反射の弱い電波が そこに埋もれて解読ができずEMEにならないのです。
先日は ドップラー周波数偏移が 200Hz ほどもあり、トーンがダブっていないので 薄いラインが見えました。これはと思い 帯域を狭めてディープサーチをかけたらデコードできたのです。
前述ドップラー周波数偏移があり、約2.5秒遅れて電波が到達しているので EME本物のエコーです。

慌てて 周波数を国内向けに変えて交信にトライしましたが結果はダメでした。相手に届かなかったのです。私の出力も少なめですし、角度などの問題もあって難しいです。

いやあ 難しい。 だから面白いんですが・・・・





田舎の夏 [生活]

最近 田舎はいいなあ なんて思います。 理由は簡単 少し頑張れ美味しいものが食べられるから(笑) 生活の便利さは 都会が良いですね。

今日 夕方またまたトウモロコシが取れたので 焼きもろこしに・・・・
炭焼きといえば ステーキか! 焼肉か! と思ったのですが、おふくろのことを考えて 久しぶりに焼き魚にしました。 炭で焼く魚の定番といえば サンマ!千葉県産です。 そして 地物のニジマス! 

・・・が 残念なことに 梅雨前線が近く ザーザーとかなり強い雨になってしまいました。6時ころ 家に帰り どうしようかと・・・ 電気のレンジで焼こうかと思ったのですが、やっぱり 何とかしたいと思ってしまったのです。そもそも焼けるかわからないからです。そして 一年待ってやっとできたものを最高の美味しさで食べなければもったいないと。。。。 

自宅には 下野(げや 母屋にさしかけて造った小屋根)がありその下で行うことにしました。
先日 しけっていた 炭ですが、今度は乾燥させたのでバッチリ! 問題なく着火(笑)雨降りで 少しくらい雨が当たっても問題無! 問題は 写真は ピンボケ失敗! 暗闇です・・・・

食材1.jpg

いやあ 何度焼いても良いものです。今回は とれたて 2-3時間というところです。
もろこしは すぐに調理しないとだめといわれています。まあ それでも焼くと美味しいですが、先日は 半日経ってしまったので 今回は久しぶりに 本当の取れたて。ワクワクします。

ところで もろこしにはたくさんの品種がありますが、 今年私が作ったのは ハニーバンタム。若いころ食べて懐かしかったからです。最近の品種は甘いのですが、皮に歯ごたえが無く 昔を懐かしむためにあえて 当時の品種を探して作ってみたのです。

お味は 歯ごたえバッチリで もちろん美味しかったのですが、びっくりしたのは 子供が二本食べたこと(汗)子供は正直です。

そのあとは これ!
食材2.jpg

今日のおかずです。 久しぶりに焼いたら 慌てて少し失敗。 魚は焦げるまで待たないとだめなのです。 一番遠いほうが失敗です。他はじっくり焼きました。
焦げる前だと 皮と肉がくっついて剥がれてしまうんです・・・忘れていました・・・・・・

川魚も炭焼きが良いですね。 ホックホク で、臭みも無くなり美味いです。子供たちに提供しました。

写真を撮るのを忘れましたが みそ汁は なめこのみそ汁です。 田舎三昧ですね。

デザートは!? ということで 夏はやはりこれですね。

食材3.jpg

もちろん 自家製です。直径は25cmほどです。私の隣の畑の人が、私の畑で作ってくれたものです。私は手をだしていないのですが(劇汗) いただきました(汗)

甘味は 薄く、買ったものに負けますが、新鮮と分かるシャキシャキし ものすごくみずみずしい歯ごたえは、抜群に美味しく感じます。
良いところと悪いところがあるんです。 ということで プロが作ったものは やはり違うのです。売り物ですからね。買う意味がありますよね。 ふと思ったのですが なんか オーディオでも同じところがありますよね。 子供のころ 自分で作ったアンプのほうが、どう聞いても いい音がする と思ったのですが、実際は 味のある深いサウンドや安定度、もちろんデザインでは完敗でした。プロが設計したものは違います。

ということで 野菜や果物も同じですね。

モクモクと煙やにおいを出しながら サンマを焼くなんて都会ではできないと思いますが、最近では バーベキューができるところもあるみたいですね。

うまく利用して 雰囲気や味を楽しみたいものです。 田舎だったら 用意に苦労しますが、 とはいえ 「少し」 苦労すれば同じ素材でも別の味が楽しめます。

あっ! でも 片付けは大変です・・・・・・
 


信州松代 [旅行]

テレビで何か放映すると結構有名になりますよね。
ということですが、混んでいるところが嫌いな私は、放映中 や直後はあまり行きたくないので(汗)少しほとぼりが冷めたので訪ねてきました。 もう 何十回と行っているのですが、よく見るのは 5-6回目かな

さて 第一目的は 真田宝物館。 あたらしい展示をやっていた為です

写真は撮れませんので 入り口だけ・・・・
さなだ1.jpg

私や子供は町並みと家が好きなので 真田邸 へ

こんな感じでお出迎えがありました。

さなだ2.jpg

気になるのは いつも 縁側とお庭
さなだ4.jpg

昔の家は良いですね。 廊下?縁側?でお茶飲みながら 見られればなあと想像しながら
さなだ3.jpg

遠くの山並みと重ねると 街中とは思えません。こういうところが凄いですね。

さなだ6.jpg

あっ! 懐かしいもの発見!
さなだ5.jpg

昔 自宅にもあったのですが、戸袋。さすがに 現在では 雨戸なんてないので見なくなりましたよね。


その他 松代には結構古い家が残っています。

さなだ7.jpg

何件か回りましたが 皆奇麗な庭があります。
うらやましいです。

休憩所で お茶をいただき帰路につきました。 ちなみに休憩所でお話ししたところ 県外観光客がほぼ100% だそうで(汗) 地元の人は来ないのかなあ・・・・ 不思議です。 

夏の晩酌 [生活]

毎日暑いですね! 会社の 外気温38度、 事務所などエアコン無しだと 屋内37度 (劇汗)
車で外出し外気温を測ると・・・ 39度とか え~っ! となります。

金魚や錦鯉も暑そうです。冷却しないとまずいかなあ なんて思いながら、また 貯水池に泳ぐフナを見たりしながら仕事しています。

まあ 自宅に帰れば 涼しいのですが、仕事を放棄するわけにはいかないので(汗)
とにかく午後は仕事になりませんので、最近は 早朝出勤に切り替えています。

夜9時頃には涼しくなりますし、サッと寝て、早いときは 朝の3時半頃から・・・ まあ 田舎は湿度が低いので 朝は涼しくて快適です。
エアコンも不要なので 午前中は何とか良い感じで仕事が可能です。
午後は もっぱら力仕事! 

12時間働けば十分! 早くビールが飲みたいですね。

と言うことで田舎の食材。 まあ 最近収穫を終えたばかりのイモ! 子どもと母親で 3人で小一時間で採ったのですが まあ 車のトランク一杯! と言う感じです。
 
採れたてをどうするかというと・・・・こんな感じ。
ラップで丸ごとくるんで レンジで 600W 3分くらい 2.4GHzの高周波を浴びせます(爆)
瑞々しく ホックホク! 好みは 海水のみで作った塩 に 黒コショー、そして バターです。
最近毎日これです。 もう一週間ほどになるでしょうか・・・
イモ.jpg

そのほかでは ナス。 フライパンに油をひき焼いただけですが・・・ 美味いです。
生姜醤油でいただきます。 インゲンは バター炒めや ごま和え。
その他毎日収獲できる物は キュウリ、トマト等ですね。キュウリは 塩でもんで マヨネーズかけるとか 鰹節と醤油でいただくとか・・・ トマトは勿論そのまま。塩!
なす.jpg
なんだか 考えてみると 野菜は全て 酒の肴のような・・・・逆に1月もすると飽きてくるのですが(汗)

あと 今年のメインイベント! トウモロコシ
ずっと待ちわびていたのです。 採れたてをどうするかというと、炭をおこして焼きもろこしにするんです。 一般に売られているのは ゆでて焦げ目を付けるだけですが、これはよろしくないです。

皮を剥いたら直ぐに炭火で焼きます。 黄色くなってくるのでまんべんなく焼いたら 焦げるまで焼き、醤油をかけます。そしてまた焼く! 

家族 皆でいただきました。 勿論私はビール片手に・・・アチ アチ と言いながら食べました。歯ごたえが有り、香ばしい香りがたまりません。
モロコシ.jpg
トウモロコシ。実は 朝採ったら直ぐに食べるのが良いです。一日経つとやはりダメです。スーパーでは新鮮な物が100円で置いてありましたが グッと我慢していました。地物なら朝採ってスーパーに並ぶ可能性はありますが、他県のものだと多分 少なくとも2~3日経っているからです。

さて バーベキューですが、いつも30分ほどで用意出来るのですが、今日は何故か火が付かず大変苦労しました。 炭は 使い終わったら 水の中に落として冷やし 乾燥させて再利用する昔ながらのスタイルなのですが、どうやら長く使いすぎたのと、今年は湿度が高かったため、湿気を帯びてしまったらしいです。 これはまずいと言うことで、慌てて 着火剤を買ってきました。・・・・が なんと この着火剤もどうも変!
着火剤に火が付かない(笑) 着火剤にゲル状の着火剤を付けて 着火し炭に火を付けました。
なんか変ですね(爆~)

乾燥した小枝などがあると簡単なのですが,流石に最近では手に入らないので着火剤かな。

この後は 焼き肉になりましたが、まあ 炭焼きは美味いですね。アメリカのお肉なのですが、開店セールで数百円の物を 100g 100円で特売していたのを冷凍しておいたのですが、超安価なお肉でしたが、美味かったです。 流石炭焼き!

なんだか 朝起きた瞬間から 夕方の毎日の晩酌に向かって仕事をしている感じがしている この頃です。さ~て 今日も暑そうです。 何を肴にしようかな・・・




オーディオクロック伝送のお話 その2 [オーディオ]

なんだか 難しい話題ばかりでいけないのですが、逆に 何で重要なのか が解っていないと前に進むのは難しいですよね。 ですが まあ 面倒なことはよく分からなくなってしまうので簡単に説明しなくてはならないですね。

 アマチュア無線のように、決まった電力で、できるだけ遠くの人と安定して話すために・・・  効率よく 綺麗な波形で 無線機からアンテナまで 高周波を伝送して アンテナから放出する と言う形になります。

オーディオでは? 本題ですね!
クロック発振器からの高周波出力を オーディオ機器 たとえば DACに効率よく綺麗な波形で 伝送し、DAコンバーターを動作させる

同じですね。
そうなると大切なのは 伝送機器の性能やケーブルになります。

話は簡単なんです。

難しく言うと 伝送理論です。

間違えてはいけないのですが、 あくまでも インピーダンス整合という意味を十分に理解しなければいけません。 いくら同軸ケーブルでも 50オーム系のところに 75オームの同軸ケーブルを使うと

電圧定在波比は
Γ = (75 − 50) / (75 + 50) = +0.2
SWR = (1 + |+0.2|) / (1 − |+0.2|) = 1.2 / 0.8 = 1.5

SWR1.5となりますが、言い方を変えると  進行波の20%が反射される場合 とも言えます。気がついた方もいらっしゃると思いますが、高周波では インピーダンスの違いは どのくらい反射するのか と同じ意味になります。

高周波伝送ではインピーダンス整合は最も大切なこととの一つになります。
これが 1MHz以下の 周波数帯になりますとですと この理論は異なってきます。
そもそも 低周波では 同軸ケーブルの特性インピーダンスは変わって、負荷抵抗などに左右されるからです。
特性インピーダンスが大きく問題となるのは あくまでも高周波を通したときの伝送線路のインピーダンスになります。

とりあえず まとめますと

正弦波を考えたとき 1MHzを超える様なときは 特性インピーダンスを考慮する ということが大切です。 

あっ! またまた気がついたと思いますが、 「正弦波」とわざわざ付けたのには理由があります。
正弦波ではない場合は 見えている数値以外に更に考えなければいけないことが多くなるのです。

ワードクロックなどの矩形波は 44.1KHzや96KHzなどと書いていますが、あくまでも 1サイクルの幅が 44.1KHzなどになるだけで 周波数成分は もっと高い方まで有ります。

余談ですが これを知らない場合は 専門家でも いい加減な事を書いてしまっている人もいます。位相雑音とジッターや 変換した時の関係など とても難しい話題なのです。特に絶対値で測定できない物を話題にするときは注意が必要です。他と比較出来ませんので・・・ まあジッターは難しいですね。

さて 矩形波は 高調波の塊で(汗) 前述 1サイクルの・・・は基本波で 奇数次の高調波成分が 3次 5次。。。。 と続きます。N次の高調波成分は 1/N もあります。 とんでもない量ですね。ノイズが出る出ない なんていうものでは無く そもそも 矩形波は自分自身が奇数次高調波の塊です。 難しい言葉で言うと フーリエ級数に・・・・ なんて調べると出てきます。 FFTアナライザ や スペクトラムアナライザ などで 中心の長い棒が 基本波です。

ということで こちらも 高周波ですね。細かい事は また別の機会に ということで、とにかくきちんとしたケーブルを使いましょう! 

補足説明です。
高調波は 歪み率を表す際に使いますので、矩形波は低周波風に 言い換えると 歪みだらけですね(汗)
また ケーブルですが 以前は同軸風ケーブル(あくまで 風です) を使っていた人も多かったのですが、ケーブルで音が変わる いや 変える と言う感じで使っている人は 注意が必要です。 外からの見た目では解らない場合も多いのですが、ノイズの影響とか 歪み とか 話すことにすら意味不明という形になってしまいます。それは そもそも ミスマッチングですから 高周波伝送はきちんとされていないからです。 当然 ノイズに強いはずの同軸ケーブルではないので 高周波をまき散らしますし、アンテナになりノイズは拾い放題ですね。
もっというと 音が良いケーブル なんて言うのも 裏を返すと危ない表現です。

話を元に戻して 高周波伝送では 特性インピーダンスは重要ですし、しっかりとした 伝送ケーブルを使うことが大切ですね。。







インクタンクプリンター [パソコン]

インクジェットプリンター インクが高価なことと 本体が安いことで 昔から いろいろな意味で コストが気になる商品ですよね。

私は 純正インク派で 純正以外は使いません。 もちろん 5年や6年では壊れません。
しかし プリンターが壊れたので・・・ と お客さまのところに行くと 100% 社外品です。
大抵は 上手く印刷できない と言う形ですね。

まあ 本体が安いものは 本体代=インク代 みたいな製品も多いので 本体は毎年 買っても インクが少しでも安い方が良いのかもしれません。 知り合いの会社では 本体のストックまで持っています。壊れること前提です。

私の場合は 壊れる方が嫌なので純正インクですが、その差は 年間 数千円程度です。

・・・で 気になる商品を見つけました。

https://www.epson.com.ph/Ink-Tank/c/itfr


インクタンク方式の 純正プリンターです。 なんと インクは数百円らしいです。 本当かなあ。。。。

でも 日本では インクで利益を出すスタイルで市場が回っているので 売らないでしょうね。

なんだか 昔の コピー機みたいです。 高額な紙代で利益を出して 本体は無償提供みたいな。。。

あっ! 水もありますね~

皆さんいろいろ考えますね。 使用用途や使用頻度など いろいろ勘案して、選択すると良いと思いました。

ちなみに FAX機もプリンター機能が搭載されている物も多いです。

友人の会社では いままで プリンターはカラーレーザーを使っていましたが、白黒だけなら FAXの方が安いかも。。。ということで ネットワーク印刷できるように組んであげましたが、 少し工夫し、 コスト計算をして無駄は無くしたいものですね。

あっ! クロック話題書かなくちゃ。。。。。



前の20件 | -